唾液の働きとは?

今回は唾液の働きについてのお話です。
普段皆さんは唾液についてどのくらい意識したことがありますか?
おそらく唾液が出るということがあまりに普通のことで、意識することは少ないことと思います。

唾液は正常な状態では1日に1~1.5リットル程分泌されます。
ではこの唾液、どのような働きをしているのでしょうか?
じつはいろいろな役割があることが分かっています。

消化作用や洗浄作用については、消化を助けたり、歯の表面などについた食べカスを洗い流すなど比較的わかりやすいと思います。そのほかにも次のような働きがあります。

① 抗菌作用
お口を通して外から入ってくる多くの細菌に対して細菌が体の中に入り込まないように生体を守る働き、またお口の中の細菌がバランスよく保てるように管理もしています。

② 緩衝(かんしょう)作用
虫歯菌が歯の表面に生息し、そこの付着物を取り込んで代謝すると乳酸を排出します。乳酸は酸性です。この作用で歯が溶け虫歯になります。この乳酸により酸性に傾いたお口のpHを中性に戻す作用が緩衝作用です。緩衝作用が強ければ虫歯に強い環境を作り出してくれます。

③ 再石灰化作用
虫歯は自然に治ることはありませんが、虫歯に至る一歩手前の状態があります。その時唾液の中のカルシウムやリン酸といった成分が元の状態に戻そうとしてくれる作用があります。これが再石灰化作用です。

④ 保護作用
お口の中は、軟組織といわれる舌や頬、唇といった軟らかい部分と歯という硬組織いわれる硬い部分が共存しています。話をする、食べるといった動きの時、それらを滑らかにする潤滑作用があり、擦れて傷がつくことを防いでくれています。

⑤ 味覚
舌には味蕾(みらい)という味を感じる細胞がありますが、唾液で食べ物が分解され、それが味蕾細胞に多くの成分が浸透して味を感じることができます。

皆さん、どうでしょうか?唾液にはこのようにたくさんの働きがあります。
このようなことから唾液が減ると、むし歯が増加したり、歯周病が悪化したりすることが想像できますね。唾液は健康を守るためにとても重要な働きを担ってくれているのです。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 小野

Healthier homemade grilled burger with carrots and plenty vegetables

歯磨きしないとどうなるの?

歯科衛生士の青山です。
今回は歯磨きをしないとどうなるの?という素朴な疑問についてのお話です。

歯磨きしないとどうなるか?
皆さんも容易に想像頂けると思うのですが、まず口臭が発生します。
その臭いの原因は、口腔内のプラーク(歯垢)なのですが、このプラークを放置すると、虫歯や歯周病の発症につながります。
簡単に言うと、“歯磨きをしない=虫歯や歯周病になる”ということです。

歯磨きの目的は、諸悪の根源であるプラークを取り除く事です。プラークというと、食べかすの塊と思っていらっしゃる方も多いのですが、口の中で繁殖した細菌がネバネバした物質と一緒になった細菌の塊です。1グラムの中に1億個以上の細菌がいると言われています。

歯磨きをしないまま蓄積されたプラークは、唾液中のカルシウムと反応し、石灰化されて硬い歯石に変わっていき、これが歯周病の原因となります。歯周病が進行すると、歯ぐきが腫れて、膿が出るようになり、支えている骨も溶かしてしまい、やがて歯が抜け落ちるようになります。

また、体の抵抗力が落ちたときなど、プラーク中の歯周病菌が血液を通じて身体の中に流れて、心臓病、 糖尿病、嚥下性肺炎などのリスクが高まります。
また、プラークが付着している時間が長くなれば長くなるほど歯のカルシウムが奪われて表面が侵され、ついには穴があいて虫歯の進行が進んでいきます。

いろいろと恐ろしいことを書いてしまいましたが、ご心配には及びません。なぜなら、歯石の前段階のプラークの状態であれば、ご自身の歯磨きで取り除く事ができるからです!

