秋田犬に触っちゃいました!

pics1235猫派の島田さんのブログに対抗し(笑)、私はまたまた犬のお話です。
連休中、買い物があって日本橋の高島屋に出かけた私は、高島屋の裏通りを散歩する巨大な白い犬に遭遇しました。

遠くから見ても顔の造作が中心に寄った風貌と、ふさふさの毛足、威風堂々とした足取り、これはもしや秋田犬では?と、思わず飼い主の女性に声をかけたところ、やっぱり秋田犬だそうです。見知らぬ人から声をかけられるのに慣れていそうなその飼い主さんと真っ白い秋田犬は、私の前で足を止めてくれました。

生涯、絶対に飼えないであろう大きな犬、とくに秋田犬が大好きな私は、飼い主さんの許可を得て、憧れの秋田犬のアタマを撫でさせてもらいました。アタマ大きい、でもふかふか!

でもこの秋田犬ちゃんは、私のたまたまつけていた香水のニオイがお好みではなかったらしく、鼻をフンっとされちゃいました。
「くしゃみじゃなくて良かったです」とは飼い主さんのおコトバ。
くしゃみだと私の洋服がすごいことになるそうです・・・

秋田犬が見たいな~と思って、漠然と秋田県に行こうかな~なんて思っていたのですが、思いがけず都心で見られて感激です。秋田犬は動物園にもいないので、ある意味、私にとってはパンダやコアラなんかより貴重な動物だったのでした。

それにしても、秋田犬は足が長いですね。雪が深いところを歩くからかしら?
コーギーとか、ダックスフントだったら足が短すぎて、雪に埋もれてしまいますものね。長い年月をかけて、環境に合うような体型になったのでしょうか?勝手な想像ですけど・・

秋田犬は数が減っているそうです。私の記憶が正しければ、国の天延記念物だと思います。
夏の暑い東京で暮らすのは秋田犬も飼い主さんも大変でしょうが元気に育って欲しいと思います。出来れば秋田犬の子孫を10匹くらい残して欲しいと、これまた勝手に思いました。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