あ、シャコだ!

昨日のブログの続きです。

例によって瀬戸内クルージングの船で尾道から鞆の浦に海路で移動しました。
もう船員さんとも顔なじみとなり、途中、常石造船で工事中の船の巨大なプロペラのそばまで船を寄せてくれるのにも慣れてきました。
今回初めてだったのは、遥か船の上で火花を散らして作業中の方がいて、こちらが恐る恐る手を振ったら、お仕事中にもかかわらず、手を振りかえしてくれたのが嬉しかったです。

さて、鞆の浦に到着し、いつものお宿のいつものお部屋へ着くと、目の前には弁天島と仙酔島の見慣れた風景。思わず「ただいま~」と言いたくなります。

そして夕食時、最初のお皿のお料理を見て、思わず「あ、シャコだ!」と叫んでしまいました。
かつてはここ鞆の浦にうじゃうじゃいたシャコですが、最近は殆ど撮れなくなったそうで、ほかの宿も含め、ここ10年で10回くらい鞆の浦に来ていると思うのですが、初めて食卓に供されたと思います。
それもお隣の岡山産だそうです。

小ぶりのシャコが一匹、いろいろと飾り付けされていますが、食べられるところはほんのちょっとでした。
でもやっぱり美味l。そして食べ終わったお皿を見ると、シャコの顔はやっぱり恐かったのでした・・・

吉田デンタルクリニック
受付 菊地
2015060619040001

ページトップへ