歯と口の健康週間が始まります。

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。

早いもので、5月も終わりに近づいてきました。
6月といえば歯科では、6(む)4(し)の語呂合わせで以前よりお口の中の情報を発信してきました。

現在では6月4日〜10日の期間を歯と口の健康週間として設定し、より多くの皆様に興味を持っていただけるよう毎年テーマを決め、新聞やテレビCM等でもお知らせをしています。

2019年度のテーマは 〝いつまでも 続くけんこう 歯の力 ″です。

良いテーマですね、決して楽しくはない虫歯や歯周病の治療を受けたり、予防の為にクリーニングや検診を受けるのも、健康でいたいからではないでしょうか?

残念ながら、人間の歯の永久歯は、一度失うと再度萌出する事はありません。
歯を健康に保つには、ホームケア(ご自身でのケアー)がとても重要となり、お手入れ次第では寿命が長くも短くもなってしまうのです。

夜のブラッシングにお時間はとれていますか?
就寝中には唾液の分泌量が減るため、口腔内が悪化するリスクがとても高いです。
その代わりに、就寝前のケアは1番効果が出やすいので、タフトブラシ・歯間ブラシ・デンタルフロス等も併用をお勧めします。

この歯と口の健康週間をきっかけに、是非ご自身の身体と向き合い大切にしてあげて下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

あっ、やっぱりテぺだ!

先日のスウェーデン流歯磨きのブログで書き忘れたことが一つあります。
スウェーデンの歯科医院での診療風景も映ったのですが、じーっと目を凝らしてみると、衛生士さんが使用している歯ブラシはやっぱりテペなのでした。なんだか嬉しい♪

テペは本国スウェーデンでは歯科医院か、薬局でしか手に入らないそうですヨ。
私は特にテペのマワシモノというわけではないですが、私達スタッフもテペを使ってみて本当に良い製品だと思うので、皆さんも一度ためしてみませんか?
テペの良さに「ガッテン!」するかもです。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

スウェーデン流歯磨きとは?

先日のNHKの「ためしてガッテン」のお題がスウェーデン流の歯磨きでして、皆で録画して見てみました。スウェーデンは予防歯科の先進国でありますが、当院では院長先生がインプラントでスウェーデンに留学していたり、予防グッズもスウェーデンのテペ社の製品をお勧めしているので、スウェーデン流の歯磨きとは何ぞや?と、とても興味がありました。
ただ、その内容は特に目新しいものではなく、既に当院では患者さんにお伝えしていることなのですが、改めておさらいしてみますと、虫歯予防にフッ素を活用しましょうとのことでした。

まとめてみますと
① 歯磨き後は水でゆすがない、ゆすいでもごく少量の水(当院では15ml程を推奨しています)
② 歯磨き剤はフッ素入りのものを2cm程度使用する(この2センチルールは私は初耳でございました
③ 歯磨き後は最低2時間は飲食をしない(フッ素をお口の中に残し、歯に浸透させましょう)

だそうです。
先生か衛生士さんがこのブログを書いてくれるともう少し内容の濃いものになったと思うのですが、診療があまりに忙しく書く時間が取れないため、パソコンの前に座っている私が書くことになりました。どうぞご容赦下さいませ。

もっと詳しくお知りになりたい方は、先生の診療時か、定期検診の際に衛生士さんにご質問ください。ワタクシでわかる範囲でしたら、受付でお答えさせて頂きまする。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ブラキシズムとTCH

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
4月14日の日曜日、いつも材料や機材でお世話になっているK.O.デンタルのフェアーへ、
先輩歯科衛生士の青山さんと一緒に行って来ました。

会場の東京ビッグサイトのホール内では各メーカーからブース出展があり、様々な機材を試す事ができます。また、各種セミナーも用意され、私達歯科従事者にはとてもワクワクし、勉強になる催し事なんですよ。

