う~ん、待ち遠しい!

長らく工事中でありました京橋のシンボル、ブリヂストン美術館ですが、来年1月にARTIZON MUSEUMとしてリニューアルオープンします。

2015年4月からの長期にわたった閉館で、2020年なんて随分先ね・・・と思っておりましたが、振り返ってみると特の過ぎるのは何と早いことか・・・(チコちゃんのナレーション風)

美術館の前は私の通勤路なので、毎日工事の進捗状況を眺めていたのですが、あれよあれよという間にビルはどんどん高くなり、完成して見上げると、思わず口が開いてしまいそうなスカイスクレーパーとなりました。

地上の敷地内には主要な収蔵作品の案内がありますが、改めて見ると本当に素晴らしいコレクションですね。
国立西洋美術館の基礎となった松方コレクションや私の大好きな倉敷の大原美術館同様に、西洋画なんて見たことの無かった日本人に西洋画を見せたい!という昔の日本の実業家の皆様に感謝・感謝であります。

案内板には私の大好きなルノワールのジョルジェットちゃんがのっておらず、ひょっとして、この莫大であろう建設工事費をねん出するため、ジョルジェットちゃんはどこかに売られてしまったのではないか???と秘かに危惧しておりましたが、美術館のサイトを見たらちゃんと載っていて安堵しました。
ジョルジェットちゃんに会えるのが待ち遠しい菊地であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

年末年始休診のお知らせ

年内の最終診療日は12月26日(木)まで、年明けは1月6日(月)より通常通りの診療となります。

なお、当院休診期間中の京橋歯科医師会の休日応急診療のご案内は以下のとおりです。

場所 東京都中央区休日応急歯科診療所 (中央区保健所1階) 
期間 12月29日(日)~1月3日(金)1月5日(日)
住所 中央区明石町12-1
電話 03(3541)5420
診療時間 9:00 ~ 17:00
必ず電話にてお申し込み下さい。

ご不便をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

「いかに京橋が便利かよくわかりました」

今日は土曜診療日であります。
暑くもなく寒くもなく、過ごしやすい気候で今日は送風でございます。

京橋近辺はここ数年、再開発であちこちが工事中だったのですが、その関係で会社が京橋を離れた方も多く、一部の方は土曜日に定期検診にいらして下さっています。

そのうちの一人の方がしみじみ仰るには、「京橋を離れて、いかに京橋が便利かよくわかりました。」とのこと。た~しかに私もそう思います。

もともと院長先生が京橋に開業されたのは、遠方の方が通院しやすいようにとのことで開業場所を選んだそうですが、あんまり東京駅に近いと東京メトロから離れてしまいます。
こちらは銀座線の京橋駅の上で、有楽町線の銀座一丁目駅と都営浅草線の宝町駅からも徒歩圏です。[通院して下さっている方はご存知でしたね。失礼いたしました。]

先日のブログにも書いたのですが、私も仕事が(たま~に)早く終わると銀座や日本橋のデパ地下に行ったり、東銀座の歌舞伎座の幕見に行くこともできますし、東京駅の向こう側の丸の内も徒歩圏ですので、スーツ姿のビジネスマンを眺めて目の保養もさせて頂いております。

とはいえ、そんなに仕事が早く終わる日も無いので、やはり患者さんが通院しやすいのは良かったなと思います。歯根破折の患者さんは遠方からお越しになる方もおられますが、東京駅から徒歩圏であること、また、飛行機でも羽田から宝町まで浅草線で直通なので、これもまた便利であります。
院長先生って先見の明があるんですね!?

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

暖房?冷房?&あっ秋田犬だ!

今日で10月も終わり。今年も早いもので残すところあと2か月となりました。
少し前に雨模様の肌寒い日が続き、2日ほど暖房を入れましたが、昨日からは秋晴れでまた冷房をいれたり、送風にしたり・・・診療室と待合室の温度差もあり、受付は快適な室温の調整にアタマを痛めております。

今年はインフルエンザの流行も早いようですし、当院では今月中にスタッフ全員が予防接種を済ませました。年末に向かって診療はさらに忙しくなりそうですが、当院は冬の準備万端で~す。

話は変わりますが、昨日、珍しく早く仕事が終わったので、久しぶりにデパ地下に行こうと京橋から銀座方面に中央通を歩いていたところ、散歩中の秋田犬と柴犬に出くわしました!

以前も何度か見かけているのですが、どうやら銀座近辺にお住まいのご様子で、この都心で秋田犬と柴犬を飼っているなんて、秋田犬が大好きな私には夢のようです。

お散歩についていきたかったのですが、そうするとデパ地下仁間に合わなくなるので、残念ですが、その威風堂々とした後姿を見送りました。いつか飼い主さんとお友達になり、ちょっと触らせてもらえるといいなと思っています。

全く取り留めのない文章で、大変失礼いたしました。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

歯科衛生士便り「歯周病の検査を受けてみませんか?」を更新致しました。

歯周病は歯を失う原因のトップですが、罹患しても初期や中程度では自覚症状がありません。
痛みや歯が揺れるといった自覚症状が出たときにはすでに重度まで進行してしまっているため、早期発見や予防が大切となります。

詳しくはこちらからどうぞ。

歯周病の検査を受けてみませんか?

