「残しても仕方が無いような歯?」

歯根破折保存治療が終了し、無事、歯がくっついてくれたことを確認し、最終的な被せ物が終了された患者さんのお話です。

この方は遠方からの通院となるため、治療開始前にまず当院のお問い合わせフォームで院長先生に問い合わせをなさったそうです。
近隣の歯科医院さんでは「残しても仕方が無いような歯!」と言われてショックを受けたそうですが、院長先生から残せる可能性があるという返信があり、思い切って新幹線でいらしたとのこと。

この方の場合、ご両親様が殆ど歯が残っておらず、義歯をお使いで、ご自身の歯の有難味を良くお分かりのようで、「残せる可能性があるなら行ってみれば?」と後押しされて当院にお越しになりました。

歯根破折治療のみでしたら3回で終了しますので患者さんとそれほどお話しする機会が無いのですが、被せ物までなさる方は、数か月通院いただくことになります。
自然とお話しする機会も増え、無事、治療が終了したときには、患者さんはもちろんのこと、私自身も同じ治療を受けているため、職務を忘れ、自分のことのようにとても嬉しくなってしまいます。

「残しても仕方が無いような歯!」と言われてしまった歯を、歯として機能する状態で残せたことは、遠方から通院して下さった患者さんのことを思うと、本当に本当に良かったなと思います。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

特殊な歯の治療って?

先日、20年来お越し頂いている患者さん定期検診でお越しになった際、帰り際に「なんか、最近、随分と混んでるみたいじゃない?」と仰いました。
(実は当院の空き状況と患者さんのご予定が合わず、定期検診のご予約がかなり先になってしまった方だったのでした。)

私が「実は院長先生がちょっと特殊な治療を・・・」と言いかけると、「え?院長先生が特殊な性格???」と切り返されて、受付で大爆笑となりました。すごく楽しい患者さんなのです。

菊地の回答は、
① 院長先生はちょっとぶっきらぼうですが、特殊とまではいかないと思います。念のため。
② 特殊な治療というのは、歯の根が折れたり割れたりした場合、これまでの歯科の常識では抜歯だったのですが、そのような歯を抜かずに保存する新しい治療法を当院で行っており、それでインターネットで検索して来院される患者さんが多く、ご予約が混み合っておりますとお伝えしました。

歯根破折治療の認知度が高まり、この治療を行う医療機関が増えてくると、当院の予約状況も落ち着いていくと思います。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

受付に癒される

日々、患者さんといろいろなお話をさせて頂いております。
当院は患者さんをお待たせしないことが院長先生のモットーで、(時間厳守の!)完全予約制にさせて頂いております。

患者さんの治療内容によって治療時間が決められているため、患者さんの治療が終わると次の患者さんがお待ちなので、なかなか患者さんと雑談をする時間がとれないことが院長先生のジレンマとなっております。(たまに次の患者さんがキャンセルになったりすると、その前の患者さんは治療時間を伸ばしてもらったり、先生と和やかに談笑する時間が取れたりします。ラッキ~♪)

前置きが長くなってしまったのですが、患者さんの治療が終わってもまだ質問があったりする場合、先生は次の診療に入っているため、受付が引き受けて対応させて頂きます。
受付でわかる範囲は即答し、わからない場合は診療の様子を見ながら合間に院長先生に私が質問してお伝えしたり、先生が歯根破折治療や精密な型採りで集中している場合など、声をかけられない場合は診療時間外に先生に確認してこちらからご連絡する場合もあります。

複数の患者さんのコメントなのですが、歯科医院の受付職は、一般的に事務的で、あまり親切ではないものなのでしょうか???
ある患者さんは、「以前の歯科医院では、受付でコテンパンに言われてすごくショックでした。」とおっしゃっておられました。(“コテンパン”ってお若い方、意味わかりますか?もう死語でしょうか・・・?)
ある患者さんは、当院で先生の治療中はずっと緊張しているけれど、終わってから受付で質問するとすぐ答えてくれるので、安心できて癒されます。と仰って下さいました。あら嬉しい。

もともと私のモットーは「患者さん目線で物事を考えること」なので、歯科のプロである院長先生や歯科衛生士と、歯科の知識の無い患者さんとは考え方が相違することは多々あります。私から見ると、双方の意見が尤もなので、それをうまく通訳というか、橋渡しができたら、と常々心がけています。

かくいう私は毎週金曜日にチコちゃんに癒されていますが、私もすこ~し、患者さんを癒すことが出来ているなら、受付冥利に尽きるというものです。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

迅速なアシストとは?

