精密な歯の型採りのために 歯肉の二重圧排とは?

皆様、歯の修復物(被せものや詰めもの)の命は何だと思われますか?
見た目の美しさ(審美性)?きちんと噛めること?壊れないこと?外れないこと?もちろん全て重要ですし、これらの要素は患者さんご自身で容易に判断頂けるポイントです。

しかしながら、私たち歯科医師が最も重要視するのは、歯と修復物の境目の適合性(=修復物と歯との境目がいかに隙間無く、ぴったりと合っているか?)です。
なぜこれが重要かというと、この適合性が、二次カリエス(虫歯)を防ぐための鍵となるからです。

二次カリエスとは、一旦治療した歯と修復物の間にできる虫歯のことで、適合性に劣る修復物を装着した場合、歯と修復物との隙間から二次的な虫歯が生じやすくなります。また、前回のコラムでお話したように、神経を抜いた歯であれば、痛みも出ず、気が付いたときには虫歯がかなり進行し、最悪、抜歯になる可能性もあるのです。

では「いかに優れた適合性を追求するか?」なのですが、それは「できるだけ精密な歯の型採りをする」の一言に尽きます。

以前、当院サイトをご覧になっていらした患者さんのオールセラミックの修復物の型を採っていた際のことです。この患者さんは以前、歯科医院を設備の充実度で選んで苦い経験をされたそうで、それ以来、歯科医院選びに特に慎重になったそうなのですが、その患者さんがおっしゃるには、

「先生はちょっとコワイけど、信頼できますね。だって二重圧排をしてくれますものね。」

「ちょっとコワイけど」はさておき(笑)、患者さんの口から「二重圧排」という言葉が出たことに、私はのけぞって驚きました。

歯肉圧排(しにくあっぱり)とは、歯冠修復物(歯全体を覆う被せ物)の型採りの際、歯と歯肉の境を明確にするために歯周ポケットに特殊な糸を入れる処置のことです。地味な作業なのですが、ここが一番重要なポイントであり、歯科医師の熱意であり、こだわりであり、そして腕の見せ所です。

この圧排を行うことにより、修復物と歯茎の境目が明確になり、歯科医師は精密な型採りができ、よって歯科技工士は精密な修復物を作製することができます。

当院では太さの異なる2本の糸を使用し、この歯肉圧排を2回繰り返します。(=二重圧排)



(画像は3M歯科用製品サイトより引用)

この二重圧排には時間と手間を要するため、患者さんには治療時間が長くてご迷惑をお掛けすることもあろうかと思います。ですが、この作業により精密な型採りができ、結果として長期間使える修復物が出来上がるので、「吉田は何をやっているのだろう?そろそろ口が疲れたな」と思っても、どうかご容赦頂きたいと思います。
圧排という言葉は知っていても、実際には見たことがないという歯科医療従事者もいる中で、インターネットの普及により、患者さんがこのような細かい作業までご理解くださり、歯科治療に強い関心を持って下さることに、驚きとともに喜びも湧いてきました。

歯科医師、特に補綴の専門医はこだわりのある職人のようなものだと思います。
患者さんご自身にはわからなくとも、自分自身で納得のいく仕事をしたいと常日頃思っているのですが、このような地味で細かい努力を評価して下さる患者さんが存在することに感謝し、これからも、これまでどおり、地道な努力を続けて参ります。

欧米人の歯はなぜ綺麗なのか?

日本が史上最多のメダルを獲得したリオデジャネイロオリンピックが終わりました。
大会期間中、競技のハイライトシーンのスローな映像や、表彰台に並ぶ笑顔の選手達の様子が繰返し放映されていましたが、そのような時、職業柄、どうしても選手たちの口元に目が行ってしまいます。
そしていつも感じるのは欧米人の歯の美しさ、それに比較し、残念ながら日本人選手のデコボコの歯並び・見える箇所の銀歯の被せ物など、ついつい溜息をついてしまいます。

当院でも定期的に歯のクリーニングにお出でになる欧米の方が数名いらっしゃいますが、歯周病や虫歯は皆無で、ここ数年で私が行った治療と言えば、せいぜい親不知の抜歯くらいです。

ではどうしてこのような顕著な差が出るのでしょうか?
まずは骨格の相違です。
私達モンゴル系民族(モンゴロイド)は、もともと頭蓋骨が前後に短く、上から見ると横に長い形をしています。歯の並び(アーチ)はアルファベットのUの字の形をしていますが、その形が浅いため、叢生(ソウセイ=歯の重なり)や八重歯、反対咬合(=いわゆる受け口)などの発生率が高いと言われています。
さらに日本人は近年、硬いものを噛まなくなったことで顎が小さくなる傾向にあるのですが、1本1本の歯の幅が大きく、顎のアーチに綺麗に並びきれないことから、デコボコの歯並びになりやすいようです。

