9月2日(月)臨時休診のお知らせ

9月2日(月)は、9月7日(土)診療の振替として、誠に勝手ながら臨時休診とさせて頂きます。

留守番電話にメッセージを残していただければ、こちらから連絡させて頂きます。

ご不便をお掛け致しますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

歯科衛生士のコラム「どうして歯磨きをするの?」を更新致しました。

私は歯科衛生士学校へ行くまでの10数年間、特に疑問に思ったり、歯を磨く目的を考えた事はありませんでした。
「虫歯になるから、口の中がモヤモヤして気持ち悪いから磨こうかなぁ」、くらいの考えでした。

詳しくはこちらからどうぞ

院長のコラム「AIに負けるな!歯科技工士」を更新致しました。

今、AI(人工知能)の発達により、将来、消え去るであろう職業が挙げられています。
歯科医師はその性格上、今のところ、対象外と言えましょう。ただ、修復物を作製する歯科技工士に関しては、いくつかの問題が浮上しています。

くわしくはこちらからどうぞ

歯科衛生士便り「歯と口の健康週間が始まります」を更新致しました。

残念ながら、人間の歯の永久歯は、一度失うと再度萌出する事はありません。
歯を健康に保つには、ホームケア(ご自身でのケアー)がとても重要となり、お手入れ次第では寿命が長くも短くもなってしまうのです。

詳しくはこちらからどうぞ。

院長のコラム「この歯と100年生きていく」を更新致しました。

「8020(ハチマルニマル)運動」というものをご存知でしょうか。

満80歳で20本以上の歯を残そうとするのが主目的で、運動が開始された1989年の達成率は15%程度でしたが、近年では50%に達したとされています。
現在、日本には100歳以上の方がおよそ7万人いらっしゃるようです。この方々に何本の歯が残っているかは不明ですが、「10020(ヒャクマルニマル)」の達成率はかなり低いものと思われます。歯には定年制度というものがないので、これまで以上に長く働くことが要求される歯も大変なことです。

詳しくはこちらからどうぞ

 院長のコラム 「エルメスとインプラントに共通するもの」を更新致しました。

エルメスではカバンの革を縫い合わせている糸が1本切れても裏側からも同様に縫ってあるため、糸がほつれてカバンの革がめくれたり、剥がれたりすることは無いのだそうです。ですから、すぐに修理しなくとも、旅行中あるいは外出中に実用上、問題が生じないわけです。

くわしくはこちらからどうそ。