ヴァロットン展に行って参りました。

ここ数日、肌寒い日が続いていますね。
まさかこのまま寒くなりませんよね。
8月の下旬でこの寒さはまるでヨーロッパのようです。
怖かったセミの鳴き声も止み、ほっとすると同時になんだか寂しい気持ちの菊地です。

さて、先日久しぶりに美術館を訪れました。
三菱一号館美術館で開催中のヴァロットン展です。

ヴァロットンという画家は名前も知らなかったのですが、なぜ今回訪れたかというと、彼の代表作のひとつである写真の「ボール」という絵。これはオルセー美術館にあるのですが、以前、東京でオルセー美術館展が開催された際、この絵も来ていて、なぜかとても印象に残り、画家の名も知らずにポストカードを買い求めたのでした。

そうしたら、今回のヴァロットン展のポスターがこの絵だったので、興味が湧いたのでした。
三菱一号館美術館も大好きですし。

この「ボール」という絵もそうなのですが、なぜか心がざわざわする絵ばかりで、お風呂の絵なのに、水風呂かなっ?て寒々しい絵だったり、美術館を出たあと、なんとなく心落ち着かず、ポストカードも何も買わずに帰ってきました。

パリでは絶賛された初のヴァロットンの回顧展だそうですが、残念ながら個人的にはあまり楽しくなかったです。なので、すぐ国立新美術館で開催中のオルセー美術館展に行ってしまいました。
そのお話はまた次の機会に。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地
001

ページトップへ