歯の神経を抜く(抜髄)ということ

特に私の専門とする領域であることから、患者さんの歯の不具合を生じた古い修復物を外し、新しいものにやり直す補綴(ほてつ)治療を毎日のように行っています。

事前に患者さんにご説明する治療計画としては、以下のような流れとなります。
① 問題のある古い修復物を除去する
② 歯が見える状況になってから虫歯等を取り除く
③ 健康な歯質を出した状況で新しい被せ物を作製する

ただ実際に処置に入り、ふたを開けてみると(古い修復物をはずしてみると)、被せ物の下の歯はもうボロボロで、虫歯を取り除いていったら歯が無くなってしまうような状況で、結果として歯を残せないことも珍しくありません。

そういう歯は決まって神経を取り除いてある歯です。

歯の神経を専門用語で歯髄(しずい)と言いますが、この歯髄は歯根の先端に開いている穴を通し、顎の骨から神経と血管が入り込んで成り立っているもので、感覚と栄養供給を司っています。

この歯髄を取り除いてある歯は痛みが出ないため、虫歯になっても気がつかず、また、血液が通わないため、歯が脆くなってしまいます。木が立ち枯れているようなものです。枯れ木は、見た目は木の形はしていますが、枝を折ったらポキっと簡単に折れてしまいすよね。神経を抜いた歯とは、歯の形はしていても、枯れ木同様に脆い状態で、硬いものを噛んだりすると、歯根破折を起こす可能性が高くなります。

先日、歯根破折歯保存治療で通われている患者さんが、帰り際に受付で
「神経を抜いた段階で、歯は余生に入るんですね。」
としみじみとおっしゃったそうですが、歯根破折を経験された患者さんの、的を得たお言葉だと思います。
歯根が破折してしまう歯の殆どは失活歯(歯髄の無い歯)ですし、ごく稀に生活歯(歯髄の残っている歯)が破折する場合もあるのですが、失活歯に比べ、総じて治療後の経過も良好です。

最近では神経を残すことの重要性を理解されている患者さんが増えてきて、歯科医師としては非常に喜ばしい事だと思っております。
生活歯が虫歯になってしまった場合、虫歯を削っていったら思ったより深く、歯髄が露出する場合もあるのですが、私は患者さんに状況を説明し、歯髄を保護しながら、なるべく神経を抜かずに保存することをお勧めしています。神経を残して処置を進め、万一、後で具合が悪くなっても、それから神経を取り除けば済むことです。

神経を残す努力をすることにより、結果的に治療回数が増える可能性はあるのですが、長い人生を共に歩む歯です。なるべく「歯が余生に入る時期を先送りする」ことが、QOL(生活の質)を考えた場合、メリットが大きいと思うのですが、如何でしょうか。

清涼飲料水に含まれる糖分のお話

こんにちは歯科衛生士の青山です。
8月に入り、いよいよ夏本番となりましたが、暑い日が続くと、冷たい清涼飲料水、スポーツドリンク、アイスクリームからはたまたかき氷まで、ついつい手が伸びてしまいます。

そしてそして、それらには(おそらく皆さんが想像している以上に)多量の砂糖が含まれている事をご存知ですか?
WHO(世界保健機構)では、砂糖などの糖類の1日当たりの摂取量を全カロリーの5%未満に抑えるのが望ましいと指針を発表しております。5%と言うと1日当たり約25g(小さじ約6杯分)に相当します。

砂糖入りの飲料には1缶当たり約45gの砂糖が含まれていて1本のジュースを飲むだけで25gを超えてしまう事になってしまいます!!!

砂糖の量を調べる計算式というものがあるのですが、

内容量➗単位量✖︎単位量当たりの炭水化物の量=全体砂糖の量

上記はどんな飲物でも共通の計算方法です。

糖分の過剰摂取は肥満・糖尿病などの生活習慣病、老化の促進など、万病の元と言われていますが、歯科の分野でも、1日10%以上の砂糖を摂取する事で虫歯になる確率が飛躍的に上がると言われています。

そうは言ってもこう暑くては、脱水症状になっても大変ですし、全く飲まないわけにもいきませんよね。糖分が含まれる飲料を飲んだら歯磨きをしていただくのが理想的ですが、それが難しい場合は、ちょっと水で口をゆすいでいただくだけでも効果があります。

虫歯予防の為にも糖分の過剰摂取には十分に注意して下さいね。
ちなみに、以前の歯科衛生士のコラムで渡辺さんが飴に含まれる糖分について書いています。
こちらも参考になさってくださいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

dreamstimefree_154982

「虫歯になりにくい上手なご飯やおやつの食べ方」とは?