当院では歯根破折のご相談をされる方が多いので、日々の診療で感じていましたが、
私の受講したセミナーでも、講師の先生が、近年歯根破折が増えていると仰っていました。

皆様の健康観やデンタルIQが向上し、虫歯や歯周病に患う歯が減少してきました。
その一方、かみしめ・くいしばりが原因の一つとなる、歯根破折や知覚過敏の症状がお口の中のトラブルとして増加しているのです。

この、かみしめ・食いしばりはブラキシズムと呼ばれ、3種類に分類されます。

1.グラウンディング
上下の歯をグリグリと擦り合わせる運動です。
睡眠時に多く、ギリギリと音を立てます。
皆さんが想像する歯ぎしりはこちらが主です。

2.クレンチング
上下の歯を強くかみしめる運動。
日中におきている状態で多くみられ、無意識に発現。
自覚、他覚症状がないため、こちらからお伝えするまで、気付いていない方が多いです。

3.タッピング
上下の歯をカチカチとかみあわせる運動。
こちらも起きている時にも起こります。

また、通常上下の歯は接触せずに、数ミリほど空いているのが正常な状態ですが、常に接触した状態が続き、歯や歯周組織に負担をかける事があります。
これをTCH(Tooth Contacting Habitの頭文字、上下歯列を無意識にくっつけている癖の事)と呼びます。
1日に上下の歯が接触して良い時間は約20分といわれています。
これは食事の時間も含めてです。短いと思いませんか?
今、上下の歯が接触している方、すぐに離して下さいね。

ブラキシズムやTCHは歯の破折や知覚過敏のリスクを高めます。他にも歯周病の進行、虫歯でもないのに詰め物が外れる、顎関節症等様々なトラブルを起こす要因になります。

当院では歯根破折保存治療やかみ合わせの治療、ナイトガードの作製を行なっております。
ご興味がありましたら、お気軽にお声かけ下さい。

歯科衛生士 児嶋

「あ、それは噛まないでください」

最近忙しくてブログをサボっている私ですが、特に歯根破折についてのブログが減っているなぁと感じています。何故かというと、歯根破折の治療が日々行われるようになり、特筆すべきことが減ってきたように思うのですが、今日は久しぶりにブログに書いて、是非、皆さんにお伝えしたい!と思うことがありました。

本日、破折治療を行った歯に被せ物をして、治療が終了した患者さんのお話です。
破折治療が終了する際、院長先生は必ず患者さんに「一度修復した歯なので、もうあまり硬いものは噛まないでください」と注意を促すのですが、患者さんは何が硬いか、よくわからないものなんですね。

以下、患者さんと院長先生の会話です。

患者さん「肉はいいですか?」
院長先生「肉は大丈夫です」(でもお肉によっては硬いのもありますよね・・・と菊地は思いました。)
患者さん「クルミはどうですか?」
院長先生「カラですか?(院長先生は冗談のつもり)
患者さん「そうです」(真顔で)
院長先生 「あ、それは噛まないでください」
患者さん「あ、そうですか・・・」

アシストについていた歯科衛生士の兒嶋さんもその会話にびっくりしたようですが、クルミの殻って、クルミ割りの器具があるほど固いものですよね。(クラシックバレーのクルミ割り人形ってくるみを割るための人形のことですものね。)

そんなに硬いものかじったら、健康な歯だって割れてしまうかもしれません。院長先生によると、奥歯でそんなに硬いものを噛んだら、関節も壊れるとおっしゃっていました。

私達は仕事柄、どれくらい硬いものを噛んだら歯に良くないか、何となくわかっているのですが、患者さんはやっぱりご存知無いのですね。

最近、先生が院長のコラムで書いておられますが、人生100年時代、永久歯は生え変わらないので、今ある歯をずっと使っていかねばならないのです。
皆様、硬いものをかじって歯を酷使すると、歯が割れちゃいますよ、

柔らかいものばかりじゃ食事はつまらないけれど、この歯をずーっと使って行かねばならないんだ、ということをちょこっとアタマの片隅に置いて頂き、歯をいたわっていただけると、私達はとても嬉しいです。♪