前回のブログに関連するのですが、スタッフの迅速なアシストについてとは何でしょう?
患者さんをお待たせしないようにするため 治療内容に応じ治療時間が決ってから次回のご予約をお取りすることはお伝えしました。
先生はご自身の治療のペースで患者さんの時間を決めるのですが、それはきちんと治療の準備が整っていることが前提となっています。患者さんが診療台に乗ってから準備していたのでは間に合わないのです。

ですので、当院では前日、もしくは当日の朝に各患者さんの治療内容を確認し、その方の歯の模型や必要な器具など、あらかじめ準備しておき、患者さんがいらしたらすぐに先生が治療に取り掛かれるようにしてあります。予定外の器具を使用する場合はその場で先生が声をかけますが、先生に器具を渡すことも迅速に行う必要があります。

それぞれの患者さんの持ち時間に予定通りの治療を行えるよう、診療中はなかなかの緊張感です。受付から診療室を眺めると、皆テキパキ動いているな、といつも感心します。
先生はサージテルという拡大鏡を使用しているのですが、スタッフは先生が患者さんの術部から目を離さなくて済むように先生が出した手に器具を渡す必要があります。ドクターXの世界ですね。不器用な私ではとても真似ができません。

ですので、皆様、急なキャンセルはできるだけ避けて頂けると嬉しいです。そうでないと前日からの準備が無駄になってしまい、診療室のスタッフががっかりしてしましますもの。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「先生は手が早いですね!」

先日、虫歯治療でセラミックの詰め物の型採りをされた患者さんが、お会計の際、「先生って手が早いですね!」と驚いたようにおっしゃいました。
“手が早い”との表現は、色々な意味がありそうですが、ここでは「先生は治療を行う手が早いですね。」との意味だと理解します。

その方は幼少期の矯正治療に始まり、ずっと歯科治療であちこちの歯科医院にかかっているそうで、これまでの経験からすると、同じ治療内容で1時間くらい口を開いていたとおっしゃるのですが、当院では殆ど半分の時間で終わったので、驚いたそうです。でも患者さん曰く、こんなに早くて大丈夫かともおっしゃっておられたので、診療終了後に先生にお伝えしました。

先生曰く、日々、忙しく治療を行う中で、手技の上達や治療の効率を工夫し、また、スタッフの迅速なアシストもあり、歯根破折の治療などもどんどん時間が短縮されているそうです。(受付は患者さんのご予約をお取りする際、必ず先生からの治療時間の指示を確認してからお取りするのですが、歯根破折治療の時間が以前より短くなったな、とは受付も感じておりました。)

患者さんがご心配されていた治療時間が短い=手抜き???ということは一切ありませんよ、と先生が苦笑されておられました。
患者さんと受付でお話した際、真面目な院長先生ですので、その点は大丈夫ですよ!と思ったのでありますが、私達は先生とは長いお付き合いで真面目で律儀な性格であることは良く理解していますが、ネットで検索していらした患者さんにとって、数回の治療ではなかなか分からないですよね。
ですのでこのようなご心配もあるのだなあと思いましたが、どうぞご心配無くです!

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

う~ん、待ち遠しい!

長らく工事中でありました京橋のシンボル、ブリヂストン美術館ですが、来年1月にARTIZON MUSEUMとしてリニューアルオープンします。

2015年4月からの長期にわたった閉館で、2020年なんて随分先ね・・・と思っておりましたが、振り返ってみると特の過ぎるのは何と早いことか・・・(チコちゃんのナレーション風)

美術館の前は私の通勤路なので、毎日工事の進捗状況を眺めていたのですが、あれよあれよという間にビルはどんどん高くなり、完成して見上げると、思わず口が開いてしまいそうなスカイスクレーパーとなりました。

地上の敷地内には主要な収蔵作品の案内がありますが、改めて見ると本当に素晴らしいコレクションですね。
国立西洋美術館の基礎となった松方コレクションや私の大好きな倉敷の大原美術館同様に、西洋画なんて見たことの無かった日本人に西洋画を見せたい!という昔の日本の実業家の皆様に感謝・感謝であります。

案内板には私の大好きなルノワールのジョルジェットちゃんがのっておらず、ひょっとして、この莫大であろう建設工事費をねん出するため、ジョルジェットちゃんはどこかに売られてしまったのではないか???と秘かに危惧しておりましたが、美術館のサイトを見たらちゃんと載っていて安堵しました。
ジョルジェットちゃんに会えるのが待ち遠しい菊地であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「いかに京橋が便利かよくわかりました」

