風邪の季節ですね・・・

毎日お寒うございます。
インフルエンザに加え、風邪の季節となりました。
当院では雨降りの日には待合室にタオルを出して、ご自由にお使いいただくのですが、はて?最後にこのタオルを出したのは何時だっけ?と思うほど、東京地方はカラカラの乾燥状態が続いています。

当院も暖房はしているものの、受付エリアは入口からの風が入るため外気温の影響を受けやすく、診療室に比べると夏は気温が高め、そして冬は気温が低めとなっています。
寒さに弱いワタクシ、寒さ対策にはいろいろと自衛手段を持っているのですが、ついに昨日の夕方から鼻水が出始め、マスクをしてもつーっと流れてくるようになりました。どうやら風邪をひいてしまったようです。インフルエンザの予防接種はスタッフ全員受けているし、熱もないので鼻風邪だと思いますが、風邪は万病の元、明日もお仕事なので、今日は早く帰って身体を休めたいと思います。

ちょうど良い具合に今日は金曜日でチコちゃんの日です。毎週録画をセットしてありますので安心ですが、録画済みのチコちゃんに元気をもらって明日は元気に出勤したいと思います。

皆さんも風邪に気をつけて、どうぞ良い週末をお過ごしください。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

フィリップス・コレクション展

この3連休は寒かったですね~。新成人の皆様、おめでとうございます。

昨年末、家の大掃除を頑張ったワタクシ、今のところ、家の中はまだキレイで特にやらなければならないことも無く、お天気が良かった連休の最終日、美術館に行くことにしました。(本当は家事はやり始めるとキリがないので、見て見ぬふりをしているだけなのですが・・・)

私のお手軽な気分転換の美術館は上野の西洋美術館の常設展なのですが、ネットで調べていると丸の内の三菱一号館美術館で開催中のフィリップス・コレクション展を見つけました。

行ってみると、ゴッホ・セザンヌ・ドガ・マティス・ピカソにロダンと、美術展サイトの謳い文句通り、本当に「全員巨匠!」の作品で驚きました。オルセーやルーブルなど、メジャーな美術館の所蔵作品はたまに日本にやってきますが、今回は個人のコレクションのため、初めて見る絵ばかりでして、ご自宅でこのような名画に囲まれて過ごしていたなんて、世界にはすごい人がいるものだな~と妙に感心しながら鑑賞させて頂きました。

三菱一号館美術館は、建物は雰囲気があって良いのですが、展示室が細かく仕切られているため、混んでいるときは人が渋滞してしまいます。有難いことに夜も9時まで開館している日もあるので、2月1日までの開催期間中、京橋の地の利を生かし、診療が終わってから再度、行ってみようかなと思っています。皆様もいかがですか?

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

魔法のフライパン

(診療開始から1週間も経っちゃっいましたが・・・)今年最初のブログとなりました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

昨日の「カンブリア宮殿」は魔法のフライパンのお話でした。なんでもこのフライパンは軽くて熱伝導が良く、短時間で美味しく調理ができるとかで興味深々であります。

フライパンは安ければ千円程度で手に入りますが、これは1万円するそうです。
フライパンに1万円は高いな~とも思いますが、軽くて使い回しが良く、家事が少しでも時短、かつ美味しく調理でき、10年以上使用できるとしたら、1年で千円以下のコストということになりますよね。使い勝手の悪い、安いフライパンを頻繁に買い換えることを考えたら、却って割安かもしれませんね。

(無理やりの気もしますが・・・)これって歯の治療にも共通するものがあるな~と、ふと思いました。とりあえず、健康保険内の治療で・・ということで二次カリエスを繰り返すなら、精密な型どりを行って、出来るだけ虫歯にならない治療を受けて頂いた方が、長い目で見たら歯を健康な状態で長持ちさせることができるかもしれません。

歯とフライパンの決定的な違いは、フライパンは安くても新品が手に入りますが、歯は虫歯で少しずつ無くなってしまい、新品を買い直すことが出来ないということだと思います。