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

この歯と100年生きていく

リンダ・グラットン 著「ライフ・シフト」という本に記されているように、これからの若い人は人生が100年になっていくようです。

戦国時代の武将、織田信長の言葉に「人間50年」という文言があります。
本来は平均寿命のことを指しているのではありませんが、1600年代の人たちに較べ、2000年代の人は倍も生きていくことになりました。従いまして、臓器を含めた体もこれまでの2倍、使っていくことが要求されます。歯に関しても同じです。

「8020(ハチマルニマル)運動」というものをご存知でしょうか。
満80歳で20本以上の歯を残そうとするのが主目的で、運動が開始された1989年の達成率は15%程度でしたが、近年では50%に達したとされています。
現在、日本には100歳以上の方がおよそ7万人いらっしゃるようです。この方々に何本の歯が残っているかは不明ですが、「10020(ヒャクマルニマル)」の達成率はかなり低いものと思われます。歯には定年制度というものがないので、これまで以上に長く働くことが要求される歯も大変なことです。

では100歳まで長く歯を残していくにはどうしたらよいのでしょうか。

月並みなお答えになりますが、毎日の正しいセルフケアと、定期的なプロフェッショナルケアが大切です。定期的に歯科医院に通うことにより、歯周病や虫歯になってしまった場合でも、早期発見が可能ですし、ご自身の歯に対する意識の高まりが期待されます。

歯を失う理由としては ①歯周病、②虫歯、③歯根破折の順となっています。
当院では虫歯のチェックには目視に加えレーザーを使用しており、客観的な数値で患者さんに虫歯の状況をお伝えするのですが、「まだ痛くないから・・・」と、治療されない患者さんもいらっしゃいます。
ただ、痛みが出たら神経まで感染が及んでいる可能性が高く、神経を取る治療が必要になります。神経を取ることにより歯根破折を起こしやすくなり、歯の喪失への大きな前進です。

また、虫歯は一旦治療すれば、もう虫歯にならないとお考えの方もおられるのですが、それは大きな誤解です。修復物と歯の隙間から虫歯菌が侵入し、二次虫歯になる可能性は充分にあります。この二次虫歯になる時期をいかに先延ばしにするか?が、歯を長く残すためには、とても重要なのです。

二次虫歯を防ぐためには、詰め物・被せ物の精密な型採りを行い、丁寧な修復治療をしてもらうことに尽きますが、当然、時間と費用がかかります。しかしここで投資しておかないと、その先の治療には更に多くの時間と費用が要求され、それが受け容れられない場合には歯の喪失に向かってまっしぐらでで、とても100年は使えません。

如何にきちんとした治療を受け、再治療を先延ばししていくか?が長く使えるかどうかのポイントになります。

私はこの点をコンサルテーション時に患者さんに力説しているのですが、「前歯は綺麗なのがいいので白いセラミックにするが♪、奥歯は見えないから(精度の低い)銀歯で大丈夫♪」という方が多いのが現実です。これでは「奥歯は早く失っても構わない。」と仰っているのと同義です。
私の説明が不十分なのかもしれませんが、一度抜けたら二度と生えてこないご自分の歯を、どれだけ長く使う必要があるのか?という自覚が、残念ながらあまり認識されていないことを痛感します。

歯が無くなってしまえば、入れ歯やインプラントで修復可能ですが、入れ歯はその使い勝手からQOL(生活の質)が下がることが懸念されます。またインプラント治療は外科手術を伴いますので、誰でも簡単に受けられる治療ではありません。
また、受けられたとしても、高額な費用とエネルギーが要求されます。(抜歯を宣告されたが、抜歯したくないとお考えの方は、歯根破折保存ページを参考になさってください。)

皆さん、頑張ってご自分の歯を100年使いましょう。しかし、かく申す私も昨年、1本の歯を失ってしまいました。残った27本をあと40年使っていかなければ!です。

オーラルフレイルの予防について

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
2015年6月に日本歯科医師会より、オーラルフレイルの予防というスローガンが発信されました。
まだまだご存知でない方も多いと思いますので、今回のコラムで紹介させていただきます。

