札幌になっ(ちゃっ)たのね・・・

一昨日、2020東京オリンピックのマラソンと競歩会場が札幌に変更になる(かも?)との報道で「え?この段階で?」と驚きましたが、正式に札幌に決まったようですね・・・

先日のドーハで開催された世界陸上のマラソンで棄権者続出だったことが理由のようですが、東京とドーハって同じような気候なんでしょうか?ドーハの方が暑いでしょうと思うのですが・・・

オリンピックの観戦チケットが全て外れたワタクシにとって、中央通を走る選手たちを当院から眺められるマラソンを楽しみにしていただけに本当に残念であります。

年に一度、インプラントの定期検診でお越しになる患者さんもマラソンの日に予約しようかしら?とおっしゃる方がいて、「日曜日ですよ~」「あら残念!」なんてつい先日お話したばかりです。

でも、アスリートファーストですものね、札幌のほうが東京より多少は涼しいですものね。
札幌の一般市民はきっと喜んでいらっしゃると思いますが、今からで準備が間に合うのかしらと、これからおそらく不眠不休で準備しなければならない札幌と、これまで一生懸命準備されてきた東京と、両都市の関係者の方々がとてもとてもお気の毒であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「強風で日傘が壊れてしまいました」

今日いらした患者さん、待合室で折り畳み傘と格闘されていたので、「雨が降っているんですか?」と伺ったところ、「昼間に日傘を使ったら、風が強くてうまく畳めなくなくなってしまって・・・とおっしゃるので、そういえば私も先月、今年買ったばかりの日傘が折れて、壊れてしまいました。とお話しました。

最近の強風って半端でないですよね。メーカーが傘を製造するにあたり、このくらいの風なら大丈夫というのがあるのかどうかわかりませんが、風の強さがこれまでの日傘の許容範囲をはるかに超えている気がします。

週末も今年最大級の台風が来るそうです。来るたびに今年最大と言われているような気もします。今週末は診療ではないので患者さんがいらっしゃれるか心配不要なのは有難いですが、13日のラグビーのスコットランド戦が気がかりな菊地であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

先生はぶっきらぼうだけど・・・

先日、歯の根が折れて、抜歯と宣告され、当院に歯根破折保存治療のご相談にいらした初診の患者さんなのですが、会計時に「先生ってちょっとぶっきらぼうですね・・・受付の方は優しいですが・・・」とのこと。

受付(=ワタクシ)は褒められて嬉しかったのですが、医院の顔としては、院長先生の擁護にまわらないといけないので、
「そうですね・・・あまり愛想を振りまくタイプではない先生ですね。それに最近、とても忙しくて、患者さんとゆっくりお話する時間がなかなか取れないものでして・・・」とお伝えしました。

本日治療が終わった患者さんもネット経由で院長先生のコラムなどをお読みいただき、それが来院動機となったようですが、治療が早いですね、と仰って、次回の定期検診のご予約をお取になってお帰りになりました。

先生も患者さんも人間ですから相性というものはあると思うのですが、真面目で実直な先生なので、きちんとした歯科治療を受けたいと思っておられる真面目な患者さん((それとご予約時間をお守りいただける方)とは相性バッチリだと思います。

問題は先生がお一人で全ての患者さんを拝見しているため、ご予約がちょっと(かなり・・・)取りにくくなっていることでしょうか・・・

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

そういえば体格の良い外国人が多いような・・・

今日は土曜の診療日であります。
10月というのに最高気温は30度を超え、季節外れの暑さとなりました。
このままでは秋をすっ飛ばして、夏→冬!となるやもしれません。
日本の四季の微妙なうつろいがなくなりそうで心配です。

ただいま、ラグビーワールドカップが日本で開催中で、日本のあちこちで熱戦が繰り広げられています!
ラグビーと言えば、私は大学に入学してすぐ、早稲田と言えばラグビーでしょうと、何も知らずにラグビー同好会のマネージャーなるものになってみたのですが、あまりの泥臭さに3カ月もたず、ルールを覚えることなく辞めてしまったお恥ずかしい記憶があります。

それでもラグビーを見るのは大好きで、あなたはサッカー派?ラグビー派?と聞かれたら、断然、ラグビー派でございます。

報道によれば、世界中からラグビーファンが日本に押し寄せ、マナーなど、トラブルになっているようですが、そう言われれば、京橋近辺でもガタイの良い南方系の外国人を見かけたことがありました。それもファミリーのようで、女性も子供も日本人とはボリュームが違いました!