こんにちは 歯科衛生士の青山です。
先日、子育て中のママ友から「虫歯になりにくい上手なご飯やおやつの食べ方」について質問を受けました。
このママ友のお子さん、学校で歯科検診を受けるたびに「虫歯があります、治療して下さい。」と紙を毎回貰って帰ってくるそうです。定期的に歯科検診にも通い、歯ブラシ指導も受けているのに「なんでうちの子はこんなに虫歯になるのかしら?」と母親としては心配になりますよね。良くわかります。
このような質問を受け、今回は虫歯とおやつの食べ方の関係性をお話しします。

みなさんはPHというものをご存知ですか?酸性、中性、アルカリ性と分けられるものです。
お口の中は普段は中性という状態です。
それがご飯を食べたりおやつを食べたりジュースを飲んだりすると、お口の中の細菌が、食べ物から得られる糖分と反応し、酸を出します。これにより歯が酸に覆われ、お口の中が酸性の状態に変わってしまいます。この酸性の状態になると、目では見えないですが歯の表面が溶けだし、虫歯になりやすい状態になってしまいます。専門的には「脱灰」(だっかい)といいます。

しばらくすると唾液の作用により酸性から中性に戻りますが、これには大体30分位かかると言われています。ですから、ご飯やおやつやジュースをダラダラ食べたり飲んだりしていると、中性に戻れずに、ずっと酸性の状態が続くので虫歯になりやすくなるのです。

虫歯にならないためには、ダラダラ食いをせず、決まった時間にご飯やおやつを食べることにより、虫歯になる脱灰の時間を減らすことが重要です、
そしてもちろん食べた後は、きちんと歯磨きをしましょうね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

127-01-014

127-01-014

「金」と「銀」では大違い

「金」と「銀」では大違い

いよいよソチで冬季オリンピックが開幕しました。
選手にとってメダルに手が届くか否か、また獲れたとしても金と銀では大違いです。
けれども歯科治療の場合、金と銀では1位・2位という順位以上に大きな差があります。
少し長くなりますがお付き合い下さい。

先日、定期検診にお越しになった患者さんのお話です。虫歯ができてしまい、歯を削って詰め物をすることになりました。治療には健康保険の範囲内と自費治療の選択肢があること、それぞれの治療法や材質の違いを説明し、次回のご予約時までにお決めいただくようにお願いしました。
それでご予約のお電話で患者さんがおっしゃったのが、
「今回は金歯ではなくて銀歯にします。」でした。

もちろん患者さんの選択された治療法を尊重しますが、何となくその言葉に違和感を覚えふと頭に浮かんだのが、「ひょっとして患者さんは、単に詰め物の材質の違い(金と銀)、これが自費と保険の治療の差だと考えているのでは?」という疑問でした。
当方の説明不足かもしれませんが、もしそうなら同様に考える方が他にいらっしゃるかもしれないので、改めて健康保険の治療と自費治療の違いをおさらいしてみたいと思います。

院長コラム19

歯科治療には大きく分けて健康保険の範囲で行う保険治療(現在の患者負担は治療費の1割・もしくは3割)と、全額ご自身でご負担いただく自費治療とに分かれます。
保険治療では、治療費は全国一律で国により定められており、沖縄でも東京でも北海道でも同一です。また国家試験を受かったばかりの1年目の歯科医師でも、私の父のように50年以上の経験のある歯科医師でも治療費は同一です。

大正時代に制定されたわが国の健康保険は、誰でも一定の医療が受けられる優れた皆保険制度ではありますが、命に係る医科では治療費が高く設定される一方、医科ほど緊急性が高くない歯科では、当面、歯が残って噛むことが出来ればよいわけで、見た目の美しさ(審美性)や、長持ちする精密な治療は残念ながらあまり考慮されておりません。

健康保険の基本的な概念が制定後90年以上を経た現在でも変らないなか、日本国民の寿命は大幅に伸び、生活の質が重要視されるようになった結果、“とりあえず”ではなく、“質が高く長持ちする”歯科治療が要望され、その結果、生まれたのが健康保険制度に縛られない自費治療です。

さて、歯の詰め物の話に戻りますが、保険治療では前述のように治療費が決まっていますから、使用できる材質はおのずと限られ、当院では金とパラジウムの合金を使用しています。いわゆる銀歯です。純粋な銀も使用できますが、変色し、質に劣るため当院では扱っておりません。

一方、自費治療では材質は自由に選択することが可能です。審美性を重要視する場合、歯と同じ色の白い詰め物でもいくつか種類がありますし、とにかく虫歯になりたくないことを最優先し、目立たない部位なら18金、もしくは20金の金合金を使うこともできます。また金色はいやだからとプラチナ合金を希望される方もおられます。この場合、見た目はいわゆる銀歯ですが、健康保険の銀歯とは全く異なります。ちょっとややこしいですね。