以前の歯科衛生士便りでもお話しましたが、歯ブラシだけで落とせるプラークは約60%、これにデンタルフロスや歯間ブラシを併用することで約80%にアップ、そして残りの20%のプラーク除去は、私達、歯科衛生士の出番となります。

もし皆様が将来、虫歯や歯周病で辛い思いをしたくなければ、まずはご自身で毎日の歯磨き習慣を身に着け、歯、ひいては身体全体の健康を守っていきましょう。
磨いたつもりでも残念ながら磨けていないということにならないように、歯ブラシの選び方や、正しいブラッシング方法については私達がお手伝いさせて頂きます。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

歯の基本構造について

こんにちは 歯科衛生士の高橋です。
前回のコラム「歯って何本あるの?」の中で8020運動の達成率について書かせて頂きましたが、では実際に70歳の日本人で何本の歯が残っていると思いますか?

実は平均で15本しか残っていないと言われています。大まかに言って、半分の歯が失われているということになります。悲しい現実ですね。いざ、気づいた時にはすでにもう歯が残せない••そんなことにならないためにも、今回は歯の基本構造についてお話させていただきます。

通常、歯は下の図のような構造をしています。歯肉から上の目に見える部分を「歯冠(しかん)」と言い、身体のどの部分よりも固い「エナメル質」に覆われています。目に見えない「歯根(しこん)」の部分の表面は「セメント質」に覆われ、「歯根膜(しこんまく)」という繊維性の組織によって顎の骨とつながっています。
エナメル質、セメント質のそれぞれ内側には歯の本体である「象牙質(ぞうげしつ)」があります。

この象牙質はエナメル質に比べて非常に柔らかい組織です。そのため、虫歯が象牙質に達してしまうと進行がはやまります。
象牙質の中には「歯髄(しずい)」と呼ばれる歯の神経が入っています。歯髄のなかには神経だけでなく血管などもあり、歯に栄養を送る働きをしています。その他にも虫歯の細菌が歯の内部に侵入しようとするのを防御しようとする働きもあります。そして神経は歯の根の先端で外部と交通しています。

歯は「歯槽骨(しそうこつ)」という顎の骨に植わっているのですが、直接、顎の骨とくっついているのではなく、先ほど説明した歯根膜を介在してくっついています。この構造は関節によく似ています。
以上が歯の構造についてのお話です。
なんとなく皆さまが歯の構造をイメージしていただけると嬉しいです。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 高橋

歯って何本あるの?

こんにちは、歯科衛生士の高橋です。
これまで私達歯科衛生士がその時々に思いつくままにコラムを書かせて頂いたのですが、今月から、基礎的な歯の知識や、皆さんが頂いた素朴な疑問をすくいあげ、不定期ですが、予防歯科をテーマにコラムを連載していきたいと思います。

今回は歯の本数についてお話しします。
突然ですが、皆さんはご自身の歯が何本あるかご存知ですか?
まず乳歯が20本生え揃い、成長に伴い徐々に生え替わり、永久歯28本の歯列が完成します。
親知らずを入れると32本になります。

皆さんはご自分の永久歯が生えてきた頃を覚えていますか?
そしてまた、どの歯が一番早く生えてきたと思いますか?
一番早く生えてきたのは前から数えて6番目の歯です。
この歯は第一大臼歯と言い、非常に大切な歯です。別の言い方で6才臼歯とも言います。その名の通り6才頃に生えてきます。
ご自身の年齢マイナス6をすると、この歯との付き合ってきた年数になります。
そう考えると、結構長くお世話になっている歯ですね。

日本歯科医師会では8020運動を推進していますが、80歳になっても20本以上歯を残せれば、食生活にほぼ満足できると言われています。高齢になっても自分の歯で自分の口から食事ができることが健康につながります。

