母校の校歌

この3連休後半の2日間、東京は良いお天気でしたね。
私は日曜日の午前中に美容院に行き、久しぶりにデパートをぶらぶらして午後3時半くらいに自宅に戻りました。
その日の朝刊で六大学野球の早慶戦の放送に気が付いていたので、特別それに合わせて帰宅したわけではないのですが、テレビをつけたら、7回裏の攻撃開始で、まさに校歌が始まるところだったのでした。

でもどちらの校歌かわかりません。ちょっとドキドキしていると
「みぃやぁ~こぉ~のぉ~せぇい~ほぉく・・・」と始まってホッとしました。
だって、7回の裏で慶応の校歌が流れちゃったら早稲田は表でもう終わっちゃっているっていうことですものね。試合も日ハムドラフト一位の有原投手が投げて何とか1点差で勝利しました。

齊藤祐樹くんがいた時は神宮まで足を運びましたが、神宮球場にいなくても、母校の校歌っていつ聞いても懐かしくて、ちょっと胸がキュンとします。
残念ながら昨日は慶応が勝ち、早稲田は優勝を逃しましたが、年に2回の野球の早慶戦、その他箱根駅伝などで母校の校歌がテレビで流れる機会が多いのは、ちょっと得をしたような気がします。

画像はテレビ越しの応援席です。
残念ながら校旗ははためいていませんけど・・・

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

2014110216030001

ページトップへ