花粉症はお口の中にもトラブルを引き起こします。

まもなく花粉症の本格的な季節に突入しますね。

花粉症はくしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどの症状が代表的ですが、お口の中にもトラブルを起こしてしまうのです。実は花粉症のおもな症状(鼻水・鼻づまり)はお口にとって大敵です。

花粉症で鼻がつまると鼻呼吸ができなくなり、口で呼吸をする事が多くなります。するとお口の中の水分が蒸発しやすくなって、口の中がカラカラに乾燥してしまいます。

睡眠中に口呼吸をしていて、朝起きて、お口のなかがカラカラになってしまったことはありませんか?そのような場合、お口の中で細菌が繁殖し、歯周病や虫歯の進行につながります。

また花粉症のお薬には唾液の分泌を抑えてしまうものが多くある為、薬を飲んで症状を抑えても、やはりお口の中は乾燥してしまいます。この場合も先ほどと同じ状況を作り出します。ですので、花粉症の方はなるべくお口の中が乾燥しない状態を作ることが大切です。

こまめな水分補給や、シュガーレスのキシリトールガム等を噛んで唾液の分泌を促したたりなるべくお口の中が潤っている状態にして頂くと細菌の繁殖も防げますよ。つらい季節、少しでも楽に乗り切ることができますように。

 吉田デンタルクリニック

歯科衛生士 塩附

 

 

 

 

ページトップへ