「もう電報でも打ってよ」

これは本日、定期検診にいらした男性のインプラント患者さんのお言葉です。
先生の大学時代からの患者さんなので、おそらく先生とは20年以上のお付き合いになる方だと思います。すごくユーモアのセンスがおありになり、お話していて楽しい方です。
以前、奥様を当院にご紹介下さったのですが、歯科が苦手な奥様は、治療が終わると定期検診には全くお越しにならなかったのでありました。

あまりしつこく検診のご案内を出すのもためらわれ、ご主人が検診にいらっしゃると「奥様は大丈夫そうですか?」と伺ったりするのですが、ご主人がおっしゃるには、行けと言っているんだが、自分の言うことは聞かないから、「来ないと歯がなくなるぞ!」みたいな脅迫状を送ってくれとのことで大爆笑となりました。

そうこうしているうちに5年近くが経ち、案の定、奥様は虫歯となってしまい、結果として、かなり大がかりな治療となってしまいました。もし検診に来て下さっていたら、お痛みが出るまで放置しなければ、あまり大事にならなくて済んだかもしれません。

治療が終わって今度こそは定期検診に来ますということだったのですが、やっぱりいらっしゃらないんですよね・・・
本日、ご主人とお話ししたら、「もう電報でも打ってよ」とのことでした。

なるほど、電報は思いつきませんでした。確かにインパクトあるかもしれませんね。
院長先生と相談させて頂きます。(笑)

吉田デンタルクリニック
受付 菊地
1

ページトップへ