それにしても京橋近辺でも新規ホテル開業に伴い外国人観光客が激増し、お隣のパイロットのビルにセブンイレブンができてとても重宝させて頂いておりますが、夜になると、店員さんもお客さんも私以外は外国人だったことがあり、ここは日本ではないのか!?と思ったことがあります。

今夜は日本とサモア戦がありますね。
一応録画はしてきたものの、早く帰ってテレビで応援したいと思います。

当院は来週の月曜日は土曜診療の振替で臨時休診とさせて頂きます。
ご不便をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い致します。
みなさま、どうぞ良い週末をお過ごし下さい。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

消費税がアップしても販売品価格は変わりません。

昨日の10月1日から消費税が引き上げとなりました。
8%と10%が混在する店舗ではいろいろと混乱が起きているようで大変ですね。
当院では軽減税率が適用される物販は無いため、自費治療と窓口販売品は一律で10%の消費税がかかります。

窓口販売品は、本来であれば消費税アップ分は上乗せし価格改定をして販売するべきなのでしょうが、院長先生のご指示で販売価格は据え置きとなりました。2%アップ分で数十円ですし、もともと当院ではセルフケア用品は良質のものをお手軽に使って頂きたいと考えており、販売価格をできるだけ抑えています。

歯科医院で定期検診を受けても数か月に1度程度ですので、やはり一番大切なのは日々のご自宅でのセルフケアですものね。
な~んて、歯科衛生士さんみたいなことを書いてしまいましたが、実は忙しくて院長先生に泣きつき、価格改定に係る事務処理をスルーさせて頂いた菊地なのでありました・・・

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「印象派の絵は人生を豊かにする」=コートールド美術館展

秋分の日の月曜日の夕方、私は上野で開催中のコートールド美術館展に行って参りました。
始まったばかりですし、混雑覚悟で行ったのですが、空いていてびっくり。
おかげさまでゆっくり鑑賞させて頂きました。

ロンドンのコートールド美術館はサミュエル・コートールドさんというイギリス人の実業家が、その頃、イギリスではまだあまり評価の高くなかったフランスの印象派の絵画を「印象派の絵は人生を豊かにする」との信念のもと、収集されたコレクションをロンドン大学に寄贈したものです。

私は数十年前、短期間ですがロンドンに滞在したことがあり、この美術館を数回訪れました。
スマホなどないその頃、地図を片手にロンドン大学のサマセットハウスという優美な名前の建物を探した懐かしい記憶がよみがえります。

私はもともとこじんまりした美術館が好きなのですが、同美術館は、私がこれまで訪れた美術館のなかではお気に入りベスト3のうちのひとつです。(ちなみにあと2つはパリのマルモッタン美術館(あの「印象 日の出」があります!)とロダン美術館(建物とお庭もキレイで優雅な雰囲気)です。)

今回の目玉出品は何と言ってもマネの「フォリー=ベルジェールのバー」ですが、ルーブルのモナリザみたいなこの絵、良くまあ美術館が出したわね~と思っていたら、美術館が改装中で閉館だったのでありました。

この絵以外もうっとりする絵が目白押しで、印象派がお好きなアナタ、是非是非足を運んでみてくださいな。
個人的には勝手に今年一番の美術展だと思っています。

美術展に行くと、気に入った作品の絵を1,2枚購入するのですが、今回は好きな絵がありすぎて絵葉書では済まされないと思い図録を購入したところ、自宅に戻ったら、なんと数十年前にロンドンで購入した図録があったのでありました。(いかに本棚を眺めていないかがわかってしまいますね。)

コートールドの図録が2冊になってしまい、ちょっと困ったなあと思う菊地であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

忙中閑無その② 手がいっぱいあったらいいのに・・・

以前、吉田先生が二人いたら・・というような内容のブログを書いたのですが、院長先生がお忙しいということは、全ての患者さんをお迎えする受付も同様に忙しいということでして、菊地さんも二人いたらいいなと思う今日この頃です。

千手観音様とまではいかなくても、せめてタコさんのように手が8本あったら、
①電話応対
②お会計
③業者応対
④その他雑務などなど、一度に4役できて、患者さんをお待たせしなくて済むな~と思う次第であります。
ちなみに、現在の当院の予約状況ですが、歯根破折治療のお問い合わせが依然として多く、初診のご予約は3週間ほどお待ち頂いております。ご了承の程、お願い申し上げます。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「え?先生、冷房代ケチってんの?」