それに比べ、欧米人(コーカソイド)は縦に細長い頭蓋骨の形をしており、アーチは狭いUの字で、叢生は起こりにくくなっています。もちろん欧米人でも歯並びに問題のある人はいますが、歯に対する意識が高く、矯正治療は日本より普及しており、たとえ費用がかかっても殆どの場合、成人までに綺麗な歯並びに治します。
ちなみに欧米では八重歯はVampire teeth (吸血鬼の歯)と呼ばれ忌避されます。
一方、日本では八重歯は「愛嬌がある・可愛らしい・小悪魔的」等の評価をする人が少なくなく、わざわざ、つけ八重歯を入れる人までいらっしゃるようです。価値観の相違でしょうか。

Close-up  of a woman's glamorous smiling lips

Close-up of a woman’s glamorous smiling lips

次に考えられるのは歯科治療に対する考え方の相違です。
欧米では虫歯や歯周病は自己責任であり、健康保険適用外が殆どです。よって治療費は高額になるため、徹底したホームケアが根付いており、多種多様な予防歯科グッズも販売されています。
それでも虫歯になってしまったら、歯科医院に行くことになります。治療費は高額ですが、それに見合った質の高い治療が行われます。

翻って我が国では歯科治療は健康保険でカバーされるため、低料金で治療を受けることができます。よって患者さんはご自身の歯で一生噛むためにはどうすればよいか?という長期的な視点に欠け、とりあえずの治療で済ます場合も多く見られます。
さらに支払った金額に見合う治療とその後のご自身のホームケアの意識の欠如から二次虫歯を引き起こし、小さな銀歯の詰め物からより大きな詰め物、そして銀歯の被せ物やブリッジと、どんどん歯を失っていくわけです。

上記の2点以外にも日本の水道水の質(硬水・軟水、フッ素の含有)など、諸説あるのですが、これだけ国際化が進んだ現代社会で、オリンピックはもちろんですが、国際会議その他、世界の人と一堂に会する機会が多いなか、口臭があったり、歯並びがデコボコだったり、銀歯がキラリでは、日本人同士なら許されても外国人は容赦しないでしょう。歯の問題だけで、知的・経済レベルが劣っていると判断されたらちょっと悔しくないですか?

4年後はいよいよ我が国で東京オリンピックが開催されます。
骨格の相違は致し方ないですが、歯に対する意識は私達が変えることはできるはずです。
表彰台の上で、日本人選手の美しい歯並びの笑顔が見られるとよいなと思います。

医療機関における衛生管理について

医療機関における衛生管理について

今年は医療機関における衛生管理に関連する事件が2件、大きく取り上げられました。
ひとつはインプラント体の使いまわしをしていた歯科医師、同業者としては“有り得ない”の一言です。そして最近、近視矯正のレーシック手術で、ずさんな器具の管理により集団感染を起こした眼科医が逮捕されました。

報道によれば、その眼科ではレーシックの症例数を増やすため(=収入を上げるため?)、滅菌 (厳密には異なりますが、わかりやすくいえば消毒のことです) に割く時間が取れず、器具の使いまわしをしていたようですが、これでは感染が起こるのは当然の結果でしょう。

当院でもインプラント手術を行っておりますが、1日の手術数は、午前1例、午後1例の計2例に抑えています。インプラント体の埋入本数により実際の手術時間は変わりますが、本数に関わらず、術前の口腔内清掃や術後のリカバリーの時間は変わりませんし、また、器具の消毒・滅菌に最低でも2時間はかかるからです。器具は予備のセットを用意していますが、それは術中の万一のためであって、滅菌が間に合わないからといって使うことはできません。

感染予防は医療機関としての最重要課題ですが、患者さんには見えない部分であり、また予防をしたからといって、それが直接、収入に結びつくものではないため、コスト削減を図れば、おのずとこの部分がおろそかになってしまうのかもしれません。
当院では「スタンダード・プリコーション」(問診表などで自己申告される感染症の有無にかかわらず、全ての患者の血液や唾液などには感染の可能性があると考え、患者及び医療従事者の感染を予防するための基本的な院内感染予防対策) の概念に基づいて器具を取り扱っており、日常業務の中で、滅菌作業には相応の手間と時間をかけています。

医療費が全額自費治療となるアメリカでは、訴訟社会でもあり徹底した感染予防対策が取られていますが、保険診療が基本となるわが国では、感染予防は医師・歯科医師の職業的な倫理観に委ねられているのが現状なのではないでしょうか。

前述の眼科で感染症に罹患された患者さんは本当にお気の毒なことですが、もし治療費が安いということだけでこの医院を選んだとしたなら、なぜ安いのか、手術を受ける前に考える余裕があったなら、ひょっとすると不幸な結果は防げたかもしれません。ですが、医療の現場をご存じない一般の皆さんにこれを考えろと言うのは無理なお話かもしれませんね・・・
自分の体を託する医療に関しては、安価で高品質のものを手に入れるのは不可能だと考えますが、いかがでしょうか。

ちなみに前回のコラムでご紹介した歯の写真ですが、向かって右側の中央の歯、1本だけが患者さんご自身の歯で、あとの3本が作り物なのでした。どうですか?当たりましたか?