というわけで、この3連休中に東急ハンズにフライパンを買いに行こうかなと思っている菊地であります。
厳しい寒さになりそうですが、どうぞ皆様、良い3連休をお過ごしください。

ちなみにこの魔法のフライパンを製造する会社はスタッフ11人程度の会社だそうですが、このフライパンを製造できるのは社長さんただ一人だそうです。職人ですね~。これも当院の院長先生に共通するものがあるような気がします。(笑)

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

平成最後の年末に思う

本日、当院では無事、平成30年の診療を終了とさせて頂きました。
思えば平成最後の年末ですね。

先日のお誕生日の際の天皇陛下のお言葉は、とてもとても感動的でした。
第二次世界大戦での犠牲者や沖縄への思い、そして皇后陛下への労いの言葉など、国民の一人一人の心に響くお言葉で、テレビで放送されるたびに、私も何度もウルウルしてしまいました。

そして大河ドラマの「西郷どん」の最終回です。西郷さんが亡くなることはわかっているので、切なくて録画したものの見ることを先延ばしにしていたのですが、先日、やっと見ました。

自分が亡くなることで武士の世が終わったことを示し、新しい日本を築こうとする西郷さんの気持ち、西郷さんを慕いながらも逆賊として討たねばならない政府軍の気持ち、自分の命令で西郷さんを死なせてしまったことを悔やみ、自宅に戻って慟哭する大久保卿など、あの頃の日本人は、自分の身を顧みず、本当に必死で日本国のことを考えていたんだなと思います。

戦後生まれ世代である私は、平和が当たり前のように思っていますが、数十年前にはそれは当たり前ではなく、先人の並々ならぬ努力と犠牲によって、今、私達が平和な日本に暮らすことが出来ることを、改めて有り難く思いました。先人から受けた恩恵は、次の世代に引き継がなくてはいけませんね。

来年はどのような年になるのでしょうか。
当院は1月5日より診療開始となります。
本日、皆で一生懸命大掃除を致しました。開院22周年を迎える当院ですので、ピッカピカとは参りませんが、来年も清潔で、心地良い診療環境の下、皆様をお迎えしたいと思います。

今年一年間、大変お世話になりました。
どうぞ皆様、良いお年をお迎えください。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

テペ社のMusiolik氏来訪

先日、当院が、歯ブラシや歯間ブラシ等の予防歯科グッズでお世話になっている、スウエーデンのテペ社のMusiolik氏が日本市場を視察のために来日され、日本の代理店である、クロスフィールド社の歯科衛生士の小林さんと一緒に当院にお越しになりました。

現場の意見をテペ社の担当者に直接伝える良い機会なので、窓口販売品担当の私としては、歯ブラシ類の色について要望を出させて頂きました。

歯間ブラシはサイズによって色分けされているため好きな色を選ぶことはできませんが、テペの歯ブラシは、カラーが豊富で、沢山の色のなかからお好みの色を選べることを楽しみになさっている患者さんも多いのですが、最近、セレクトシリーズはちょっと渋めの色が多いことが気になっていました。また、ツートンカラーのスプリーム・ノバのシリーズでも、紫×黒のバージョンが在庫として残ってしまうことが多いことをお伝えしました。

テペは国際的メーカーのため、輸出先の国ごとに色のバージョンを変えることはコスト的に不可能とのことだったのですが、暖色系・寒色系にロットを分けるとか、何か、アイデアを出してほしいな~と思いました。

でもお国柄ってありますよね。前述した紫×黒のバージョンは当院では男性の患者さんがお買い上げになることが多いのですが、先日いらしたイタリア在住の女性の患者さんは、「アナ・スイみたいで素敵!」と仰って購入されたので、う~ん、イタリア的な感覚では女性でもこの色合いを好むのだな~と感心しました。

