明日からお休みを頂きます。

暫くブログ更新をサボって申し訳ございません。
月末月初の事務処理で頭がバクハツし、この台風で、髪もバクハツしております菊地でございます。

さらにこの台風、今回に限ったことではないのですが、交通機関に影響がでそうな荒天の場合、当院では遠方より通院される方が多いため、患者さんのご予約の変更があったり、その場合はお近くの方でキャンセル待ちの方にご連絡をしたり、また、遠方よりご予約通りにお越しになる患者さんの場合なら、新幹線や特急がちゃんと動いてくれるかしら?と、完全予約制で患者さんをお待たせしないことをモットーとする当院の受付職としては、ハラハラ・ドキドキの数日間でして、ブログを書くココロの余裕がございませんでした。

さて、当院は明日8月10日(金)より15日(水)まで夏季休診とさせて頂きます。
当院休診中の日曜・祝日の緊急時は、お住まいの自治体に休日診療所にご相談頂けますでしょうか。

中央区の休日診療所は以下の通りです。

東京都中央区明石町12-1 中央区保健所1F
中央区休日応急歯科診療所
時間  午前9時~午後5時
Tel 03-3541-5420

台風一過で明日からまた暑さが戻りそうです。
この時期、お盆休みを取って帰省される方も多いのではないでしょうか。
皆様、熱中症対策を怠りなく、楽しい夏休みをお過ごしください。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ジャスミン・ウーロンティー

先日、海外在住での患者さんで、一時帰国で定期検診にお越しになった方がお土産にと、ジャスミン・ウーロンのティーバッグを頂戴しました。ティーバッグというと、何となく“煮出す”というイメージがあったのですが、患者さんから「冷水にポンと入れるだけだから大丈夫!」と教えて頂き、早速作ってみたら、なんとまあ上品な香りの金色の甘露な冷茶が出来上がりました。
パッケージも涼やかで、かなり高級なお茶ではないかと思われます・・・

毎日、診療が終わってから作っておいて、翌日、皆で美味しく頂いております。
このジャスミン・ウーロンティのおかげで、この酷暑もなんとなく涼やかに乗り切れそうな気がします。

問題は、ティーバッグが当院の夏休み前に無くなってしまうこと・・・
日本でも手に入らないかな~と思っています。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

隅田川花火大会は今年も・・・?

昨日、今日と少しばかり過ごしやすい日が続いています。
朝起きて、寝室の窓を開けたら、(少しばかり)涼しい風が吹き込んできて、久しぶりに朝、エアコンをつけないで出勤準備ができました。
診療でお越し頂く患者さん方も、涼しくて多少は通院がお楽そうなので、受付としては少々ほっとしています。

台風12号が日本列島に近づいているそうです。
今週末の土曜日は、私が毎年楽しみにしている隅田川の花火大会ですが、台風の進路がそれなければ、予定通りの土曜日の開催は難しいかもしれませんね。(泣)

昨年も雨でしたし、数年前には花火大会の中継が、ゲリラ豪雨で台風中継のようになってしまったこともありました。土曜日がだめでも、せめて日曜日が晴れて、順延で開催になったらいいなと願っています。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

エアコンの上手な使い方とは?

先日、羽鳥さんのモーニングショーで、就寝中のエアコンの上手な使い方について特集していました。
就寝中のエアコンは

① タイマーセットせず、ずっとつけたままにしておくこと
② 身体に直接風が当たらないようにすること

が大切だそうです。
他にもいくつか注意点がありましたが、全部は覚えきれなかったため、残りは省略させて頂きます。

私は①は実行していますが、②に関しては、室内の空気がなるべく混ざったほうがいいのかな?と思って、風向きを上下にしていたのですが、規則的に風が体に当たるとその時だけ寒いな~と思っていました。
このアドバイスを聞いてから、風の向きを床(結花ではない)とほぼ水平にして身体に風が当たらないようにしたら、風に当たって寒くなることも無く、ずっとよく眠れるようになりました。

まだ7月ですし、この長い夏を乗り切るにはただ漫然と横になるのではなく、良質な睡眠をとることが大切ですね。エアコンをつけているのに、よく眠れないな~と思っている方の参考になれば幸いです。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

東京五輪 マラソンは大丈夫?