厚生労働省発表による平成23年11月に実施した歯科疾患実態調査では、8020達成者は38.3% で、3人に1人以上の方が達成しています。
平成17年の調査では24.1%で4人に人弱でしたので、歯科のメンテナンスの必要性が浸透し、歯を残せる人が増加する良い傾向にあると思います。
この調査は6年毎なので、次回の調査は今年となります。

ところで私自身の話で恐縮ですが、私の歯は27本しかありません。一本足りないのです。
下の前歯が先天性欠如で生えてこなかったのでした。
歯科衛生士の専門学校生の頃、先輩の歯石除去の実習で、その被験者になっている時に先輩に指摘され、初めて足りないことを知りました。
小児歯科学会の調査では10人に1人の割合で先天性欠如が確認されています。

もし皆さんがご自身の歯の数を御存じないなら、健診のときにお尋ね下さい。
そして、80才までに20本以上の歯を残せるよう、私達歯科衛生士がお手伝いさせて頂きます。
一緒に頑張りましょう。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 高橋

歯磨きは実はインフルエンザ予防にも効果的です。

歯科衛生士の青山です。
2月に入り、厳しい寒さが続いています、この時期、インフルエンザも大流行で、子供達が通っている学校でも学級閉鎖が起きています。

インフルエンザの予防としては、まず、「手洗い」と「うがい」が一般的ですが、実は「歯磨き」もインフルエンザ予防には効果的なのです!

インフルエンザはご存じのように、ウィルス感染によって起こります。
口腔内には、もともとタンパク質の膜のようなものがあって、ウィルスが侵入しても簡単にくっつかないような構造になっています。
なのですが、この膜はプラーク(歯垢)などから発生する酵素によって破壊されやすいため、しっかり歯磨きをしてお口の中を清潔にしておくことによって、ウィルスが入ってきても。菌が繁殖しにくい環境を保つことができます。
歯磨きを正しく行う事で、インフルエンザ発症率を10分の1に抑える事ができると言われています。

ご自身の歯磨き方法にご不安のある方、私達歯科衛生士が皆さんの口腔内に合った、正しい歯磨きのやり方をアドバイスさせて頂きますので、是非、ご相談下さい。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

恵方巻きはゆっくり食べてね

こんにちは、歯科衛生士の高橋です。
私は歯科衛生士会に所属しているので、定期的に会報が自宅に届きます。
新しい歯ブラシなど、最新の歯科情報が載っているので毎回楽しみにしています。

昨日届いていた会報には、歯ブラシ以上に気になる記事がありました。
その記事の内容は、食品による窒息事故での死亡件数が、交通事故での死亡件数を超えているとのことでした。
窒息事故は、乳幼児と高齢者に多いそうです。
確かにお正月になると、お餅をのどに詰まらせ、救急車で運ばれた方の数が、良くニュースで報道されますね、それ以外にも、こんにゃくゼリーなどでものどに詰まらせたお子さんの死亡事故が起こり、メーカー側はパッケージに注意喚起文書を記載したり、ゼリーの形態を変えたりして対応していました。
それにしても交通事故に巻き込まれる確率より、窒息死する確率が高いというのはちょっと驚きではありませんか?

食品を安全に食べる為には、一口のサイズを小さくし、ゆっくり噛むこと。そしてお茶や汁物など、水分を取りながら食べることが大切です。

今日は節分ですね。
恵方巻きをガブリ!と召し上がる方も多いのではないでしょうか。
昨今は1本一万円もするようなグルメな恵方巻きも販売されているようですね。

折角の高級恵方巻き、豪快なのは良いのですが、のどに詰まらせないように、ゆっくり味わって楽しんでくださいね。
恵方巻きのお伴の水分は、お茶かあっ、ビールでも良いと思います。(私は飲めないのですが・・)