テペ社のMusiolik氏は、院長先生にちょこっとしたプレゼントを下さったのですが、皆で開けて見ると丸いチョコレートボールのようなお菓子でした。外側のチョコレートはキャラメル味で美味しかったのですが、内側には黒いグミみたな物体があり、これがまた苦い!これって食べ物ですか?という感じで、残念ながら私は苦手だったのですが、他のスタッフは美味しいと言うものもおり、スウエーデン通の小林さんに後日聞いてみたところ、薬草のリコリスで、北欧人は大好きとのことでした。確かにお国柄ってありますね~。

来訪の際、通訳は小林さんがなさったのですが、流暢なスエーデン語にびっくりしました。
スエーデンに留学経験のある院長先生は、最初と最後のあいさつのみスエーデン語を話されていたことをお伝えしておきますね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「インプラントになっちゃったんだよ・・・」

先日、歯根破折保存治療を希望されてお越しになった患者さんのお話です。
格闘技系のスポーツをなさっているその患者さんは、歯が割れて、かかりつけ医から「これはもう抜歯してインプラントしかない!」と宣告されたそうなのです。

そして、本当に偶然なのですが、「インプラントになっちゃったんだよ・・・」とスポーツクラブのご友人に話したところ、たまたま話を聞いたその方が、当院で既に歯根破折保存治療を受けた方で、インプラントじゃなくても歯を残せる可能性があるよと、当院をご紹介下さったそうです。

そしてその患者さんは治療をお受けになり、1か月後、固定を外して無事、ご自身の歯を残すことが出来ました。
今後は治療した歯はもちろんですが、その他の歯が割れてしまわないように、歯を食いしばるようなスポーツの際にはマウスピースを装着していただくことをお勧めしました。

抜歯せずに済んで、めでたしめでたしですが、折角、残せた歯なので、これからはできればあまり食いしばらないで、歯をいたわって頂きたいなぁと、受付で患者さんをお見送りしながら思った菊地であります。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

やっぱり私も泣いちゃいました・・・

本日は突然電話が受信できなくなり、大変ご不便をお掛け致しました。
午後には復旧したのですが、それまでの間、当院のサイト上には電話の不具合を表示したものの、サイトをご覧にならない皆様には電話がつながらない状況をお伝えする術が無く、何とも落ち着かない時間を過ごしておりました。

それ以上に困ったのが先週の金曜日です。何が起こったのかというと、ネットがつながらなくなり、メールの送受信もできなくなりました。先週ソフトバンク回線がつながらなくなったという報道がありましたが、私はソフトバンクユーザーでないため他人事のように感じておりましたが、いざ、わが身に同様のトラブルが起きると、いかに現代人がネット依存しているか、痛感しました。
固定電話がつながらなくても携帯電話は使用できるので、ネットがダウンしたほうが電話回線のダウンよりダメージが大きいように思います。

ネットのダウンにより受付の仕事が半減した私。最近、残業続きで疲れ気味だったのですが、これは「少し休みなさい」という神様の思し召しと勝手に解釈し、土曜日の診療終了後、いま話題のクイーンの「ボヘミアンラプソディー」を観に行って参りました。

報道では、泣いちゃいます・・とのことでしたが、私もやっぱり泣いてしまいました。私の中ではこの数年に見た映画のベスト3にはいります。(ちなみにあとの二つは、“黄金のアデーレ”と“SING”でございます。)

今日いらした患者さん、診療終了後にコレド室町にこの映画を見に行きますとおっしゃっていたので、次回いらした際に、やっぱり泣いちゃいました?と聞いてみようかなと思っています!

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

2018年の忘年会

昨日、午後のインプラントの手術終了後、オペ時の介助医・歯科麻酔科医の先生方と一緒にスタッフ全員で忘年会を開きました。
場所は、銀座3丁目のトレシャスにある香港1997という天津飯店の中華料理のお店でした。お料理も美味しかったですし、個室でゆっくり、いろいろな中国酒を楽しむことが出来ました。

非常勤の先生方とはインプラントオペ時にお会いするだけなのですが、昨日は東京歯科大学卒のドクター4名が集うこととなり、普段はあまり聞くことが出来ない歯科麻酔や医局のお話など、“へぇぇ~”とか、“えっ?そぉーなんですか?”なんて、会話が盛り上がりました。

3時間フリーフローでお食事が終わるころには皆、すっかり出来上がってしまい、またしても写真を撮り忘れてしまって残念!来年も、チーム吉田はこのメンバーで頑張ります!

