「トップギア」を知っていますか?

今週はスタッフブログの投稿が沢山ありました。
見ていると、院長先生はハープとフルートのリサイタル、島田さんはルーブル美術館展、渡辺さんは春のお花と、皆さん優雅な話題です。

ですが、菊地は昨日のブログに書かせて頂いた独機墜落事故以上に、今週は個人的にショックを受けていることがあり、それについて書かせて頂きます。
いつもながら歯科とは全く関係が無く、また、かなりマニアックな話題で申し訳ありません。
先にお詫び申し上げます。

菊地のショックの理由は、私が一週間で一番楽しみにしていたBBCの番組「トップギア」についてです。名物司会者であるジェレミー・クラークソンが不祥事で急きょ番組を降板することが正式に決ったことが一昨日のBBCで報道されました。

「トップギア」とはイギリス国営放送であるBBCが製作する車番組です。BBCによれば、世界214か国で放映され、3億5千万人が視聴する超人気番組です。単なる車の紹介番組ならこれほどの人気は出なかったでしょう。この面白さは見た方しかわからないと思いますが、とにかく司会者のトークが絶妙だったのでした。

私はペーパードライバーですし、特に車に興味はなかったのですが、数年前、たまたまつけたBSのチャンネルで見たのが始まりです。お堅いBBCがこんな番組作っちゃっていいんでしょうか?と衝撃的に面白かったのです。ですが、多少常軌を逸していた部分もあったかと思います。

生のイギリス英語が聞けるのも魅力的でした。私は車より3名の司会者のトークが面白くてずっと見ていました。そのおかげで輸入車に興味を持つようになり、当院前の中央通りで車を見つめる癖がつき、あっ、マゼラッテイだ、フェラーリだ、アストン・マーティンだ~と楽しませて頂くようになりました。

画像の3人が司会者で、左からリチャード、中央がジェイムス・右がジェレミーで彼がボスでした。先週のBBCの報道では、一時降板となったジェレミーを番組に復帰させるため、33万人以上が署名したそうです。私も知っていれば署名しました。正式決定がなされるまで、その数はずっと増えたことでしょう。

「トップギア」はこれからも続くかもしれませんが、完璧に一つの時代が終わってしまいました。
司会の一人であるジェイムスもインタビューに答えていましたが、自分も続けるかどうかわからないと言っていました。3人はパッケージだったのです。

昨日の報道では、トヨタ社もジェレミーを惜しむコメントを出したそうです。
そういえば、トヨタの四駆車はその頑丈さを検証するため、わざと木や塀にぶつけられたり、海に沈められたり、ビルの屋上から落とされたり、ひどく可哀想な目に合いましたがそれでも何度も息を吹き返し、エンジンがかかりました。その健気さには見ているほうも胸が熱くなりました。
最初にこの番組を見たとき、なぜスタジオにボロボロの車が飾ってあるのかと思いましたが、それは番組がこのトヨタ車に敬意を表してのことだったと、後から知りました。
トヨタのハイラックスはえらい!

ジェレミーの降板については、BBCも苦渋の決断だったことでしょう。
扱いにくい人物だったかもしれないけれど、ドル箱番組の超人気の看板司会者だったのです。ですが組織のなかでルール違反を犯せば、誰であれ規則に従わねばならないのも尤もなことです。

とても悲しいけれど前向きに行きましょう。
こういう時は「アリー マクビル」に出てきたリチャードにならって”byegones”(過去は過去、前向きにね!)と自分に言い聞かせてみました。

長文・駄文にここまでお付き合いくださり、誠に有り難うございました。
今日は良いお天気でお花見日和ですね。
通勤途中でもお花見客らしい御一行に出会いました。

朝のNHKニュースで気象予報士の南さんが、
「今日の暖かさでは桜も満開にならざるを得ません。
桜(サクラ)も錯乱(サクラン)してしまいます。」
といつものダジャレを飛ばしていました。(笑笑笑]

明日は生憎の雨の予報です。
今日の貴重な晴れのお花見をお楽しみ下さい。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地
topgear1
topgear

ページトップへ