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 高橋
image

歯磨き・歯ブラシ元年

歯科衛生士の青山です
今年もどうぞ宜しくお願い致します。

今日は今年最初の土曜診療日ですが、本日、歯周病治療を終えられた患者さんのお話です。

この方は以前、オフィスが京橋にあり、ずっと定期検診で当院に通院されていたのですが、オフィスの移転で定期的な通院が難しくなり、検診の間隔が空いてしまったことで、歯周病が悪化してしまいました。それで昨年から数回に分け、土曜日に歯周病治療にお越し頂き、歯周病治療は本日で終了となり、次回は検診でお越頂くことになりました。

歯周病治療は地味な治療で、私達歯科衛生士が器具を使って歯周ポケットの深い部分を1本1本丁寧にお掃除します。歯周病治療が終了し、綺麗になっても、患者さんご自身が毎日の歯ブラシを怠っているとまた汚れが溜まり、歯周病治療を繰り返すことになってしまいます。

虫歯でしたら悪い部分を削って詰めて治療終了となるのですが、歯周病は生活習慣病ですので、治療に明確な終わりというものがありません。

この患者さんにも「今日のこの時点では歯周ポケット内は綺麗にお掃除しましたが、毎日の歯磨きを頑張っていただかないと、また逆戻りしてしまいますヨ」とお伝えしたところ、
「では今年は私の歯磨き・歯ブラシ元年ということで、歯ブラシ買って行きます」とおっしゃって歯の隙間によく届く、テぺのスプリームを購入されました。

この患者さんに限らず、ご自身の日々のブラッシングと私達歯科衛生士の定期的なクリーニングで、歯周病をコントロールし、患者さんの口腔内をできるだけ良い状態に保っていけるよう、患者さんと二人三脚で今年も頑張ります。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山

image1

歯間ブラシの交換時期について

今年も残り少なくなりました。
以前のコラムで、歯ブラシの交換時期についてお話させて頂きましたが、歯間ブラシについてもご質問を受ける事がありましたので、今回はそちらのお話をさせていただきます。

以前より通って下さる患者さんはご存じと思いますが、当院では歯ブラシ同様、歯間ブラシもスウェーデンのTePe(テペ)社の 製品をお勧めしています。

なぜテぺの歯間ブラシをお勧めするかというと、一般的な歯間ブラシの構造は、ワイヤー(針金)の上に直接、ブラシが植毛されているのですが、テぺの歯間ブラシはワイヤー部分の上に、一層プラスチックがコーテングされています。
これにより、ワイヤー(針金)が直接、歯肉や歯を傷つける心配がなく、安心して使用して頂けます。
逆に言えば、ワイヤーがむき出しの歯間ブラシをいつまでも交換せず、植毛がへたった状態で長期間使い続けていると、ワイヤー、つまり金属で歯が削れてしまうリスクがあるのです。
歯間ブラシは歯ブラシの届かない歯間のプラークを除去するには非常に有効ですが、上記については毒にも薬にもなるため、歯ブラシより頻繁に交換するべきものです。

歯ブラシは基本的には1か月ごとの交換をお勧めしていますが、歯間ブラシは1 日 1~2 回の頻度で使って頂いた場合、 10 日から2 週間の目安で交換して頂くのが良いかと思います。
ただワイヤー部分が折れてしまったり、毛先がショボショボしまったら、清掃効果がなくなってしまうので、その時点で交換して頂くことになります。

新しい歯ブラシと歯間ブラシで、皆様、清々しい新年をお迎えください。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 高橋

2017010419560000

歯間ブラシとフロスってどこが違うの?

