病院にアートがあるということ

先日、NHKで「病院にアートがあるということ」という番組を見ました。

香川県にある「四国こどもとおとなの医療センター」という総合病院では院内に様々なアートが溢れ、壁のあちこちに小さな扉があって、中にはボランティアの方が作例したぬいぐるみなど、小さなプレゼントが入っています。

通常の病院なら殺風景なのに、なんだかわくわくするような、楽しい雰囲気です。
院内では演奏会なども開かれ、入院患者さんもそのご家族も、(ひょっとすると深刻な病状かもしれませんが)表情はにこにこと明るいです。

この番組を見ていて、ふと、今年お亡くなりになった聖路加国際病院の日野原先生の追悼番組を思い出しました。
ホスピスに入院されている患者さんを日野原先生が診察しながらにこやかに励まし、患者さんもそれに応えて素晴らしい笑顔を見せ、そして(うろ覚えですが)その方は、僅か1週間後にお亡くなりになりました。

翻って当院を見てみると、以前のブログでも書かせて頂きましたが、診療室内はダグ・ハイドさんの絵が溢れ、待合室にはペイネの落ち葉にくるまったカップルの絵が飾ってあります。

2番チェアの正面にもダグさんの絵があるのですが、破折治療を受けられた患者さんが、
「治療途中で椅子が起こされると、熊が抱きしめてくれて、大丈夫だよ!て言ってくれているような気がします。」
とおっしゃって下さったので、患者さんを癒してくれて、熊を褒めてあげたい気持ちになりました。

なんだか取りとめのない文章になってしまいました・・・
最近、歯根破折治療を希望されて、ご不安を抱えていらっしゃる患者さんが多いからでしょうか、命を預かる総合病院とはとても比較にならないけれど、このような小さな歯科医院にいらっしゃる患者さんもまた、身体の一部を病んでいる方々であり、当院でワクワクしてください!とはとても申し上げられませんが、少しでも気持ちが上向きになるよう、できるだけ笑顔でお迎え・お見送りしたいなと思った菊地であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

バゲットサンドは美味しいけれど・・・

本日、1か月前に歯根破折保存治療を受けた患者さんが歯の固定を外すために来院されました。
幸い治療の経過は良く、うまくくっついてくれたようで、本日、仮歯の型採りをし、最終的な被せものを作成するため、しばらく仮歯でお過ごしいただくことになりました。

すぐに最終的な被せ物を作成しても良いのですが、万一、治療した歯の経過が芳しくなかったら、折角作成したかぶせものが無駄になってしまうので、慎重に治療を進めております。

診療が終わって会計時、私がこの治療を受けていることをご存知の患者さんは、
「院長先生から、これからは前歯で硬いものを噛むのはできるだけ避けてくださいと言われたのですが・・・」
と少し残念そうにおっしゃるので、
「そうですね。歯根破折治療に限らず、神経を抜いて治療をした歯は、治療前と見た目は変わらなくても歯は弱くなっているので、前歯で硬いものを噛みちぎるようなことは避けた方が良いと思います。
私は以前、フランスパンをかじって前歯を壊したので・・・」
とお伝えしたところ、
「お食事で出てくるフランスパンはそうしますが、でも、バゲットサンドはかじるしかないですよね・・・」と。なるほど、おっしゃる通りです。

この方はお仕事でよくヨーロッパにお出かけになるのですが、パリに美味しいサンドイッチ屋さんがあるそうで、パリに行くたびに立ち寄っているとのことでした。
バゲットサンドってカスクートというのでしたっけ? たしかにバゲットにハムとチーズを挟んだだけのシンプルなサンドイッチでも、とても美味しいですよね。

う~ん、お気持ちはよくわかるのですが、バゲットサンドをかじって、旅先で前歯が取れてしまっては大変です。
ちょっと柔らかめのクロワッサンサンドあたりでいかがでしょう?と、受付で楽しくお話させて頂いた菊地でありました。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

マスクと手袋の出動です!

ここ数日、急に冷え込んできましたね。
11月中旬ですから、木部さんのブログにあるように一般的には晩秋の時期と思いますが、ちょっと風邪気味の私は、今日からマスク・手袋着用で、すっかり冬支度で出勤して参りました。

風邪などの細菌はマスクの網目より細かいため、実はマスクを通しても菌は入って来るそうですが、マスク内に湿気が保たれるため、なんとなく細菌の繁殖を防げそうな気がします。

そして手袋ですが、防寒のほかにもうひとつ、電車やバスなどの公共の交通機関で、手すりやつり革などに素手でつかまなくても良いというメリットがあります。なので、クリニックに到着時、手は自宅を出た時と同じくらい綺麗なはずであります。

