テペの講習会は楽しかったです。

梅雨の晴れ間、今日は清々しいお天気ですね。
しばらく出番の無かった日傘を今日はしっかりさして出勤しました。
 
さて、先週のテペの院内講習会は楽しかったです。
歯科医師や歯科衛生士であれば、勉強会に参加するのは至極当たり前のことでしょうが、私は受付職なので、そのような機会はあまり無く、今回の院内講習会を楽しませていただきました。
事前にお送りした疑問点について、テペの歯科衛生士の方もきちんと準備してくださっていたので、私たちの疑問点はさくさくとスムーズに解決されていきました。
 
院長先生の昨日のブログのなかで、私のことを責任感が強いと書かれていましたが、わからないことがあるとそのままにしておくことが出来ず、ついつい、追求してさっぱりしたくなる性格なのだと思います。
全くの偶然なのですが、昨日、中学校の恩師から近況を知らせるメールを頂戴しました。
以下はそのなかの一文なのですが、
 
“時々 中学生の結花さんが、職員室のドアの外で、問題集を抱えてニコニコと、よく私を出迎えてくださってたことを今でも鮮明に思い出します。”
 
解説させていただきますと、授業が終ってギモンが残った中学生のワタクシは、しつこく職員室に押しかけ、でも職員室の中には入れないので、職員室のドアの前で先生を待ち構え、先生をよく困らせたので、先生の記憶に残ってしまった覚えの悪い生徒だったということなのです。
 
「三つ子の魂、百まで」 ということわざがありますが、なかなか性格は変らないですね。これからも、しつこく調べて厳選したオーラルケア製品を受付でお勧めできるよう頑張ります!
 
画像は現在の受付の紫陽花の花です。
患者さんに、とても人気のある花なのですが、もうすぐ7月で向日葵に取って替わられてしまうので、その前に・・
 
受付 菊地
 

 

ページトップへ