歯科衛生士の島村です。

先日ドラッグストアに立ち寄った際のお話です。
職業柄どうしても歯磨き粉や歯ブラシが置いてある口腔ケアコーナーが気になり、必ず毎回チェックします。どんな新製品があるのか、もし患者さんからのご質問があってもお答えができるようにと心がけています。

今回もワクワクしながら口腔ケアコーナーに行くと、若いお母さんとお子さんが買い物をしていて、「歯間ブラシとフロスって何が違うの?」とお子さんがお母さんに尋ねていました。

お母さんは、う~んと困った様子で、「歯と歯の間を掃除するものじゃない?」
ときちんとした回答になっておらず、苦しいお答えでした・・・・

歯科医療従事者であれば、歯間ブラシやフロスの違いという疑問は絶対に湧いてこないのですが、なーるほど、普通の方ってこのような素朴な疑問を持つんだな~、と目からウロコで新鮮な驚きでした。

ここでお子さんの疑問についての回答ですが、両方とも歯ブラシでは届かない隙間のお掃除に使用するものです。
デンタルフロスはその名の通り糸状のもので、隣り合った歯の隙間を歯に沿わせ、歯周ポケットの中までかきとってお掃除ができます。

そして歯間ブラシは、ワイヤーにブラシが巻きつけてあるものです。歯の根元に近い部分、歯と歯肉の間に挿入したブラシを前後に動かし、汚れをからめ取って取り除きます。

ご自身がどの部分を掃除したいか?によって使い分ける、できれば両方使用するのがベストです。
両方使わないとどうしても掃除しきれない部分がでてきてしまうからです。

当院ではフロスはルシェロ、歯間ブラシはスゥエーデンのテぺ社の製品をおすすめしています。
何故数あるフロスや歯間ブラシのなかからこれらの製品をおすすめしているかは、以前のフロス歯間ブラシのコラムをご覧いただければと思います。
特に歯間ブラシは人それぞれ歯の隙間の大きさが違うので、サイズを選ぶ必要があります。
サイズの選択は歯科衛生士が行いますので、いつでも声をかけてくださいね。

今回、私が口腔ケアコーナーに立ち寄ることで、お母さんとお子さんが歯ブラシやフロス、歯間ブラシに関心を持って頂いているところに遭遇し、歯科衛生士として凄く嬉しく思いました。

皆さんお忙しくて、なかなかご自身の口の中をじっくりと見る機会がないかもしれませんが、時々見てみると色々発見があると思います。
なにか気になることがあれば定期検診や治療の際に私達、歯科衛生士にお声かけください。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 島村

2016092619360000

歯ぐきの黒ずみについて

こんにちは 歯科衛生士の青山です。
先日、定期検診で来院された患者さんから、
「歯ぐきの黒ずみはどうして起こるの?」
とのご質問を受けました。
その原因は幾つか考えられます。

* メラニン色素沈着
1 喫煙によるもの
タバコから放出される一酸化炭素により、歯茎の組織が酸素不足になります。また、ニコチンによって血管が収縮して血行が悪くなります。喫煙はビタミンCを破壊し、メラニン色素生成を抑制する働きが弱くなるため、メラニン色素が沈着しやすくなります。

2 紫外線によるもの
日焼けで肌が黒くなるのと同じように、歯ぐきも強い紫外線に長時間さらされると黒ずみます。

* 被せ物や土台の金属片の混入
歯ぐきと歯の境目や歯ぐきのごく一部だけ黒ずんでいる場合は、金属の被せものや差し歯の土台(コア)が原因と思われます。コアの金属イオンが溶け出しているだけの軽度の場合は、被せものを非金属(レジンやセラミック)に替えることで改善することもあります。
ただ、治療時に削った金属の粉や破片が歯茎に入り込んでいる場合、歯ぐきを切って、原因となる物質を除去する必要があります。

DSC_0125.JPG

* 歯周病
 歯周炎で歯茎の内部でうっ血、炎症による腫れが起こることにより歯ぐきの色が暗くなります。

* 口呼吸
就寝時に口呼吸をしていると、前歯の歯ぐきが常に乾燥し、炎症を起こしやすい状態になって赤く腫れます。

上述したように、一口に歯ぐきの黒ずみと言っても原因はいくつかあり、それぞれに適切な対処法が変わってきます。
ご自身で判断するのはなかなか難しいかと思われますので、気になる方は、検診時にご相談下さい。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 青山