技工物正解

歯科技工というもの

歯科技工というもの

先日、歯の修復や、歯を失った部分の修復に関する技術・学問についての日本補綴(ほてつ)歯科学会が東京ビックサイトで開催されました。その学会で、当院で技工をお願いしている歯科技工士がシンポジストとして講演を行ったので、私も聴講して参りました。
そこで今回は歯科技工というものについて思うところを述べてみたいと思います。

ところで皆さんは、歯科技工士という職業をご存知ですか?
歯科医師が患者さんの口腔内から型採りした歯の模型に基づき、詰めもの、かぶせもの、入れ歯などを作り上げていくことを歯科技工と言います。歯科技工を行うことができるのは歯科医師と歯科技工士に限られ、歯科技工のみを専門で行う人を歯科技工士(以下、技工士と略します)といい、国家資格を有しています。

治療から技工まで全てをご自分でされる歯科医師はわずかで、ほとんどの歯科医師にとって技工士は治療を成功させるための重要なパートナーです。歯科医師の技量はもちろんですが、皆さんのお口に入る修復物の出来不出来の半分は技工士の腕によって決まると言っても過言ではありません。また、自院の技工を託する技工士の技術を見極めるのも歯科医師の技量のひとつとなります。
歯科医師同様、技工士にも得意分野があり、現在、当院ではインプラント、審美性を追及した詰めもの・かぶせもの、入れ歯など、それぞれ得意とする、数箇所の技工所に歯科技工を依頼しております。

下の写真をご覧下さい。中央の前歯4本のうちの3本が修復されたものです。そのうち1本が、治療をしていない歯なのですが、どれが作り物で、どれが本物の歯か、見分けがつきますか???

写真

この修復物を製作したのは前述の学会で講演をされた方で、当院でお世話になっている技工士です。
当院から遠方にあるため、直接、技工士に患者さんの口腔内を見ていただくことは難しいのですが、デジカメの画像を添付したメールで歯の色や形の伝達を行っています。画像がなるべく自然色に写るよう、診療室の照明を特殊な蛍光灯に交換し、またデジカメ撮影の際にも色調補正用の道具を使い、出来るだけ正確なデータを送るよう工夫を重ねています。それでも画像で伝えきれないことは、技工士に直接、電話で患者さんのご希望を伝え、色・形を作ってもらいます。通常、技工士は歯科医師の指示で仕事をするものですが、この技工所に所属する技工士はプロ意識が高く、与えられた情報だけでイメージが湧かない場合、自発的に連絡をくれ、私と更に詰めた議論をすることもしばしばあります。

このように手間暇をかけた仕事ですから、当然、製作に時間もかかります。患者さんには仮歯でお過ごし頂く時間が比較的長くなるので、ご不便をおかけするのですが、仮歯もこの技工所が製作しますので、仮歯といえども、患者さんは“このままでいいです”とおっしゃるほどの綺麗な出来具合です。

さて、仮歯を経て、最終的に出来上がったものを患者さんにご覧頂き、ご納得いただいた上で装着します。もし患者さんがイメージされた形・色と違っていれば、気に入ってくださるまで技工所に戻し、何度でも調整をお願いします。コストを抑えた流れ作業の技工所や、一般的なレベルの技工士にはなかなか期待できないような、きめ細かな対応をして下さいます。

問題はコストです。このように全国規模の学会で講演を行なったり、海外にまで指導に行く技工士が何人もいるようなハイレベルの技工所ですので、おのずとその技工料金もハイレベルです。保険外の治療については、使用する材料によってある程度、金額の相場のようなものがありますので、いくら技工料が高くても、そのまま患者さんに頂戴できるわけではないのが辛いところです。ですが、そこで妥協せず、患者さんの満足度の高い、長く使えるもの供したいという思いで、この技工所にお願いしています。

今、歯科医院のサイトを見ると、殆ど治療費が表示されていますので、同じ修復物の料金を他院と比較した場合、どうしても当院は不利になりがちなのですが、それは承知の上です。実際、電話で、「そちらでオールセラミックはいくらですか?ジルコニアはいくらですか?」というような金額のみの問い合わせも多々あり、”患者さんは技工のことはわからないものね・・“と受付は溜め息をついています。

“セラミックならどこでやっても同じ、料金で決めます”とお考えの方へ、今回のコラムが少しでもお役に立てれば幸いです。

ちなみに上の写真のどの歯が作り物であるかのお答えは、次回のコラムに引き継がせていただきます。お楽しみに!