そんなに近づかなくとも・・・

さて、昨日のブログの続きです。
尾道から鞆の浦へはいつも通り瀬戸内クルーズの船で向かいました。
いつもいる船員さんが乗船前にじっとこちらを見ていて、どこかで見たことがあるな?と思われたようで、挨拶をされました。覚えていて下さったんですね。でもなんだか照れ臭いような・・・

船に乗ったら「一か月前にもお越しでしたよね」と言われました。3か月前なんですけど・・・
さすがに1か月に一度は東京からは来られません・・・

さて、クルーズのクライマックスは何と言っても常石造船の建造中の船を海側から間近で見られることです。前回のクルーズ時に見かけた船もまだありました。
造船は時間がかかるんですものね。

今回は船長さんのいつも以上の大サービスで、建造中の船のスクリューのすぐそばまで船を近づけてくれました。えっ、惰性でぶつかるかと心配しましたが、もちろん大丈夫でした。
で、撮った写真がこれです。

このクルーズ、私が乗るときはいつも空いていて、人件費や燃料代払ったら赤字ではないかと心配していたのですが、鞆の浦に着いたら折り返しの便には乗船客が30人くらい待っていて安心しました。だってこの航路が廃止されたら尾道・鞆の浦旅行の楽しみが半減してしまいますもの・・・

吉田デンタルクリニック
受付 菊地
2014092714130000

ページトップへ