今月の一枚 フェルメール 真珠の耳飾りの少女

いよいよ今月末からこの絵が日本にやって来ます。
前売り券をすでに買い込んだワタクシですが、待ちきれずにカードを飾っちゃいました。
 
この絵はマウリッツハイス美術館の一番のウリの絵なので、(ルーブルのモナリザみたいなものでしょう)、よく出してくれたものだと思ったら、マウリッツハイス美術館が改装で暫く閉館となるようなので、その間に世界を巡回するようです。
 
オランダの絵画は基本的に室内画で静物画と肖像画が多く、絵が暗いので、個人的にはあまり興味がなく、この絵だけを目当てに行くつもりです。
(昔のオランダの室内はさぞかし暗かったのでしょうね。フェルメールの絵に、窓際で手紙を読む絵がありますよね。きっと室内では暗くて読めなかったのでしょう。)
 
展示は東京では6月30日から9月17日まで、場所は上野の東京都美術館です。
 
土日は相当混むでしょうから是非とも避けたいし、平日に行きたいと思っています。6月27日が院長先生の大学での講義日で貴重な平日の休診日ですが、う~ん、惜しい、まだ始まっていない!
で、何時行けるかな?と画策中です。
 
受付 菊地
 

 

ページトップへ