白い巨塔

今日は土曜の診療日です。
比較的暖かくて、いらしてくださる患者さんにも良かったです。
只今、当院が入っているビルが耐震工事中で、週末だけの工事なのですが、土曜日の患者さんには騒音でご迷惑をお掛けしております。3月中で終了するそうですので、申し訳ありませんが、もう少しご辛抱くださいませ。

さて、菊地は今週、少々睡眠不足です。
なぜかというと、あの「白い巨塔」が今、平日に再放送されていて、それも一日に2回分の放映なので、毎日自宅に帰ってから1時間半くらい観ているので、就寝時間が遅くなっております。

でも、「白い巨塔」って何度見ても面白いですね。
今回は再放送で結末を知っているので、あ、このときのこの発言はあの伏線だったんだ、とか余裕を持って観られるので、毎週待ち遠しくて、興奮して観ていた初回の放送より色々考えながら観ることができて嬉しいです。

無念のうちに亡くなった患者さん(佐々木さん)、権力欲の塊の大学病院の医学部長(鵜飼医学部長)、野心家の教授狙いの助教授(財前助教授→教授)、全く野心無く純粋に医療に向き合う内科医(里実先生)、教授夫人の皆様などなど、それぞれの立場に立ってみると、本当にあ~この立場じゃこうするしかないわよね。と本当に切なくなります。だが、やはり財前教授は不遜であったと思います。あんなに突っ張らなければよかったのに・・・

こんな小さな歯科医院でも、長くお仕事をしていると患者さんと仲良くなりますし、なるべく楽に良い治療を受けていただいて、歯で苦労することが無いようにと思います。それが命を預かる医者だったら、もっと思い入れが強くなるのは当然ですよね。でもあまり思い入れをしたらいけないんでしょうか。

ベッド数に限りがある中で、助からない患者を診ていたら助かる患者も助けられないという意見、助からない患者でも最後まで看取るシステムが必要という意見、どちらも正しいと思います。ですが医療といえども慈善事業ではないし、営利目的でないにしても経営が成り立たなければ患者さんを診ることはできなくなりますし、本当に難しいと思います。

見ていない方には“なんのこっちゃ”の内容ですが、もしご興味があれば、週末にDVDでもご覧になりませんか?
今はテレビで見ることはできない矢田亜紀子ちゃんの可愛らしいお嬢様ぶりや、最近「独身貴族」でカッコ良かった伊藤英明の初々しい研修医姿など、画像としてもなかなか面白いと思いますよ。

駄文のうえにこの長文、皆様、最後までおつきあいくださいまして有難うございました。
どうぞどうぞ、良い週末をお過ごし下さい。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地
dreamstimefree_234006

ページトップへ