「インプラント専門医なのに歯根破折保存治療をするのですか?」

「先生はインプラント専門医なのに、どうしてすぐに抜歯してインプラント治療を勧めずに、歯根破折保存治療をなさるのですか?」
当院のホームページをご覧頂き、歯根破折保存治療を希望されてお見えになった患者さんから時々頂くご質問です。
「かかりつけの歯科医師から、歯が割れているからこれはもう抜歯してインプラントしかない!と言われて・・・」と、皆さん異口同音に、驚くほど同じことをおっしゃいます。

患者さんのなかには、出来れば残したいけれど、やはり抜歯しか方法がないなら、インプラントしかないかしら?と、(半分、歯を残すことを諦めて)、インプラント治療で検索されて、当院にお越しになる方もおられます。
確かに私はインプラント専門医ではありますが、残せる可能性がある場合、まず歯を残す治療からお勧めしています。ですので、てっきりインプラントを勧められると思ったのに、「歯を残しましょう」と私に言われて、患者さんは拍子抜けのような感じになるのかもしれません。

患者さんが疑問を持たれるのは、「インプラント専門医」という名称が一般的には、わかりにくいのかもしれません。
「インプラント専門医」というのはインプラント治療に関する十分な技術と知識を有しているという日本口腔インプラント学会から頂くお墨付きであって、ひとつの資格に過ぎず、インプラント治療だけを専門に行う医師であるという意味ではありません。
たとえて言えば、「外科医なのに、なぜ、手術ではなく、投薬で治療するの?」というようなご質問なのだと思います。外科医であっても、身体にダメージが大きい外科処置を行う前に、投薬で治療できる可能性があるなら、まずは身体に優しい投薬による治療を判断するのではないでしょうか。

私がインプラント治療の前に第一の選択肢として歯の保存をお勧めする理由、それは至ってシンプルで、私が「天然歯(ご自身の歯)に勝るものはない」と思っているからです。
確かにインプラント治療は失った歯を補うためには素晴らしい治療法で、専門医になって良かったと思っています。インプラントを応用することで患者さんの噛む機能が大きく改善されたり、隣り合った歯を削らずに済む場合も多くあります。

しかし私はインプラント専門医である前に、失われた歯を修復する補綴専門医であり、さらにそれ以前に歯を守ることを専門とする歯科医師です。口腔機能の保全に努めるプロフェッショナルとして、従前の観念では抜歯しか方法が無かった歯根破折ですが、歯を残せる可能性があるのなら、まずは歯根破折保存治療という選択肢があることを患者さんには説明させて頂いております。もちろん、以前のコラムで書いた通り、説明の結果、インプラントを選択される患者さんもいらっしゃいますが、最終的な決断は患者さんご本人にお任せしています。

インプラント治療に比較すれば、歯根破折保存植法はまだ歴史が浅く、当院でもまだ5年超の経過観察記録しかございません。ただ、この治療を受けられた患者さんには、出来るだけ長く、その歯を使って頂きたい、これが私の目指すものであり、歯科衛生士によるメンテナンスも含め、当クリニックのスタッフ全員がこの目標に向かって日々、努力してくれています。

インプラントは最後の手段と考えいただいて宜しいのではないでしょうか。

“磨いている”と、“磨けている”は違います。

こんにちは、歯科衛生士の青山です。
先日の定期検診時、歯周病の検査をしていた際に、こんな事がありました。

この方はお久しぶりの来院だったのですが、検査結果が前回より悪化しており、磨けていない箇所を鏡で見て頂きました、患者さんは「ちゃんと毎日磨いているのになぁ・・・」と呟いておられました。

残念ならが、“磨いている”と、“磨けている”は違います。
虫歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)は、力いっぱい磨いたり、長く時間をかけて磨いただけでは完全に除去できません。自分のお口の中に合った歯ブラシを使い、ブラッシング効果を引き出す磨き方をすることが大切です。
糖尿病は糖尿病の、心臓病には心臓病の治療方法があるように、歯ブラシも虫歯や歯周病の状態に合わせたものを選ぶ事が大切だと思います。