オーラル=お口の中
フレイル=虚弱
簡単に言うと、オーラルフレイルとは、口の働きの衰えで、身体の衰え(フレイル)の一つと考えられます。

1989年に始まった8020運動は皆さんご存知かと思います。
この8020運動の、ご自身の歯の数を維持する事に加えて、口の働きの衰えを軽視しない事が大切だという考え、つまりオーラルフレイルを予防する。
これにより、快適な食事や、口元の容姿への自信、楽しい会話ができ、
健康寿命を延ばす事へ繋がります。

具体的な症状は、食べこぼし、噛めない食品が増える、むせる、うまく飲み込めない、口の中が乾燥する等、些細な事から始まります。

食べにくい物が増えると食欲や食事量の低下が起き、口を動かす機会が減ると口元がスムーズに動きにくくなりますので、会話や外出が億劫になりますよね。症状が進むと、閉じこもり、うつや認知機能の低下等につながります。

しかし、オーラルフレイルは早めに気付き適切な対応をとる事で健康な状態に戻る事ができます。
逆に放置してしまうと老化も加わり、身体の衰え(フレイル)が進んでいきます。

適切な対応とは、虫歯や歯周病に罹った際や、歯を失った際に、治療を受ける事や、定期検診にてかかりつけの歯科医師のチェックを受ける事です。

オーラルフレイルは先程書いたように、些細な症状のため、ご自身で気が付きにくいのが特徴です。
最近お口の中が乾燥する、話がしにくい、食事が摂りにくい等、お気付きの点がありましたら、
お気軽にご相談下さいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

参考文献 デンタルハイジーン vo.38、39
日本歯科医師会HP オーラルフレイル

エルメスとインプラントに共通するもの

今年も残すところあと1日となりました。
診療は27日で終了しているのですが、診療が終わってやっとコラムを書く時間ができました。
大した文章ではないのですが、今年最後の私のコラムにお付き合いください。

少し前のことになりますが、私が所属するClub22 というインプラントに関する勉強会が開催する12月の特別講演の講師として齋藤峰明氏をお招きしました。

齋藤氏はエルメス本社の副社長を務められた方で、現在はシーナリーインターナショナルの代表に就任されていらっしゃいます。氏は高校卒業後、渡仏しソルボンヌ大学を卒業、三越、エルメスと勤務された経歴の持ち主です。

今回の講演では氏の高校時代から渡仏後、三越勤務時代、エルメス勤務時代の事、またエルメスの理念や他の有名ブランドとの違いについて2時間30分をかけてお話しいただきました。

エルメスは1837年にパリで馬具工房としてスタートしましたが、自動車時代の到来を予見し、カバン等の皮革製品の製作へと軸足を移して成功したとのことでした。その製品作りにかける精神はインプラント治療にも通ずるものがあり、会員一同、大変勉強になりました。

例えば、カバンの革を縫い合わせている糸が1本切れても裏側からも同様に縫ってあるため、糸がほつれてカバンの革がめくれたり、剥がれたりすることは無いのだそうです。ですから、すぐに修理しなくとも、旅行中あるいは外出中に実用上、問題が生じないわけです。

インプラント治療でも同様です。普段は問題がなく、気づくことがなくとも、そういった配慮が為されているインプラント治療であれば、何かトラブルが生じても、大きな問題を起こすことなく、長期間、対処していく事が可能です。

私も治療にあたり、「痛くない」、「早い」といった患者さんわかりやすい処置だけでなく、目立たなくとも、常日頃心がけている確実な処置がやはり大切なのだと再認識させられました。患者さんには「何でこんなに時間がかかるの?」とお叱りを受けることもありますが、(歯科職人としては)ここは譲れないところです。

年末に思いがけず、良いお話を伺うことができました。

歯ブラシ類の使う順番を決めていますか?

こんにちは、歯科衛生士の児嶋です。
12月もあっという間に半分が過ぎ、年末に向けて慌ただしくなってきました。
年末といえば大掃除ですね!!

