「八重の桜」と「龍馬伝」

今年のNHK大河ドラマはご存知の通り、「八重の桜」ですね。と同時に、BSでは少し前の大河ドラマの「龍馬伝」の再放送をしています。

実は私、福山雅治さんのファンでして、彼見たさに、また前回のブログで書かせていただいたとおり、私の大好きな鞆の浦は。いろは丸沈没事件で坂本龍馬ゆかりの場所であるので、「龍馬伝」の再放送も録画して楽しみに見ています。

で、面白いことに気付いたのですが、この二つの大河ドラマの時代設定は幕末、全く同時代なのです。新撰組など、同じ登場人物が沢山出てきます。ですが、図らずも幕府側について新政府軍を戦うことになってしまった会津藩をメインとした「八重の桜」と、新しい国づくりを夢見ていた土佐藩の下級武士が主人公だった「龍馬伝」では、同じ出来事でも捉え方が全く違うことに気付いて、それ以来、さらに興味深く二つの番組を並行して見ています。

以前、ある人から、「物事は、角度を変えてみると見え方が変ってくる。」と教えられました。う~ん、確かにそうですよね。このように考えて改めて周囲を見回すと、妙に納得してしまうことも多くあります。日々、様々な出来事に出くわしますが、見方を変えてみると、視野が多少広くなるような、ココロにゆとりが出るような、そんな気がする菊地でありました。

吉田デンタルクリニック

受付 菊地

ページトップへ