「歯医者さんで売っている歯ブラシと、市販の歯ブラシは何処が違うの?」とよくご質問を頂きます。
市販の歯ブラシは、ある程度、どなたでも使えるように作られているのに対し、歯科医院専売品では、メーカーが長年の研究を活かし、ブラシの持ちやすさだったり、力の入れ加減を調節しやすかったり、その方の歯並びに合わせたりと、様々なタイプの歯ブラシがあります。

歯科衛生士が実際に患者さんの口腔内を拝見し、効果的な磨き方をアドバイスできることや、お口の状態や治療目的に合わせて選んだり、色々な歯ブラシを使い分けができる事が特徴です。特に歯間ブラシはサイズが微妙なので、実際に口腔内を拝見し、最適のサイズを選べることは、メリットが大きいと思います。

歯ブラシ・歯間ブラシ選びや歯の磨き方でお悩みの方、是非、私達歯科衛生士にご相談下さい。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

喫煙席がなくなる?

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。

6月27日のニュースで東京都独自の受動喫煙防止条令案が可決されたと知りました。
内容は従業員雇う飲食店で原則禁煙という国会で審議中の健康増進法改正案よりも厳しい規正だそうで、東京五輪・パラリンピック直前の2020年4月に全面施行するそうです。

喫煙者にとっては辛いお知らせになったと思いますが、禁煙やお体の事を改めて考えていただくきっかけになれば良いなぁ、というのが歯科衛生士としての私の本音です。

タバコの煙の成分であるニコチンは脳内ではドーパミンを放出して快感を生みます。
しかし体内のニコチンは30分もすると切れるので、すぐにまた喫いたくなるという依存状態になりやすく、繰り返しの摂取により有害成分や発ガン物質が体中の細胞を傷つけ、循環器、呼吸器がん、生殖系への障害をもたらすそうです。

口腔内への影響ですが、歯肉の着色は受動喫煙でも見られます。
ニコチンやタールなどの有害物質から歯肉を守るためメラニン色素をつくり歯肉が黒ずむ原因となるのです。

また、喫煙は歯の着色沈着や、歯周病における大きなリスクファクターとなります。
ニコチンの血管収縮作用により炎症がわかりにくく、一見歯肉は引き締まって見え、歯周炎の特徴である歯肉からの出血も少ないので、罹患している事に気づいていない方も多いです。
歯周治療後の歯肉の変化が出にくく、予後も良くないので、結果として歯を失うリスクが高まります。
悲しいですね・・・

最近よく目にする新型タバコの加熱式の電子タバコですが、紙巻きの物に比べて健康被害が10分の1程度と言われており、タールがほとんど出ないのが特徴です。
このタールには有害作用を示す一方で、抗炎症作用があるので、紙巻きタバコから電子タバコに変えて、歯が痛む様になった方がいらっしゃるそうです。もともと、歯周病がある方で、隠れていた症状が表面化したのではないかと考えられています。

嗜好品ですし、体に悪いのはわかって吸っているよ!と喫煙者の方はお思いになると思いますが、
皆さまに長く健康で居て欲しいという思いから禁煙をおすすめしています。

タバコは吸わないよ~という方も、受動喫煙でも口腔内に影響がある事を知っていただけたら嬉しいです。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

「この歯、サイコー!」

私が書いたブログの履歴を見ていたら、最近、歯根破折の話題にかなり偏っているなと思いました。
お問い合わせも多く、私自身が経験しているため思い入れが強すぎるのかもしれませんが、院長先生はもともとインプラント専門医ですので、従来通り、インプラントの患者さんもお越し頂いております。