今日は土曜診療日であります。
暑くもなく寒くもなく、過ごしやすい気候で今日は送風でございます。

京橋近辺はここ数年、再開発であちこちが工事中だったのですが、その関係で会社が京橋を離れた方も多く、一部の方は土曜日に定期検診にいらして下さっています。

そのうちの一人の方がしみじみ仰るには、「京橋を離れて、いかに京橋が便利かよくわかりました。」とのこと。た~しかに私もそう思います。

もともと院長先生が京橋に開業されたのは、遠方の方が通院しやすいようにとのことで開業場所を選んだそうですが、あんまり東京駅に近いと東京メトロから離れてしまいます。
こちらは銀座線の京橋駅の上で、有楽町線の銀座一丁目駅と都営浅草線の宝町駅からも徒歩圏です。[通院して下さっている方はご存知でしたね。失礼いたしました。]

先日のブログにも書いたのですが、私も仕事が(たま~に)早く終わると銀座や日本橋のデパ地下に行ったり、東銀座の歌舞伎座の幕見に行くこともできますし、東京駅の向こう側の丸の内も徒歩圏ですので、スーツ姿のビジネスマンを眺めて目の保養もさせて頂いております。

とはいえ、そんなに仕事が早く終わる日も無いので、やはり患者さんが通院しやすいのは良かったなと思います。歯根破折の患者さんは遠方からお越しになる方もおられますが、東京駅から徒歩圏であること、また、飛行機でも羽田から宝町まで浅草線で直通なので、これもまた便利であります。
院長先生って先見の明があるんですね!?

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

暖房?冷房?&あっ秋田犬だ!

今日で10月も終わり。今年も早いもので残すところあと2か月となりました。
少し前に雨模様の肌寒い日が続き、2日ほど暖房を入れましたが、昨日からは秋晴れでまた冷房をいれたり、送風にしたり・・・診療室と待合室の温度差もあり、受付は快適な室温の調整にアタマを痛めております。

今年はインフルエンザの流行も早いようですし、当院では今月中にスタッフ全員が予防接種を済ませました。年末に向かって診療はさらに忙しくなりそうですが、当院は冬の準備万端で~す。

話は変わりますが、昨日、珍しく早く仕事が終わったので、久しぶりにデパ地下に行こうと京橋から銀座方面に中央通を歩いていたところ、散歩中の秋田犬と柴犬に出くわしました!

以前も何度か見かけているのですが、どうやら銀座近辺にお住まいのご様子で、この都心で秋田犬と柴犬を飼っているなんて、秋田犬が大好きな私には夢のようです。

お散歩についていきたかったのですが、そうするとデパ地下仁間に合わなくなるので、残念ですが、その威風堂々とした後姿を見送りました。いつか飼い主さんとお友達になり、ちょっと触らせてもらえるといいなと思っています。

全く取り留めのない文章で、大変失礼いたしました。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

札幌になっ(ちゃっ)たのね・・・

一昨日、2020東京オリンピックのマラソンと競歩会場が札幌に変更になる(かも?)との報道で「え?この段階で?」と驚きましたが、正式に札幌に決まったようですね・・・

先日のドーハで開催された世界陸上のマラソンで棄権者続出だったことが理由のようですが、東京とドーハって同じような気候なんでしょうか?ドーハの方が暑いでしょうと思うのですが・・・

オリンピックの観戦チケットが全て外れたワタクシにとって、中央通を走る選手たちを当院から眺められるマラソンを楽しみにしていただけに本当に残念であります。

年に一度、インプラントの定期検診でお越しになる患者さんもマラソンの日に予約しようかしら?とおっしゃる方がいて、「日曜日ですよ~」「あら残念!」なんてつい先日お話したばかりです。

でも、アスリートファーストですものね、札幌のほうが東京より多少は涼しいですものね。
札幌の一般市民はきっと喜んでいらっしゃると思いますが、今からで準備が間に合うのかしらと、これからおそらく不眠不休で準備しなければならない札幌と、これまで一生懸命準備されてきた東京と、両都市の関係者の方々がとてもとてもお気の毒であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「強風で日傘が壊れてしまいました」

今日いらした患者さん、待合室で折り畳み傘と格闘されていたので、「雨が降っているんですか?」と伺ったところ、「昼間に日傘を使ったら、風が強くてうまく畳めなくなくなってしまって・・・とおっしゃるので、そういえば私も先月、今年買ったばかりの日傘が折れて、壊れてしまいました。とお話しました。

最近の強風って半端でないですよね。メーカーが傘を製造するにあたり、このくらいの風なら大丈夫というのがあるのかどうかわかりませんが、風の強さがこれまでの日傘の許容範囲をはるかに超えている気がします。

週末も今年最大級の台風が来るそうです。来るたびに今年最大と言われているような気もします。今週末は診療ではないので患者さんがいらっしゃれるか心配不要なのは有難いですが、13日のラグビーのスコットランド戦が気がかりな菊地であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地