巨星逝く

12月20日 スウェーデンのPer- Ingvar Branemark(ブローネマルク)教授がお亡くなりになりました。
教授は近代インプラント治療の祖であり、彼無くしては現在の成功率の高いインプラント治療は普及していなかったことでしょう。

教授は私の大師匠でもありました。最後に先生のお声を聴いたのは2年前のインプラント日本導入30周年記念式典の際でした。すでにドクターストップがかかっていて長旅はできませんでしたので、来日はできず、コンピューターを介しての会話でした。

私自身は教授から直接、指導を受けてはおりませんが、そのフィロソフィーは教授の愛弟子である小宮山先生を介して私の全身に染みこんでいます。1983年来、何度も来日されていますが、そのたびに空港やホテルへ私が自身の車を運転して送り迎えさせていただいたものでした。

ノーベル賞候補ともいわれておりましたが、叶わず85歳の生涯を閉じられました。
衷心よりご冥福をお祈り申し上げます。

吉田デンタルクリニック
院長 吉田 浩一

FAN2031072

ページトップへ