最近定期検診にいらしたインプラント患者さんなのですが、数年前に地方に居を移し、東京には新幹線で出張でお出でになるだけなのですが、お時間を見つけて定期的に検診にいらっしゃいます。
もともと遠方からの患者さんの通院の便を考えて院長先生は京橋に開業されたそうですが、やっぱり東京駅から徒歩圏というのは嬉しいですよね。(私達スタッフも、銀座も日本橋も丸の内も近くて、仕事帰りにエンジョイさせて頂いております。)

さてさて、この患者さん、帰りがけに
「この歯はサイコ―だよね。家を買うより良かったよ」
とおっしゃって下さったので、なんだかとても嬉しくなりました。

お陰様で私はまだインプラントのお世話になっていないため、患者さんのお言葉は実感できないのですが、ですが実際にインプラントを入れていらっしゃる患者さんがそうおっしゃるのですから、きっとそうなのでしょうね。

将来的にこの患者さんが当院までの通院が難しくなっても、その場合は世界標準のブローネマルクシステムのインプラントですから、当院からインプラントのデータをお渡しすれば、お近くの歯科医院さんに転院することも可能だと思います。現在、いろいろなインプラントシステムがあるようですが、ブローネマルクシステムでしたら、どこに行っても(海外移住でも)安心だと思います。

人生100年時代に突入した今、これからインプラント治療を検討される皆様は、その後のメンテナンスも考慮に入れてインプラントをお選びになったほうが良いかもしれませんね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

あれ?歯が欠けた?

歯科衛生士の兒嶋です。
先日、お久しぶりの患者さんから「前歯が欠けた!」とご連絡をいただきました。
急遽ご来院いただき拝見したところ、欠けたのは歯ではなく、歯石でした。
この方の最終来院は4年前なのですが、それから歯科医院にはずっと行っておらず、当院でクリーニングして以来、4年間分の歯石がびっしりと歯に付着し、その一部が欠けて患者さんは歯が欠けたと思われたのでしょう。

当院の歯科衛生士便りをお読み頂いている皆様は既にご存知かと思いますが、歯石とはプラーク(歯垢)が唾液の成分により石灰化したものです。
石のように硬く、歯と似た白黄色をしていて、歯と見間違える方も多いです。

歯石は細菌の温床となり、その結果、歯肉からの出血や不快な口臭の原因となります。
歯石になる前の歯垢(プラーク)の段階でしたらご自身のブラッシングで落とせるのですが、歯石になってしまうと、歯ブラシで落とすことはできないため、歯科医院でのクリーニングが必要となります。

歯石をそのまま放置してしまうと、層状にどんどん大きくなり歯を覆ってしまい、元々の歯の形がわからなくなってしまいます。歯石を除去してやっと歯の形がわかる方もいらっしゃいますが、そのような大量の歯石を除去するには時間もかかりますし、患者さんご自身にもお痛みがあると思います。歯石を溜めても何も良いことがないのです。

驚くべきは、42時間というわずかな時間で歯垢(プラーク)は歯石へと変化してしまう点です。
「私は毎日、ブラッシングしているから大丈夫」と思っていても、お口の中全部はご自身では直視できないため、磨き残しがある箇所には、徐々に歯石が沈着してきます。
是非4~6ヶ月に一度は定期検診とクリーニングで拝見させて下さいね。

吉田デンタルクリニック 
歯科衛生士 児嶋

なぜ、ヒトは歯磨きするの?

唐突ですが、皆さん、NHKで放映中の「チコちゃんに叱られる」という番組をご存知でしょうか?
自称5歳のおかっぱ頭の女の子、チコちゃんの鋭い質問に大人たちが翻弄され、正解できないと「ボーっと生きてんじゃねぇーよ!」と真っ赤な顔で鼻息荒いチコちゃんに叱られてしまいます。
ちなみにチコちゃんはとても表情豊かなのですが、お顔はCGだと思われます。

