新幹線の安全神話の崩壊?

今日から7月ですね。もう1年の半分が過ぎてしまいました。
本日いらした患者さんの次回の定期検診の予定をお取りしていたら、あら、6か月後はもう来年なんですね。

さてさて、昨日の新幹線車内での焼身自殺のニュースはかなりショッキングでした。
今朝のBBCのニュースでもテロップで報道されていましたが、「日本の新幹線火災で2名死亡」と読めるので、外国の方がこの情報だけ見ると、いかにも新幹線の車両火災で死亡事故が起きたようです。
日本の新幹線の安全神話が崩壊したと思われるのでは?と心配です。
人災ですもの。ですが、考えたくないけれど、新幹線も決して安全ではないということですね。
異常な事態ですが、これを防ぐ術がなかったということですものね・・・
この火災に巻き込まれて亡くなった方は本当にお気の毒です。

年に数回、尾道・鞆の浦に行く際に東海道・山陽新幹線を利用しますが、超過密スケジュールのなか、定刻通りに滑るように発車する新幹線にいつも感心し、そして車内では何の心配もなく快適に過ごさせていただいていますが、その安心が根底から覆されてしまったようです。

新幹線に限らず、公共の交通機関を利用するのがちょっと恐くなりましたね。
私の目下の心配は、超心配性な母が海外旅行(飛行機が落ちるのではないか?)はもちろん、これからは国内旅行(新幹線は大丈夫か?)も心配して、ますます出掛けにくくなりそうだと、今日の梅雨空もあいまってちょっとブルーな気分になった菊地でありました。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地
2015070108080000

ページトップへ