私は低体温のためか、風邪をひきやすく、そして一旦発症してしまうと咳がずっと続き、医療機関の受付職としてはとても勤まらない状況になってしまいます。(今日も既に1本、ユンケルのお世話になりました。)

あまり見た目は宜しくない恰好での通勤ですが、花より団子、出来るだけ風邪を予防したい私としては、マスクと手袋は、冬を元気に乗り切るための必須アイテムなのでした。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

残りわずかな秋を楽しんで

吉田デンタルクリニックに勤務開始から半年が過ぎました。
気がつけば秋も終盤ですね。
「今日も朝から暑いですね」と、ご挨拶させていただいていたのはつい最近の様です。

先週土曜日の仕事帰りに、風が冷たくて寒いなぁと思い、ついつい下を向き日本橋を歩いていましたら、「ん?臭い・・・」と感じ上を見上げて確認。イチョウの木です!臭い犯人は、私の好物の銀杏でした(笑)
そういえば2、3日前にテレビで京都の清水寺の紅葉を見て、「この季節の清水寺に紅葉狩りに行ってみたいね。テレビじゃなくて本物見たいね。」と、家族で会話したのを思い出しました。

初めて吉田デンタルクリニックへ足を運んだ日は、開業20周年を迎えた記念日の頃。東京八重洲中央口を出たところに桜が満開に咲き綺麗でした。
私の中では、仕事に集中している間に、春の桜から、秋の風物詩の紅葉へと季節は急ピッチに動いていた、そんな感覚です。
小さな事ですが、日頃、時間に追われ心にあまり余裕がない私は、こんな風にふと季節を感じられたりすると、とても幸せな気分になります。

そしてこの後、友人と待ち合わせをしたいつもの天麩羅屋さんで、早速!銀杏の天ぷらを注文したのでした。お塩でとっても美味しくいただきました。松茸も美味ですね!!

みなさんも、残りわずかな秋を自分流に楽しんで、是非ホッコリされてください。

吉田デンタルクリニック
受付 木部

工事現場でパーティーが・・・

当院お隣の、阪神交通社とパイロット本社ビルが現在工事中であることは以前もお知らせしたかと思います。
今日、上から工事現場を見下ろしてみたら、なんと工事現場でパーティが開かれているではありませんか!

白い帽子をかぶったシェフや、黒服の給仕の方々がお料理を配っていて素敵です。
アルコールの有無は定かでないですが、工事が一段落したか何かの慰労パーティなのでしょうか。
ご近所の私達も騒音に耐えてきたので、招かれてもいいんじゃない?なんてちらっと思ったりして・・・

皆さん、とても楽しそうで、私達スタッフもなんだか楽しくなりました。
屋外のパーティなので雨が降らなくて良かったですね。
ひと時のパーティを楽しんで、また来週からお仕事頑張ってくださいね。

私達吉田デンタルクリニックは明日もお仕事でございます。
皆様はどうぞ良い週末をお過ごしください。

ps、ここで患者さんから有力な情報です。棟上げ式だったそうです。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

インプラントの講習会

連休中日の日曜日、スェーデンからお二人の教授が来日され、それに併せて私が所属するスタディ−グループの会員を対象としたインプラントの講演会が開催され、参加して参りました。

お二人の先生がそれぞれ異なるトピックスでお話しになり、一つ目は新しいインプラントシステムについてです。
“Neoss”といい、2000年にイギリスとスェーデン、イエテボリで開発されたシステムで、優れた臨床成績とシンプルな構成が特徴です。
今から10年近く前の2008年、アメリカで開催された研修会に参加した際、講師のケンジ ヒグチ先生が、その時、既に、“Neoss”というインプラントが良いようだと話をされていたことを覚えています。

当院で採用しているブローネマルクも信頼できる優れたシステムですが、すでにオリジナルとは異なるものとなっています。これを機に新しいシステムの採用を検討するのも選択肢のひとつかもしれません。

もうひとつのトピックスはインプラントのための「骨造成」です。
この分野の第一人者の先生の講演でしたが、やはり慎重に時間をかけて治療にあたらないと良い成績が残せないことが確認できました。
安易な方向に走らず、基本が大切だと言うことですね。

秋晴れの下、朝から午後6時までびっちりの講習会で、一緒に参加した先生方と、「いやぁ、疲れましたね・・・」とお互いねぎらいながら会場を後にしましたが、休日を1日潰すに値する、大変有意義な講習会でした。