私はこのチコちゃんの「ボーっと生きてんじゃねぇーよ!」というキメぜリフ(まるで水戸黄門の「この印籠が目に入らぬか~」のようです)が大好きで、毎回録画して繰り返し見ているのですが、前回、「なぜ、ヒトは歯を磨くのか?」という歯科医療従事者には非常に興味深いお話を5歳のチコちゃんに教えてもらいました。(これより先は全て番組からの受け売りでございます)

確かに動物だって食事はするのに、歯磨きをする動物はいませんよね。動物園でたまにカバさんが歯磨きをしていますが、それは人間が磨いてあげていますものね。
動物と人間、その違いは何か・・・正解は「料理をするから」だったのでした。

なぜ、料理をすると歯を磨かねばならないか?なのですが、
① 調理して柔らかくなった食物を摂取するため、噛みごたえが少なく唾液が出にくい
② 調理して小さく刻むことにより、小さくなった食物が食べかすとなる
③ 調理の際、砂糖等の調味料を使用する

だそうです。な~るほど。
ただ、人間は一旦美味しい料理を食べてしまうと、いくら噛みごたえがあって、食事と同時に歯を磨いているようなものだからと言っても、今さら、動物のように生肉や生魚をバリバリと食するわけにもいかないので、解決策として、キシリトール入りのガムなどを噛むと、唾液も出て、虫歯予防になると解説の馬見塚先生はおっしゃっておられました。

そのほかにも戌年の「戌」の意味は?や、植物の葉っぱはどうして緑色?など、もし私がゲストだったら間違いなく「ボーっと生きてんじゃねぇーよ!」と叱られる面白い内容でした。

チコちゃんにご興味が湧いた方、是非、一度、番組をご覧になってみてくださいな。
「ボーっと生きてんじゃねぇーよ!」って誰かに言ってみたくなりますヨ。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

歯の衛生週間(習慣???)

こんにちは。歯科衛生士の青山です。
6月に入り、6/4~6/10まで歯の衛生週間が始まります。
6月4日は6(む)と4(し)との語呂合わせで「虫歯予防の日」とされています。

今年の標語は、「伸ばそうよ 健康寿命 歯磨きで」 だそうです。
日本人男性の平均寿命は78歳、女性は85歳と、世界一の長寿大国ですが、残念ながら80歳で歯が20本以上残っている人の割合は4割弱にとどまっています。

歯の寿命はおおよそ50~60歳代で、高齢になるに従い、歯を失う方が多いのが現状です。
一般的に老齢化に伴い、歯が自然に失われていくと思われている方が多いのですが、そうではありません。年をとると自然に歯が抜けていくということはないのです。

歯を失う原因は様々ですが、その3大要因は次の通りです。

虫歯が進行してしまい、治療が困難な場合。
歯周病で歯を支えている歯槽骨がなくなることにより、歯がグラグラ動き、保存困難な場合。
③ 歯の根が折れたり、割れてしまう歯根破折。歯根破折の原因として以下のような事が考えられます。
• 虫歯治療を繰り返すことにより、歯質が少なくなった。
• 神経を取ってある歯には栄養が行かず、枯れ木のような状態になり、折れやすい。
• 神経を取ってある歯に金属の土台が入っていると金属より柔らかい歯質の一部にひずみが集中する。
• 歯の質が弱い方、噛む力が強い方。

当院では歯根破折の治療を積極的に行っており、他院で抜かなくてはならないと診断された歯でも、保存可能な場合があります。

美味しい物を食べるには、良く噛める歯が無くてはなりません。
そして美味しく食事が食べられる=健康でいられるのです。
また、良く噛む事により、認知症の予防につながると言われております。

80歳まで歯を残すには日頃のブラッシング、定期検診を受ける事が必要になってきます。
せっかくの歯の衛生週間、この機会にご自身の歯の衛生状態を意識することを習慣づけてみませんか?(週間と習慣をかけてみました・・・)

