表千家の教授者講習会

週末、表千家東京支部の教授者講習会に参加してきました。
私も教授者のはしくれとして、講習会への参加義務があります。
参加者は500人ほどで、その中で男性は10人にも満たない数でした。
表千家に限らず、お茶の世界では家元を始めトップは男性ばかりでも、やはりお茶は女性のものというイメージがあるのはこの人口比率のせいかもしれません。
 
今や女性の社会進出が進んできており、趣味として茶道をたしなむ若い女性が減っており、また、お歳を召された方は正座が辛く、離れる方もいらっしゃるようです。このまま茶道人口が減少してしまうのではと危惧しています。
 
院長 吉田

 

ページトップへ