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
当院では、お口全体のチェックやクリーニングを受けて頂く際に、以下のことを行います。
まず最初に現在のお口の中の記録を取ります。次にクリーニングを前回いつ受けたか、今までに歯周病の検査を受けた事があるかどうかを確認しています。

お話を伺っていると、「定期的にクリーニングを受けていたが、検査は初めてです。」とか「多分、受けた事がある。あのチクチクするやつですよね?」といったように、初めて受ける方や、受けたことがあっても歯周病の検査について、説明を受けた事が無いと仰る方が多い事に驚きました。

そこで今回は歯周病の検査、特にその中でも大切なプロービング検査についてお話させていただきますね。
プロービング検査とは、歯周ポケット(歯と歯ぐきにの間の溝)の深さをプローブという物差し状の器具で計測する検査です。
当院ではそのプロービング検査を、1本の歯について6個所、測定する精密検査を行っています。深さの計測に加え、プローブを入れたときの出血の有無や(炎症状態をチェックしています)、歯石の沈着状況、歯の根の形等を調べ、沢山の情報を集めています。
細かい作業ですので、時間がかかる事と、ポケット内を触られる感覚が決して気持の良いものではありませんので、苦手な方も多いと思います。

皆様ご存知の通り、歯周病は歯を失う原因のトップですが、罹患しても初期や中程度では自覚症状がありません。痛みや歯が揺れるといった自覚症状が出たときにはすでに重度まで進行してしまっているため、早期発見や予防が大切となります。
当院の検査で初めて歯周病の診断を受けた方も多くいらっしゃいます。ご心配の方は一度、歯周病の検査を受けてみませんか?

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

札幌になっ(ちゃっ)たのね・・・

一昨日、2020東京オリンピックのマラソンと競歩会場が札幌に変更になる(かも?)との報道で「え?この段階で?」と驚きましたが、正式に札幌に決まったようですね・・・

先日のドーハで開催された世界陸上のマラソンで棄権者続出だったことが理由のようですが、東京とドーハって同じような気候なんでしょうか?ドーハの方が暑いでしょうと思うのですが・・・

オリンピックの観戦チケットが全て外れたワタクシにとって、中央通を走る選手たちを当院から眺められるマラソンを楽しみにしていただけに本当に残念であります。

年に一度、インプラントの定期検診でお越しになる患者さんもマラソンの日に予約しようかしら?とおっしゃる方がいて、「日曜日ですよ~」「あら残念!」なんてつい先日お話したばかりです。

でも、アスリートファーストですものね、札幌のほうが東京より多少は涼しいですものね。
札幌の一般市民はきっと喜んでいらっしゃると思いますが、今からで準備が間に合うのかしらと、これからおそらく不眠不休で準備しなければならない札幌と、これまで一生懸命準備されてきた東京と、両都市の関係者の方々がとてもとてもお気の毒であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「強風で日傘が壊れてしまいました」

今日いらした患者さん、待合室で折り畳み傘と格闘されていたので、「雨が降っているんですか?」と伺ったところ、「昼間に日傘を使ったら、風が強くてうまく畳めなくなくなってしまって・・・とおっしゃるので、そういえば私も先月、今年買ったばかりの日傘が折れて、壊れてしまいました。とお話しました。

最近の強風って半端でないですよね。メーカーが傘を製造するにあたり、このくらいの風なら大丈夫というのがあるのかどうかわかりませんが、風の強さがこれまでの日傘の許容範囲をはるかに超えている気がします。

週末も今年最大級の台風が来るそうです。来るたびに今年最大と言われているような気もします。今週末は診療ではないので患者さんがいらっしゃれるか心配不要なのは有難いですが、13日のラグビーのスコットランド戦が気がかりな菊地であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

先生はぶっきらぼうだけど・・・

先日、歯の根が折れて、抜歯と宣告され、当院に歯根破折保存治療のご相談にいらした初診の患者さんなのですが、会計時に「先生ってちょっとぶっきらぼうですね・・・受付の方は優しいですが・・・」とのこと。

受付(=ワタクシ)は褒められて嬉しかったのですが、医院の顔としては、院長先生の擁護にまわらないといけないので、
「そうですね・・・あまり愛想を振りまくタイプではない先生ですね。それに最近、とても忙しくて、患者さんとゆっくりお話する時間がなかなか取れないものでして・・・」とお伝えしました。

本日治療が終わった患者さんもネット経由で院長先生のコラムなどをお読みいただき、それが来院動機となったようですが、治療が早いですね、と仰って、次回の定期検診のご予約をお取になってお帰りになりました。

先生も患者さんも人間ですから相性というものはあると思うのですが、真面目で実直な先生なので、きちんとした歯科治療を受けたいと思っておられる真面目な患者さん((それとご予約時間をお守りいただける方)とは相性バッチリだと思います。

問題は先生がお一人で全ての患者さんを拝見しているため、ご予約がちょっと(かなり・・・)取りにくくなっていることでしょうか・・・

吉田デンタルクリニック
受付 菊地