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「業務多忙につき・・・」

今年の冬は暖かいですね。例年なら晩秋に使うコートを今年はまだ着ていていい気になっていたら、明日からなんと12月なんですね。今年も残りあと1か月です!

毎日、当院のサイトを横目で見ながら気になっていたのですが、このところ、ブログを更新する時間が見つからず、当院の日々の様子を皆様にお伝えすることが出来ないことを申し訳無く思っています。

「現在通院中の患者さんから「どんどんブログ、書いて下さいね。」と言われているんです・・・」と院長先生に伝えたところ「“業務多忙につき、暫くブログをお休みします”っていうブログを書いたら?」という、訳のわからないアドバイスを頂きました。

歯根破折保存治療のお問い合わせが多いうえに、年の瀬も近づいてきて、スタッフ全員、診療で忙しく、院長先生も衛生士さんも、だぁ~れも院長コラムや歯科衛生士便りやブログを書いてくれないのですが、吉田デンタルクリニックから「便りが無いのは良い便り」とご理解いただけると幸いです。

ではなぜ私が今、ブログを書く時間が取れているか?というと、朝一番の患者さんがいらっしゃらなかったからなのでありました。当院は完全予約制でマンツーマンの診療を行っているため、患者さんがいらっしゃらないと、その予約時間がすっぽり空いてしまいます。
前もってご連絡頂けるとキャンセル待ちの患者さんに連絡することもできるのですが、予約時間になってもお見えにならないので連絡してみると「あっ、忘れてました・・・」だと、ちょっと困ってしまいます。

ただ、今日の場合は前述のように診療で皆忙しくて、時間ができたらやろうと思っていた優先順位の低い仕事を片付ける格好の1時間となりました。

1時間なんて経つのは早いですね。もう次の患者さんがお見えになりました。先生でも走るという気忙しい師走、これからの1か月なんて、きっとあっという間に過ぎてしまいますよ。

今年は平成最後の年末になるのですね。
皆様、残り少ない今年の時間を有効に使うべく、計画を立てて日々を過ごしましょうね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

東山魁夷展

今週の月曜日は、今日の土曜診療の振替で臨時休診日でした。
休診で皆様にはご不便をお掛けして申し訳無かったのですが、私にとっては貴重な平日のお休みでして、朝から郵便局や銀行や通院など、平日にしかできない用事を予定通りに済ませたら、夕方に少し時間ができました。
身体は疲れ気味でちょっと迷ったのですが、今日を逃すといつ行けるかわからないので、思い切って乃木坂の新美術館で開催中の東山魁夷展に行って参りました。

今回は東山魁夷 生誕110周年の展示ですが、思えば10年前に生誕百年の展示にも行った記憶があり、その時は竹橋の近代美術館でした。近代美術館は1階の天井が低いのと部屋の区切りが小さいのか、その時はすご~く混雑していて人の頭越しに絵を眺めたような記憶があるのですが、今回は新美術館で天井も高く展示もゆったりしていて、更には閉館間際で5時30分からは人が入ってこないため、好きな絵に戻ったりして、ゆっくりと眺めることができました、

その中でも圧巻は唐招提寺の襖絵の展示です。唐招提寺は現在修復中のようでして現在は一般公開されていないようですが、その貴重なものを、こんな間近で見せて頂いて良いのでしょうかと有難く、手を合わせたくなりました。

どうやらこの襖絵は今日の「美の巨人たち」で放送されるようです。
ご興味を持たれた方、明日は激混みかもしれませんが、とても見ごたえのある展示です。どうぞお見逃しなく。
次の当院の臨時休診日が11月26日なのですが、私ももう一度行こうかなと思っています。

ちなみに今でしたら新美術館の2階で東山魁夷展が、1階でボナール展を開催していますので、1日で二つの展示を見ることもできますヨ。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地