待ってるんだワン

今日いらした患者さん、私の以前の犬ブログをお読みいただいたようで、帰りがけに受付でご自身が飼っていらっしゃる黒のラブラドールの写真を見せてくださいました。
ブログは一人でバスに乗るアメリカの黒ラブのお話だったので、同じ犬種で色も同じなので、なんだか嬉しくなったそうです。
「賢そうですね~」とつぶやいたら、「盲導犬を想像されるとかなり違うかも」だそうです。
そりゅあそうですよね。ラブラドールがみんな、盲導犬になれるわけではないですものね。

この黒ラブちゃん、すごく大切にされているようだったので、「幸せなワンちゃんですね」とお伝えしたら、
「いえ、こちらが犬に幸せにしてもらっているんです」とのこと。
いいですね~。この犬と人間の信頼関係。いいですね~。

「こちらに来ると銀座とか近いんですけど、早く帰ってあげないと犬が可哀想なので、買い物もせず、どこも寄らずに帰るんです。すごく寂しそうな顔してるので。」とも。

あ~そうか、やっぱりフルタイムでお仕事していると犬は飼えないなと思いました。
だって犬が寂しそうな顔をして見送るなか、ドアをパタンと閉めて出ていくなんて、出来ませんよね~。
勢いよくドア閉めたら、犬の鼻を挟みそうです。
歯科医院の受付じゃ、在宅勤務もできないですしね・・・

そうだ、犬が寂しくないように2匹買ってしまえばよいですね。同じ犬種が良いですかね。それとも違うほうがよいのかな?いっそのこと、ブリーダーになってしまいますかね♪♪♪

ん?よくよく考えてみれば、残念ながら、現在、私は犬が飼えないところに住んでいるのでした。
でもいつかきっと、(大きな)犬を(たくさん?)飼って、犬にお出迎えしてもらう生活を送るのであります。その日を夢見て、今日もお仕事頑張る菊地でありました。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

A bernese mountain dog

ページトップへ