尾道から鞆の浦へ

週末を利用して広島県の尾道・鞆の浦に出かけてみました。もう何度も訪れている場所で宿も同じ。目新しさは皆無ですが、町をぶらぶらしているだけで、とても寛ぎます。

尾道といえばラーメンが有名ですが、今回訪れたお店は地元で一番人気ということで、11時過ぎに行ったらもう外まで大行列でした。肝心のお味は、う~ん、私にはちょっとしょっぱくて脂がきつかった。前回のお店はおつゆが透き通った小魚のだしで、これぞ瀬戸内!という穏やかで優しい味だったので、一口に尾道ラーメンといっても、お店によりかなり個性があるなと思いました。

尾道から鞆の浦までは、通常の交通手段は山陽本線で福山まで行き、バスで移動ですが、私が好きなのは、季節限定、かつ週末のみ運行されるフェリーで50分ほどです。このフェリーも2度目ですが、波穏やかな瀬戸内海の小島を眺めながらのクルーズは心地良いですよ。坂本龍馬を意識した和服の船長さんが、尾道水道の浮きドックの解説や海から眺める建造中の船の解説もしてくださるし、なかなか見られない風景なので面白かったです。

画像は鞆の浦の宿から仙酔島を眺めたものです。広島県というとどうしても安芸の宮島が有名ですが、手前の福山もいいですよ。のんびりしたい方には是非、お勧めです。

吉田デンタルクリニック

受付 菊地

ページトップへ