精密な歯の型採りのために 歯肉の二重圧排とは?

皆様、歯の修復物(被せものや詰めもの)の命は何だと思われますか?
見た目の美しさ(審美性)?きちんと噛めること?壊れないこと?外れないこと?もちろん全て重要ですし、これらの要素は患者さんご自身で容易に判断頂けるポイントです。

しかしながら、私たち歯科医師が最も重要視するのは、歯と修復物の境目の適合性(=修復物と歯との境目がいかに隙間無く、ぴったりと合っているか?)です。
なぜこれが重要かというと、この適合性が、二次カリエス(虫歯)を防ぐための鍵となるからです。

二次カリエスとは、一旦治療した歯と修復物の間にできる虫歯のことで、適合性に劣る修復物を装着した場合、歯と修復物との隙間から二次的な虫歯が生じやすくなります。また、前回のコラムでお話したように、神経を抜いた歯であれば、痛みも出ず、気が付いたときには虫歯がかなり進行し、最悪、抜歯になる可能性もあるのです。

では「いかに優れた適合性を追求するか?」なのですが、それは「できるだけ精密な歯の型採りをする」の一言に尽きます。

以前、当院サイトをご覧になっていらした患者さんのオールセラミックの修復物の型を採っていた際のことです。この患者さんは以前、歯科医院を設備の充実度で選んで苦い経験をされたそうで、それ以来、歯科医院選びに特に慎重になったそうなのですが、その患者さんがおっしゃるには、

「先生はちょっとコワイけど、信頼できますね。だって二重圧排をしてくれますものね。」

「ちょっとコワイけど」はさておき(笑)、患者さんの口から「二重圧排」という言葉が出たことに、私はのけぞって驚きました。

歯肉圧排(しにくあっぱり)とは、歯冠修復物(歯全体を覆う被せ物)の型採りの際、歯と歯肉の境を明確にするために歯周ポケットに特殊な糸を入れる処置のことです。地味な作業なのですが、ここが一番重要なポイントであり、歯科医師の熱意であり、こだわりであり、そして腕の見せ所です。

この圧排を行うことにより、修復物と歯茎の境目が明確になり、歯科医師は精密な型採りができ、よって歯科技工士は精密な修復物を作製することができます。

当院では太さの異なる2本の糸を使用し、この歯肉圧排を2回繰り返します。(=二重圧排)



(画像は3M歯科用製品サイトより引用)

この二重圧排には時間と手間を要するため、患者さんには治療時間が長くてご迷惑をお掛けすることもあろうかと思います。ですが、この作業により精密な型採りができ、結果として長期間使える修復物が出来上がるので、「吉田は何をやっているのだろう?そろそろ口が疲れたな」と思っても、どうかご容赦頂きたいと思います。
圧排という言葉は知っていても、実際には見たことがないという歯科医療従事者もいる中で、インターネットの普及により、患者さんがこのような細かい作業までご理解くださり、歯科治療に強い関心を持って下さることに、驚きとともに喜びも湧いてきました。

歯科医師、特に補綴の専門医はこだわりのある職人のようなものだと思います。
患者さんご自身にはわからなくとも、自分自身で納得のいく仕事をしたいと常日頃思っているのですが、このような地味で細かい努力を評価して下さる患者さんが存在することに感謝し、これからも、これまでどおり、地道な努力を続けて参ります。

義歯の限界―インプラントへどこで踏み切るか?

義歯の限界―インプラントへどこで踏み切るか?

当院に長く通われている、今年90歳になる女性の患者さんのお話です。
それまでお使いだった総義歯の不具合を訴えていらしたのは1999年で、その後16年間のうちに私が数回、義歯を作製しました。新しい義歯が入った当初はよく噛めていたものの、数年すると合わなくなり、ここ数年は調整を行ってもなかなか以前のように噛むことができなくなってきました。
患者さんは新しい義歯を作れば良くなるのではとお考えなのですが、歯科医師としては、この状況が劇的に改善するとは考えにくく、残念ながらこれが義歯の限界なのです。

つまり長期にわたって義歯を使用することにより、顎の骨が徐々に少なくなり、顎堤(歯が生えていたところの歯肉の盛り上がり)が下がって平らになってきますので、義歯の、特に水平方向での安定性が損なわれ、義歯が動きやすく、外れやすいものになってしまうのです。

義歯の限界―インプラントへどこで踏み切るか?

総義歯に代わる補綴(ほてつ)治療の選択肢として、インプラント治療があります。
インプラントは外科処置を伴いますので基本的にこちらからお勧めすることはないのですが、この患者さんの場合、総義歯ではすでに限界であり、インプラントにすれば、はるかに噛めるようになることがわかっているので、お話ししてみました。

噛めるということについて、総義歯と比較してインプラントの優位性についてのエピソードです。
私はインプラント専門医・指導医ではありますが、それ以前に補綴専門医・指導医であり、大学では学生には総義歯の作製を指導している身です。私が自身の勉強のため、参加させて頂いたセミナーの講師で、総義歯治療で高名な先生ですら、現在では総義歯の難症例ではインプラントの応用を推奨されておられました。

現に、総義歯治療が得意であった父の歯科医院の患者さんで、義歯がどうしても合わず当院でインプラントにしたところ、劇的に噛めるようになった方がいらっしゃいます。
元々、インプラントは下顎に1本も歯のない方のために開発されたものですが、私の母も総義歯からインプラントに替えたことで、人生が変わったと申しておりました。

私のこれまでの経験から申し上げると、インプラント治療を受けて、最もその効果を実感できるのは、それまで総義歯をお使いだった方です。
前述の患者さんに戻りますが、「インプラントは恐いから」とずっと拒否されていたのですが、ここ数年はいよいよ噛めなくなり、こんなことならもっと早くにインプラントにしておけばよかったと後悔されているようです。ただ、90歳の今からインプラントにするかどうか、全身状態も鑑み、年齢によるリスクを考えると、患者さんもご家族も歯科医師も安易には手術に踏み切れない状況です。

またご家族によれば、この患者さんは昨年から認知症の症状が出始めているとのことでした。認知症発症の原因のひとつとして、十分に噛めなくなったことで歯根の周囲にある歯根膜や咀嚼筋(顎を閉じるための筋肉)から脳への刺激がなくなり、それが認知機能の衰えを招くという研究結果も出ています。

インプラントが日本に導入される以前は、全ての歯を失った場合の治療法は総義歯のみでした。
現在のように平均寿命が90歳近くなると、もし50代から総義歯になってしまうと、前述の患者さんのように30年以上義歯を使い続けることになります。
その間、徐々に顎の骨を失い、義歯が使いづらくなって食事を楽しめなくなり、脳に刺激が伝わらないことで認知機能に障害が出てくる可能性を考慮すると、生涯、義歯で不自由なくものが噛めてQOL(生活の質)を保つことには限界があるように思えます。

だからと言って歯を失ったらすぐにインプラントをお勧めするわけではありませんが、外科処置を伴うインプラント治療では、全身疾患の状況を考慮する必要があり、あまりお歳を召してからだと手術が困難になる場合もあります。

以前のコラムで取り上げた記事に「歯を失うと家計まで苦しい」というのがありました。
昨今の状況では、「歯を失うと認知症のリスクが高まる」というのが事実かもしれません。
自分の歯であれ、人工の歯であれ、十分に噛めることが、いろいろな意味で健康的な長寿社会を楽しむための鍵になるのではないかと思いますが、いかがでしょうか。