八重の桜 二本松の悲劇

昨日の「八重の桜」をご覧になった方で、涙された方も多かったのではないでしょうか。

私もその一人で、会津の白虎隊は有名ですが、二本松でもあのように少年兵が戦死したことは知りませんでした。二本松という場所には遠い親戚があり、ずっと小さな頃、多分夏休みに一度訪れた記憶があります。外の冷たい井戸水で、すいかやトマトを冷やしていて、物珍しくて眺めていたことを覚えています。

それにしても、今から150年ほど前の日本の武士は、子どもでも女性でも凛々しかったですね~。今の日本人は、わけも分からず株が下がった・円が上がった、と連日振り回されています。プロ野球のボールがいつの間にか変ったことを自分の名前を入れたトップが知らないそうです(は?)。政治家は、憲法まで変えようとしています。

今の世の中、何でもありという感じですが、会津でいうところの、“ならぬものはならぬ”、という、何か大切なもの、拠りどころ(誇り?)を日本人は失いいつつあるような気がして不安です。

吉田デンタルクリニック

受付 菊地

ページトップへ