レームダックって?

今朝の日経新聞の一面もBBCワールドニュースも、オバマ大統領の歴史的大敗に関しての報道でした。
結果ば投票以前から予想されていたものだったようですが、新聞でもニュースでも「レームダック」という言葉が使われており新聞では(死に体)と訳が付いていました。

この言葉はぼんやりとは知っていたものの、英語でどういう意味か、ちゃんと調べてみたら、直訳するとlame=足の不自由な、機能不全の duck=あひる ですが、政治用語で、政権を担っているが、選挙で敗れて政権を去ることになるというような意味があるそうです。
ふ~ん、まさにオバマ氏はlame-duck president なのですね。

数年前 change!を掲げ、アメリカ国民の熱狂的な支持を受けて当選したオバマ氏ですが、諸行無常の世の中ですね。
でも世界の警察であるアメリカの政権がしっかりしないと、世界秩序がさらに混沌としそうで怖いです。
全く関係ないのですが、私はやはりレームダックより、ラバーダックが大好きです。
皆様、間違っても「オバマ大統領がラバーダックになっちゃったね。」なんて言ってしまわないようにお気を付けくださいね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

e3ba73df2b21ab5320ce2edb534ae2744

ページトップへ