今日は土曜診療日です。
土曜日は平日より診療開始が30分遅く、10時開始なのですが、それだけいつもより気温が高いようで、チコちゃんではありませんが、少々ボーっと出勤してきましたが、診療室に入った途端、涼しくてシャキーンとしました。

午後からの患者さんが“これはキケンな暑さですね~”と仰いながら入っていらっしゃいました。外の気温は34度越えだそうです。院内の気温は24度なので、外とは10度も差があることになります。

先日、2年後の東京五輪の競技日程の大枠が発表されましたね。
当院前の中央通りがマラソンのコースに設定されたことで、マラソンが平日だったら、患者さんがいらっしゃれるかしら?と今からハラハラしておりましたが、女子が8月2日、男子が8月9日の日程で日曜日なので、私の心配は杞憂に終わって良かったです。お仕事ではないので、当日は医局からゆっくり観戦できます。ワクワク

日程の心配は杞憂に終わりましたが、この炎天下でマラソンができるのでしょうか、それは心配です。
午前7時スタートだそうですが、アスリートファーストであれば、5時とか、6時のスタートのほうが選手の身体は楽だと思うのですが、昨今の商業オリンピックでは、放映時間などの関係で、スポンサーファーストなのでしょうか・・・

地球温暖化の影響で2年後はもっと暑くなっているかもしれません。
沿道のビルが協力して、ミストシャワーのようなものを蒔いてあげたら少しは良いでしょうか。
折角、沿道に面しているので、何かお役に立てることがあれば、是非協力させて頂きたいです。

このキケンな暑さのなか、皆様、くれぐれもお体大切に、無理をなさらず、良い週末をお過ごしください。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

日本もスペイン並みに・・・

お暑うございます。今日の東京地方の最高気温は34度で昨日より1度低いようです。
そう言われれば比較的涼しいような・・・もう34度では驚かなくなってしまいました。
まだ7月の中旬なのにこの暑さです。昨年だったら「そろそろ梅雨明けかしらね~」なんて言っている時期かもしれません。
当院がお世話になっている業者さんが岐阜県の多治見市にあるのですが、報道によれば、昨日は40度越えだったそうです。

ずっと昔、初めてスペインに行った際、到着したのは夕方だったのですが、空港の外に“42C”と“100(くらい?)Fの”数字が交互に表示される電光掲示板みたいなのがあって、時差ボケの疲れたアタマでぼーっと見ていたのですが、ん?これはひょっとして「摂氏42度 華氏100度の気温表示ではないか?」と気づき、私は今、42度の気温の世界にいるのね?と、慌ててペットボトルのお水を飲んだ記憶があります。おそらくその頃の日本では、夏でも30度までいかなかったと思います。

初めて降り立ったスペインの地は、カラっとしていて汗もかかず、それほど暑さを感じなかったため、そんなに気温が高いの?と、強烈に記憶に残っているのですが、同じ40度でも日本は湿度が高いですから、じっとり暑くてスペインよりもっと不快ですよね。

今日、定期検診にいらした患者さん、虫歯が見つかり次回から治療に入りましょうとお伝えしたのですが、8月末までは東京を離れ、エアコンも必要ない涼しい避暑地で過ごすので、治療は9月以降ということになりました。

長期で仕事も休めないし、避暑ができる別荘もない私は、エアコンと上手くお付き合いしながら、この夏を乗り切りたいと思います。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

「この歯、サイコー!」

私が書いたブログの履歴を見ていたら、最近、歯根破折の話題にかなり偏っているなと思いました。
お問い合わせも多く、私自身が経験しているため思い入れが強すぎるのかもしれませんが、院長先生はもともとインプラント専門医ですので、従来通り、インプラントの患者さんもお越し頂いております。

最近定期検診にいらしたインプラント患者さんなのですが、数年前に地方に居を移し、東京には新幹線で出張でお出でになるだけなのですが、お時間を見つけて定期的に検診にいらっしゃいます。
もともと遠方からの患者さんの通院の便を考えて院長先生は京橋に開業されたそうですが、やっぱり東京駅から徒歩圏というのは嬉しいですよね。(私達スタッフも、銀座も日本橋も丸の内も近くて、仕事帰りにエンジョイさせて頂いております。)

さてさて、この患者さん、帰りがけに
「この歯はサイコ―だよね。家を買うより良かったよ」
とおっしゃって下さったので、なんだかとても嬉しくなりました。

お陰様で私はまだインプラントのお世話になっていないため、患者さんのお言葉は実感できないのですが、ですが実際にインプラントを入れていらっしゃる患者さんがそうおっしゃるのですから、きっとそうなのでしょうね。