では次にもう一つの大きな相違点である、「適合性」についてお話しします。

虫歯には、全く治療を受けていない歯が虫歯になる一次虫歯と、一度治療した歯が再度、虫歯になる二次虫歯とがあり、圧倒的に後者による原因が多くなっています。二次虫歯は詰め物と自分の歯との隙間に発生するため、これを避けるためにはなるべく隙間が出来ない精密な型採りをし、模型にピッタリ適合する詰め物を作製する必要があります。
そのために歯の型採りの際に使う材料も保険と自費では異なります。さらに、当院では詰め物を作る技工士も健康保険とは異なる技術の高い技工所にお願いしています。当然、技工料はかかります。

ここまでを要約すると、保険治療と自費治療の違いを挙げると、

  • 1:治療の精密さ(歯科技工の精密さを含む)
  • 2:材質

この2つになります。患者さんが最も気にされる材質は、専門家の目からすると、実は2番目なのです。

歯科治療に対する当院の基本的な考えは
「精密でやり直しの無い治療を行い、その後、定期的なメンテナンスを受けていただき、長期間、口腔内を良好な状態に保つ」
ということです。

ただ、患者さんの価値観は様々で、説明を聞いて、歯のことだけを考えれば自費治療を受けたいが、諸事情で今回はとりあえず保険治療で、ということもあるでしょう。
保険治療は当面のコストが低いという良さはあります。ただ、二次虫歯になりやすいため再治療を繰り返すことで費用がかかり、さらに深刻なのは、治療の繰り返しによりだんだんと歯が無くなり、最後には抜歯となって、ブリッジ・インプラント・義歯などで失った歯を補う治療にまた費用がかかってしまいます。
また、違いはよくわからないが、とりあえず保険でと希望される患者さんもおられます。このような場合、敢えて自費治療の説明はしないのですが、治療を終わって違いを聞かれて、だったら自費にしたのに、とおっしゃる方もたまにおられますが、残念ながら後の祭りです。

今回のコラムは長くなりましたが、お伝えしたかったのは、保険治療と自費治療の違いは金・銀という色だけではないということなのです。
これからの皆様の歯科治療の治療法の選択の参考になれば幸いです。

長期的な視点に立った歯科治療

長期的な視点に立った歯科治療

原発ゼロに向けて、民主党政権が右往左往しています。
世論を受け、ゼロを目指すと言ったその翌日には経済界や他国の意向で、やっぱりゼロは取り消すと言ってみたり、誠にお粗末な有様です。

その点で比較されるのが、原発ゼロを推し進めるドイツのメルケル首相です。
この決定を行うに当たり、ドイツでは原子力の専門家を含まない社会学者・哲学者・倫理学者などが最終的な判断を下したそうです。その理由は「倫理は科学技術に勝る。」
短期的には支障もあるが、長い目で国の将来を考えた場合、廃止が望ましいという結論に達したのでしょう。
ドイツは長期的な視点でモノを考えている。
日本はとりあえずの目先の利益を優先し本質的な問題解決を先送りしている・・・

「問題解決の先送り」、これは歯科治療にも当てはまることです。
先日の患者さんは、詰め物が取れて来院されたのですが、取れた原因は詰め物の下の二次カリエス(虫歯)。治療の必要性を説明させていただいても、とりあえずそのままつけて欲しいというご希望です。痛みがないから治療したくないとのことですが、神経の残っている歯であれば、やがて痛みを生じ、神経を取らざるを得なくなり、歯が脆くなっていきます。神経を取ってある歯の場合はもっとやっかいで、末期症状になるまで痛みが出ないこともあります。痛みがないから大丈夫ということは決してないのです。
虫歯の状態でそのまま詰め物をしたら、虫歯はその下で着々と進行し、詰め物はいずれ確実に取れます。その時には、もしかしたら抜歯を免れない状況になってしまっているかもしれません。

長期的な視点に立った歯科治療「歯の1本くらい無くなっても・・。」と思われるかもしれませんが、口腔というものは1本1本の歯がそれぞれの機能を果たし、それが集まって歯列となり、初めて咀嚼(そしゃく=噛み砕くこと)や発音器官としての機能を発揮しています。歯が1本無くなれば、噛む能力が低下するのみならず、前後の歯が倒れてきたり、噛み合せる歯が下がってきたりして歯列全体の噛み合わせが悪くなります。その結果、顎関節症や肩こり・頭痛など、全身に不定愁訴をきたすこともあります。

「歯科治療がどうも苦手」、「忙しくて通院の時間が取れない」など、患者さんにもいろいろご事情があることは充分理解できます。しかしながら、ご自分の体の「問題解決の先送り」をしていると、どこかの段階で思いもかけなかった大きな問題になってご自分に跳ね返り、「あぁ、もっと早く治療をして入ればよかった・・・。」と思うことになるかもしれません。特に虫歯は内科疾患と違い、自助努力による生活改善や、免疫力での自然治癒はあり得ません。この長寿社会を健やかに乗り切るためには、歯科に限らず、長期的な視点に立ち、なるべくやり直しのない治療を受けて頂くことが、真のご自身の幸福につながるのではないでしょうか。