昨日いらした女性の患者さん、ちょっと暑がりの方です。
待合室でも暑そうに扇子を使っていらしたので冷房の温度を1度下げたのですが、診療室に入ってからも暑いようでで、先生とお話しされているうちに、
「え?先生、冷房代、ケチってんの???」という会話が受付まで聞こえてきて、思わず大笑いをしてしまいました。

この患者さんは長く通って下さっている方で、江戸っ子気質ですぱっと物事をおっしゃるのですが、どうやら先生が、患者さんが暑いとおっしゃるので、「冷房代を節約しているんですよ[笑]」な~んて冗談をおっしゃったつもりが、その冗談が通じなかったようです。
(もともと先生はジョークのセンス抜群なのですが、真顔で言ったりするので、患者さんに伝わらないことが多々あります。私達もついていけないことがあります。)

台風が過ぎて今日で4日目なのに、被害の大きかった千葉県では停電・断水が続いて、この暑さのなか、扇風機も冷房も水も出ない状況なんてあまりに過酷で、本当に本当にお気の毒です。

先生のご実家の診療所が千葉県なので、インプラント治療でそちら方面からお越しになる患者さんは多いのですが、昨日もインプラントの定期検診でいらしたご夫婦は、ご自身宅は大丈夫だけれど、お子さん宅が停電・断水で、診療の帰りに東京で物資を揃えて車で届けるとおっしゃっておられました。

千葉県は東京のお隣ですし、こんな近くなのに、そんなに状況が違うんですね。
多少冷房が弱くても、電気が来ているだけで有難いではありませんか。

ちなみに現在の当院の冷房の設定温度は25度であります。
暑がりの患者さんも、寒がりの方もおられるので、なかなか全ての方に合わせることが難しいのですが、特にケチっているわけではないですヨ。でも節電を心掛けることは大切ですね。
1日も早く千葉県の停電・断水が復旧することを祈っています。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

My Sunshine!

9月に入り、院内の絵とお花は初秋バージョンとなりました。
待合室はマリー・ローランサンの絵で、シックで落ち着いた雰囲気ですが、診療室に入りますと3枚全てダグ・ハイドの絵でほのぼのムードです。

その中の一枚が写真の“My Sunshine!”という絵です。ひまわりの下で丸頭の男の子と子犬がムギュっとしています。2番チェアーの正面に飾ってありますが、2番チェアの患者さんはもちろんのこと、3番チェアーの患者さんも通路で眺めることができます。

では1番チェアーの患者さんは見られなくて不公平ではないか?とのお声が上がりそうですが、一番チェアーには特大のダグ・ハイドの絵があり、その名も”Dreams Come True”ですヨ.
ちなみに3番チェアに飾ってある絵は”Forever Friends”という名の絵であります。人と犬は永遠の友達で、パートナーですよね。

診療の合間に患者さんがリラックスしていただけるようにと飾っているのですが、
診療が終わり、一度に3枚の絵に囲まれて癒されているのは、実はワタクシかもしれませぬ・・・

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「吉田先生が2人いたらいいのに・・・」

今日は8月の最終診療日であります。
夏季休診明けの先週は月曜から土曜日まで6日連続の診療で、お休み前の忙中間無し!その②を書きたかったのですが、その時間も取れませんでした・・・
今週は多少落ち着いたので、ブログを書いてみた次第であります。

昨日、治療にいらした患者さんなのですが、もともと歯根破折保存治療が主訴でお越しになり、無事、治療が終わり、今は定期検診でいらして下さっています。

その方が待合室にいらした時、初診の患者さんからのご予約の電話応対が終わった私に「お忙しいですね」と声をかけて下さいました。
私が「○○さんもお受けになった歯の根が折れた治療のお問い合わせが多いんです。
患者さんはできるだけ早く予約を取りたいのですが、混み合っていてなかなかご希望に沿えなくて…」とお話ししたところ、
「吉田先生が2人いらしたらいいのにね」と笑いながらおっしゃるので、「そうですね。そうするともっと早く予約が取れますね」なんて、お話ししました。

診療終了後に院長先生にこの会話を伝えたころ、
「吉田先生が3人いたらもっといいね。そうしたら交代で休めるよ」
と苦笑しておられました。先生も忙し過ぎてお疲れ気味かも・・・

3人いたらいいのですが、実際には吉田先生はお一人なので、9月も暫く予約が取りづらい状況は続きそうです。

来週の月曜日は土曜診療の振替で臨時休診とさせて頂きます。
皆様 どうぞ良い週末をお過ごし下さい。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地