吉田デンタルクリニック
院長 吉田 浩一

銀座シックスは屋上も素敵でした。

昨日は臨時休診でご迷惑をお掛け致しました。
診療はお休みでしたが、私は月末月初の事務処理があり、午後に出勤しておりました。
仕事が終わり次の予定まで2時間ほどあったので、久しぶりに銀座の方に行ってみようと思い、銀座シックスにまだ行っていなかった事を思い出し、銀座6丁目に向かって歩き出しました。

診療が終わってから「銀座シックスにはどう行けばいいの?」と何人の患者さんに尋ねられて道案内をしたことでしょう。近いからいつでも行けると思うと実はなかなか行けないものなんですよね。
やっと自分が行けると思うとちょっとワクワクします。

思えば中央通沿いに当院と同じ側ではないですか。京橋の交差点からメルサ、伊東屋、松屋、三越を過ぎ、4丁目の交差点を渡り、銀座コアの前を過ぎたらもう巨大な建物が見えてきました。

中に入ってみると、殆どはブランド品のお店ですね。特に買いたい(買える?)ものもなく、地下の食品売り場とレストラン街を見て、更に屋上に上がってみました。

ちょうど夕暮れ時だったのですが、静かで落ち着いた雰囲気です。良い香りのする花もたくさん咲いていて癒されました。東京タワーと富士山を一緒に眺めることができ、デートスポットかも。

もし銀座シックスにこれから行かれる方がいたら、是非、屋上にも上がってみてくださいな。
銀座のど真ん中で、贅沢にのんびりできますヨ。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

健康は当たり前ではないのですヨ

今日も東京地方は快晴で良いお天気です。
10月末に木枯らし1号が吹いて一気に寒くなり、今からこんなに寒くて今年の冬はどうなってしまうのでしょうと心配していましたが、穏やかな11月の滑り出しでしょうか。

本日、当院サイトを管理してくださっている会社の担当者から連絡があり、体調を崩して暫く休職されていたのですが、無事、復職しましたとのことでした。
彼女曰く、「健康は当たり前だと思っていたが、それがどれだけと尊いものかを改めて感じました。」

全くその通りだと思います。
歯も同じですよね。
いつもは歯の有難味なんて、あまり感じませんが、1本でも治療中の歯があると、かばいながら噛むようになってお食事が楽しめないし、失くしてしまったら、もうその歯は戻らないのです。6歳からお世話になっている永久歯もありますから、どうぞ大切にしてあげてくださいね。

私もこのところ少々疲れが溜まっておりまして、明日からの連休は本当に有り難いです。
見ないようにして先送りした結果、溜まってしまった雑用をこなし、そして充分に身体を休め、心身ともにリフレッシュして週明けからは元気に出勤したいと思っております。

連休中はお天気も良さそうです。
どうぞ皆様もご自身の健康を過信せず、身体をいたわり、そしてお時間に余裕のある方は、いつもより長めに歯磨きをし(笑)、ツルツルピカピカの歯になって、すっきり気持ちのよい連休をお過ごしくださいね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

オリンピックまであと1000日しかないのですか?

今朝も良いお天気でしたね。
いくらお天気が良くても、週の後半になってくるとだんだんと疲れが溜まり、朝起きるのが辛くなってくるのですが、朝食を取りながら新聞を読んでいて、2020年の東京オリンピックまであと1000日であることを知り、急に眼が覚めました。
明日になったら当たり前ですが999日で桁がひとつ減ります。急にそわそわしてきました。
直近の院長先生のブログでも書いてありましたが、1000日に合わせ、今日はオリンピックを周知させる広告日だったのですね。

1000日後はどうなっているのでしょうか?
私はおそらく、当院の医局から中央通りを見下ろし、オリンピック関連のパレードなど、楽しませて頂いているのではないでしょうか。

その前に、まず明日の土曜日の診療を乗り切らねば!です。
台風の影響で大雨が懸念されますが、皆様はどうぞ良い週末をお過ごしくださいね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

発想の転換

院長の吉田です。
以前もお知らせしたかと思いますが、当院のビルの隣には2020年の完成を目指し、パイロット本社の新しいビルが建設中です。建設現場の囲いは無機質なものが多かったのですが、最近では植物を植込んだり、ライトアップしたり、なかなか目を楽しませてくれるようなものもあります。

先日、中央通りを挟んで反対側のエドグラン前からその建設現場の囲いを撮影している現場を見ました。

何に使うのかなと考えていましたが、今朝の新聞を見て目的が分かりました。
その囲い絵を描いていたのです。
“IMAGINE 2020” とありますから、オリンピックについてだと思います。

色々考えるものですね。発想の転換が重要です。歯科治療でも、割れてしまった歯は、これまでは抜歯が常識でしたが、抜かずに済む破折歯保存治療が考案されていますから。

吉田デンタルクリニック
院長 吉田 浩一