意外と多い歯の根の破折(歯根破折保存治療について)

院長のコラム

意外と多い歯の根の破折(歯根破折保存治療について)

「他の歯医者さんで、歯の根が割れているので抜歯と言われました。それほど痛みもないし、本当に抜かないといけないのでしょうか?」
最近、よく頂く質問です。歯科界の常識からいえば、抜歯が正しい処置となります。歯が割れたまま放置すれば、いずれ破折部分に細菌が入り炎症を起こし、歯を支える歯槽骨という骨が失われ、その後の治療に支障をきたす恐れがあるからです。

このように歯の根が割れたり、ヒビがはいってしまうことを歯根破折といい、抜歯の原因のひとつになっています。歯根破折を防ぐには、

  • ①できるだけ歯を削る治療を受けない
  • ②歯の神経を取らない
  • ③治療をやり直さない
    • ということが大切です。言い方を変えるならば、

      • ①まず、虫歯を作らない
      • ②虫歯になったとしても、歯の神経を抜かなければならなくなるまで虫歯を悪化させない
      • ③やむを得ず治療を受ける場合には精度の高い治療を受け、再治療を避ける 
        • ということになります。

          それでも残念ながら歯根が破折してしまった場合の治療方法は、前述したように基本的に抜歯です。
          歯ごと炎症を取り除き、歯槽骨の喪失を防ぎます。しかしながらこの方法では歯が失われてしまいます。

          そこで何とか抜かずに保存できないかと研究され、最近、臨床に応用され始めたのが歯根破折保存治療です。従って本治療法をご存じでない先生や診療に取り入れられてない先生がほとんどです。私も半信半疑で講習会に参加したのですが、治療結果に好成績を残していることを確認できたため、当院での臨床に取り入れました。勿論、自分の歯が破折したならば、自分自身もこの治療を受けるという確信があってのことです。

          実際の治療方法としては、破折が小さい場合には口の中で直接修復します。また破折が大きく、直接の修復が難しい場合には、破折した歯を一度抜歯し、特殊な接着剤でつけた後、戻してやります。
          詳細は歯根破折保存治療で説明させていただいておりますので、そちらをご覧下さい。

          これまで抜歯しか選択肢がなかったものを、抜かずに歯を残すことができれば、患者さんにとっては朗報ではないでしょうか。この治療のため、当院にいらっしゃる患者さんもおられますが、破折の状況によって応用できない場合もあり、また、治療ができたとしても100%の成功率ではありません。ですが、もし患者さんがなるべくご自身の歯を残したいというご希望があるのなら、抜歯に踏み切る前に、保存治療をご検討されてもよいのではないでしょうか。抜歯は最後の手段です。

          ページトップへ

ページトップへ