完全予約制の弊害

本日、患者さんの無断キャンセルがありました。で、まだまだ人間のできていない受付はちょっとムッとしています。患者さんがご予約のお時間にお見えにならないのでご連絡したところ、予約をお忘れで、今からは行けないとのこと・・・
その方は当院の別の患者さんからのご紹介で、お傷みがあるから今日中に診てほしいと、初診時に無理をして拝見した患者さんですが、今日が初めてのご予約で、いきなりの無断キャンセルとは本当にがっかりします。
 
で、がっかりの上になぜムッしているかというと、この患者さんの前のご予約患者さんが予定より治療時間を長くとりたかったのに、次の患者さん(無断キャンセルをした方)がいるため、早めに切り上げてお帰りいただいたからです。
これだったら、前の患者さんをたっぷり1時間かけて拝見できたのに・・・。
 
当院は完全予約制で、患者さんのご予約を重ねてお取りしないので、このようなことがあると治療前の準備と治療時間が全く無駄になってしまいます。医療機関ならある程度は致し方ないことでしょうから、一般的な医療機関では、予約制といっても1時間に4名とかそのような診療体制を取るのでしょうね。
 
予約制でも新患随時とうたっている医療機関も多いですから、初診時からご連絡くださいね、とお願いしている当院の完全予約制がちょっと特殊かもしれません。でも、ご予約時間をお守りいただければ、他の患者さんの影響を受けずに治療時間を確保できるので、きちんとした治療を受けたい患者さんにとっては良いシステムなのでは、との院長先生のお考えで、開院以来15年間、このシステムを続けさせていただいております。
 
いらっしゃらなかった患者さんは他院で治療を中断し、痛くなって当院にいらしたのですが、多分、痛くないから忘れてしまったのかもしれませんね。お忙しいとは思いますが、お約束のすっぽかしだけはどうぞご容赦くださいませ。お電話一本いただけるだけでも、キャンセル待ちの患者さんにご連絡ができますので。
 
受付 菊地

 

 

ページトップへ