お口の中のブラッシングも、寒くなってきてバスタイムが長くなり、湯船につかりながらゆっくりとブラッシングに時間を取れるようになったと仰る方も増えています。この時期、いつもより意識して磨いていただけたら嬉しいです。

先日、定期検診の際、患者さんから
「歯ブラシや歯間ブラシ色々使うけど、使う順番ってありますか?」
とのご質問がありました。
歯科の専門家としては当たり前に知っていることなのですが、患者さんにはわからないんだな~と目からウロコの質問でした。
正解から言うと順番がありますので、一緒に考えてみて下さいね。
エントリーは以下の5つです

マウスウォッシュ・デンタルフロス ・歯ブラシ・歯間ブラシ・タフトブラシ

歯科衛生士としましては、

歯ブラシ → タフトブラシ → 歯間ブラシ → デンタルフロス → マウスウォッシュ

の順番をお勧めします。

大きい汚れから取っていくと効率がよいので、清掃具も大きい物から使います。
マウスウォッシュは殺菌成分やフッ素が含まれている物もありますので、お口の中に汚れが残っていると効果が半減してしまいます。汚れを取って、最後に使用すると有効に使用できますので、参考になさってください。

お家の大掃除もまずは、ほこりや大きい汚れを取った後に、細かいところお掃除していきますよね。お口の中も同じです。今年の汚れは今年のうちに、効率的にお掃除致しましょう!

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 児嶋

「根管治療と歯根破折保存治療は違うのですか?」

「根管治療と歯根破折保存治療は違うのですか?」
先日、当院の患者さんから頂いた質問です。

「根管治療」(こんかんちりょう)は「歯内療法」(しないりょうほう)とも言いますが、歯の内部の神経が通っている根管というスペースを綺麗にしていく治療です。

このスペースに細菌感染が起こると歯の根の先端部分に病巣(骨が溶け膿が溜まった状態)が生じます。やがて膿は骨の中を進み、歯肉にニキビのような膿の出口が発現する場合もあります。通常、歯科医院で行われている、いわゆる根の治療がこの根管治療で、ほとんどの歯科医師が行っています。もちろんこの治療を専門に行う専門医もいます。

ただ、歯根が割れて分離したり、ヒビが入ってしまうと、この根管治療で治すことは不可能であり、治療の選択肢としては抜歯となります。

しかしながら現在では、出来るだけご自身の歯を残したい患者さんの希望に沿うよう、歯を抜かずに治す治療法が開発されてきました。これが歯根破折保存治療、あるいは歯根破折歯の治療と呼ばれているものです。この治療法を取り入れている医院は現在のところ限られておりますが、当院では6年ほど前から行っております。

この治療法には大きく分けて2種類があります。
ひとつは根管内部を拡大鏡あるいは顕微鏡で見て、ヒビの入っている部分を修復したり、あるいは歯肉を開いて骨面を露出させ、そこから歯根面のヒビを修復していく口腔内接着法です。
もうひとつの方法は歯を一度抜き、口腔外で修復し、すぐに元に戻す再植法です。どちらを行うかは口腔内の状況と術者の考え方によると思います。
当院では後者を選択する場合が多くなっています。その理由はいくつかありますが、まず、口腔外で処置を行うため、破折箇所を観察しながら、汚染部や虫歯に侵されている部分を十分に取り除くことが可能です。また、乾燥状態で処置できるため、接着が良好です。さらに、一旦、抜歯しますので、抜歯窩(歯根があった部分に相当する骨の陥没部分)に残っている悪い組織を徹底的に除去することができます。
特に破折の程度がヒビではなく、完全に分離している場合には再植法でないと対応できません。再度、歯が生着しない可能性もありますが、これまでのところほとんどありません。
ただ、一度生着したものの、その後の経過が思わしくない場合もあり、当院での成功率は概ね90%です。

最初の質問に戻りますが、歯根が破折しておらず、単に根管が感染している場合に行う治療が根管治療、歯根が破折して感染している場合に行う治療が歯根破折保存治療ということになります。