私達、歯科衛生士がお手伝いさせて頂きます。お歳を召されても健康で美味しくお食事を召し上がれるように、皆さんの口腔内の状況にもよりますが、少なくとも半年に一度はプロによる定期検診を受けることをお勧めします。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

やや!こんなところにデコポンが・・・

前回のブログで私がかんきつ類好きであることをお伝えしたのですが、特にデコポンが好きです。
外皮は手でむけるし、中の皮もやわらかくてムッキーちゃん要らず、美味しいのはもちろんですが、デコポンという名前も、デベソのような形も可愛くて気に入っています。そろそろデコポンの季節も終わりで寂しいです。

さて先日、私は朝食時にデコポンを美味しく頂き、その後、歯磨きタイムとなりました。

通常、私の朝晩の歯磨きは
1) テペのノバで、全体と歯が倒れている箇所などの大まかな汚れを取り
2) テペのタフトブラシで奥歯の裏側や全ての歯の歯茎の境目をなぞるように汚れを取り
3) テペの歯間ブラシで歯間の汚れを取り
4) ルシェロのフロスで歯間ブラシが入らない、歯と歯が接触している箇所の汚れをこすって落とす

と、この4段階で終了するのですが、なんと、4番目のフロスを使用していたところ、最後の最後に右上奥の6番と7番の間から、デコポンの薄い皮が引っかかって取れてきました!
以前、3)の段階でキウイの種が押し出されたことはあったのですが、最後の4番目になってこんな大きな食べかすが出てきたのは初めてでびっくりしました。

可愛い顔をしてデコポンは侮れませんね!・・・というのがこの長いブログの主旨ではなく、お伝えしたいことは、歯ブラシだけでは落せる汚れには限りがあるということです。
3)の歯間ブラシの段階で終わっていたら、デコポンの皮はずっと私のお口に中に留まり、細菌のカタマリとなったかもしれません。

以前の青山さんのブログにもありましたが、4種類の歯磨きグッズを使用するなんてそんな時間が無い!と思われる方も多いと思いますが、慣れてしまうと苦にはならず、逆にやらないと気持ち悪く感じます。朝は忙しいので全行程で5分くらい、夜はテレビを見ながらもう少し時間をかける場合もあります。以前、時間短縮のために電動ブラシを使用した時期もあるのですが、前歯の着色が気になり手磨きに戻しました。時間と手間をかけてあげると、やはり歯の表面はツルツルして気持ちが良いです。

思えばお口とは、食べ物が身体へ入っていく最初の場所です。
歯も大切な身体の一部。是非、清潔に保ちたいですね!

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

歯科医師人生における4人の師 ②

前回に引き続き私のメンターと言える4人の先生のうち、残りのお2人について紹介させて頂きます。私が歯科医院を開業してからお世話になったカリフォルニア在住のTeru Harada(てる はらだ)先生と、眞坂歯科医院の眞坂信夫(まさか のぶお)先生です。

まずHarada先生についてです。
私がまだ開業して間もないころ、カリフォルニア州パロアルトで開業されている同先生によるドーソン咬合(噛み合わせ)理論の講習会の案内が歯科雑誌に掲載されていました。咬合が極めて大切である歯科補綴(しかほてつ)学の講座に在籍していたにもかかわらず、確固たる咬合理論を身につけていないことがずっと気になっていた私は、思い切って数日間休診し、この講習会に参加しました。

日本語と英語が混じる奇妙なレクチャーでしたが、その内容に感銘を受け、その後も5回、先生の講習会に通いました。その後、Harada先生が来日してレクチャーをするようになったため、日本でのコース開催に携わるようになりました。
下の画像は2005年に当院で行われた講習会のものです。

Harada先生からご教示頂いた咬合理論は現在の私の治療の根幹となっています。
この咬合理論の習得無くしては自信を持って治療を行えなかっただろうと思うと、思い切ってパロアルトに行って良かったなとつくづく思います。Harada先生は数年前にリタイアされ、お目にかかる機会もなくなりましたが、私の好きなワインの産地ナパ・バレーにも近い先生のお宅をまた訪ねてみたいと思っています。

