東京タワーはやっぱり怖かった

虎の門ヒルズでの滞在時間が思ったより短かったため、散歩がてら東京タワーに行ってみました。
東京タワーは遠くから眺めるばかりで上ったのは多分、生涯これで2回目だと思います。

小さいころ両親に連れられて行った際には、ろう人形館がありまして、とてもリアルで怖かったことをよく覚えています。東京タワーは私のなかでは暗くて怖い場所と、トラウマのようになってしまったほどです。

幸い、ろう人形館はもうなかったのですが、かわりに地上180Mの展望台の1Fに「ルックダウンウインドウ」というものがありました。
展望台の床の一部がガラス張りになっていて、真下の地面が見えてしまうのです!
東京タワーを支えているあの赤い脚が下までよく見えます。道路を走っている車も豆粒のように見えます。

もちろん乗っても割れないガラスですから心配ないはずなのですが、でも乗るとすご~く怖いです。
心配性の私は片足を床に残し、片足だけ恐る恐るガラスの上に乗せてみました。それでも怖~~~い。

久しぶりの東京タワーはやっぱり怖かったです。
降りてから下の商業施設にあるマザー牧場のお店で飲んだヨーグルトドリンクが美味でした。
東京タワー周辺は結構樹木が多く、紅葉も綺麗で、思いがけず都心で秋の休日を満喫した菊地でありました。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地
2014113014550001

ページトップへ