将来的にこの患者さんが当院までの通院が難しくなっても、その場合は世界標準のブローネマルクシステムのインプラントですから、当院からインプラントのデータをお渡しすれば、お近くの歯科医院さんに転院することも可能だと思います。現在、いろいろなインプラントシステムがあるようですが、ブローネマルクシステムでしたら、どこに行っても(海外移住でも)安心だと思います。

人生100年時代に突入した今、これからインプラント治療を検討される皆様は、その後のメンテナンスも考慮に入れてインプラントをお選びになったほうが良いかもしれませんね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

プーシキン美術館展

昨日は臨時休診でご迷惑をお掛け致しました。
私は事務処理で一人出勤していたのですが、折角の平日の休日を1日潰すのはもったいないと、急に思い立って夕方から東京都美術館で開催されているプーシキン美術館展に行って参りました。
美術館は私にとって恰好の気分転換の場所でして、上野は京橋から銀座線で15分ほどでしょうか、このように気軽に美術館に出かけられる京橋という場所はとても有り難く感じます。

さて、プーシキン美術館展ですが、終了間近のためか、夕方の4時30分というのに混雑していました。
この絵画展は主に風景画の展示でして、私は風景画にはあまり興味が無いのですが、どうしても見たい絵がありまして、これが下の写真のアンリ・ルソーの「馬を襲うジャガー」という絵です。

アンリ・ルソーという画家は「ぶらぶら美術館」では“下手上手(へたうま)”画家と呼ばれていますが、私は面白くて大好きです。うろ覚えですが、もともとは税関の官吏か何かで、正式な絵画教育は受けたことが無い素人画家だと思います。
ルソーは実際には密林に行ったことがなく(植物園には行ったことがある)本物のジャガーも見たことは無く(ジャガーの敷物は見たことがある)いろいろなことを想像で描いた絵だそうです。

馬が襲われているという想定ですが、それにしても馬には悲愴感がまるでなく、目はキョトンとしていて可愛いですし、(よく見ると、前足の角度もなんとなく変・・・)私にはジャガーが馬を襲っているのではなく、馬がジャガーの敷物をくわえているように見えてしまいます・・・

この絵に興味が湧いて実物を見たいと思われた方、今度の日曜日までの開催ですので、お急ぎくださいませ。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

寝不足からの解放・・・

今日は日本中で寝不足でお疲れの方が多いのではないでしょうか。
私もその一人でして、サッカーワールドカップの日本・ベルギー戦を断続的に観戦していて、それも惜しいところで残念な結果になったため、精神的な疲労が大きいような気がします・・・

日本チームのプレーがもうあの熱狂の舞台で見られないことは本当に残念ですが、これで寝不足の日々から解放されることが唯一の救いでしょうか。(できれば寝不足の日々を続けたかったですが・・・)

明日は土曜診療の振替で当院は臨時休診とさせて頂きます。
ゆっくり休めるかなと思ったら、月末月初の事務処理が終わらず、菊地は休日出勤となったのであります。(泣)院長先生も東京歯科大学での講義のお仕事があり、お休みではないそうです。

皆様には臨時休診でご迷惑をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

間に合わないっ!

関東地方は例年にない早さで6月中に梅雨明けしてしまいました。
先週、「暑いですね~。もう梅雨明けでしょうか?」とお天気音痴の私は、暑い中お越し頂いている数人の患者さんに質問してみたところ、皆さん、首をひねって、「いえ、まだでしょう。梅雨明けは7月下旬ですよ」と仰るので、成程なるほどと思っていたのですが、今年は想定外でしたね。

梅雨の時期、待合室には紫陽花を飾るのですが、この紫陽花がなかなか人気でして、いつも梅雨明けギリギリまで飾っています。ただ、今回は週末に梅雨明けしてしまったので、お花と絵の入替が間に合わず、今朝、早めに来て、慌てて真夏バージョンの絵とひまわりと入れ替えた次第です。


週末、自宅近くの草むらからは、これまた昆虫音痴の私は何の虫だかわかりませんが、秋の虫みたいな音色が聞こえてきて、虫さんも季節がなんだかわからなくて、混乱しているのかなと思いました。

こんなに暑くなっても私の天敵であるセミさんもまだ鳴いていませんよね。セミさんもこんなに早く暑くなるなんて思わないから、まだ土の中で、ひぇ~、夏に間に合わない!と焦っているかもしれません。

それにしても今年の夏は長い夏になりそうです。
皆様、どうぞご自愛くださいませ。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地