最後は破折歯保存治療についてご教示頂いた眞坂信夫(まさか のぶお)先生です。
東京歯科大学の大先輩ですので、以前からお名前は存じあげておりましたが、6年ほど前、大学の同窓会主催の講習会で歯根破折の治療についてお話を伺う機会を得ました。

学生時代、大学では破折した歯の治療方法は抜歯と教えられてきましたので(現在も同じだと思います)歯根破折症例に対しては、私もそれまでは教科書通りに何の迷いも無く抜歯を行って参りました。

歯根が割れた歯を残すことができるなんて、まさか(眞坂)ね・・・」と、最初は半信半疑だったのですが、先生のお話が進むにつれ、治療の理論背景がしっかりしており、長期の経過症例を見せていただいたことにより、頭の中に一筋の光が走ったような衝撃を感じました。

その後、眞坂先生が個人的に講習会を開催していることを知り、すぐに参加いたしました。以来、この治療法を自分の臨床に導入し、多くの患者さんの歯を保存することができました。

私の専門は失われた歯をインプラントブリッジ・義歯などで補うこと=補綴(ほてつ)ですが、歯を失わずに済めば、患者さんにとってはその方が遙かに望ましいことだと思います。
実は、私自身の歯にも信頼できる先生に本法で加療していただき、1本保存することができました。自分自身で受けているのでよく分かるのですが、歯を抜かずに残せたときの喜びは非常に大きいものです。受付で涙を流される患者さんもおられます。

このような治療法を開発され、ご自身の専売特許とするのではなく、後輩の歯科医に教えて下さった眞坂先生には本当に感謝しております。私より17年先輩ですが、非常にお若く、自ら講習会や勉強会を開催され、またWEB会議を取り入れるなど、新しいことにもどんどん挑戦されているお姿には感動させられます。

ここまでに紹介させていただいた4人の先生方、いずれが欠けても、歯科医師としての現在の私はありませんでした。このような先生方に出会う機会を与えて下さった神様に感謝せずにいられません。

4人の先生方から教えて頂いたことは、私もいずれ、後輩達に引き継いでいきたいと考えております。

虫歯予防効果がアップしました。

歯科衛生士の青山です。
今回はフッ素入り歯磨き剤のお話をさせて頂きます。

以前から何度かこの衛生士便りで取り上げているフッ素入り歯磨き剤の大人用チェックアップですが、昨年リニューアルし、薬用成分のフッ化ナトリウムの含有量が従来の950ppから1450ppm と大幅にアップしました。フッ素が歯の再石灰化を促進して、脱灰を抑制することにより、虫歯を予防し、進行を抑制してくれます。
フッ素濃度はアップしましたが、価格は従来品と殆ど変らないので、虫歯が心配な方には是非お勧めしたい歯磨き剤です。

フッ素効果をより効果的にするためには少量の水で一回程度ゆすぐ程度で、歯磨き剤をお口の中に残していただいたほうが、フッ素が歯全体にゆきわたり、浸透していくのですが、さっぱりゆすがないと気持ちが悪い方もおられるので、歯磨き際のほかにフッ素洗口剤も取扱っています。
特に虫歯になりやすい方にはダブルでご使用いただくと非常に効果的です。

ただしフッ化ナトリウム高濃度配合品(1450ppm)は、6歳未満のお子さんへのご使用はお控え下さい。
子供用の歯磨き剤ややジェルタイプのもの、乳幼児期でも安心して使えるフッ素濃度の低めのものなど様々な種類があります。

当院はオフィス街という場所がら、お子さんの患者さんが殆どいらっしゃらないため、残念ながら子供向け製品の取り扱いはございませんが、ご相談いただければ説明させていただきます。
定期検診の際など、遠慮なく私達歯科衛生士にお尋ね下さい。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山