イチゴから歯根破折を連想してしまうのは・・・

この週末も風が強くて寒かったですね。
何の予定もなかった私は、イチゴを買いに少し遠出しました。

このイチゴ、完熟で出荷されるため傷みが早く、ほとんど地元で消費されてしまうようで、通常の流通ルートに乗ることはないので、買いに行かねばなりません。
でもその価値はあると思います。
東京にいると何でも手に入りそうと言われますが、でも本当に良いものは、きっと地元からは出ないのでしょうね。

写真は私の手の上にのったそのイチゴです。
私の手が小さい(指が短い?)こともありますが、それにしても大きいでしょう?
ひとつだけ、特別に大きいものがあって、びっくりして思わず写真に撮ってしまいました。

それにしてもイチゴの形って歯に似ていると思いませんか?
すぐにそう思ってしまうのは、職業病でしょうか・・・
このイチゴ、あまりに大きいためにかじることができず、ナイフで縦に半分にカットして食べたのですが、縦に2つにイチゴ(歯?)が割れて、これって歯根破折みたいと思ってしまいました。

ちょっとお仕事熱心すぎますかね・・・

吉田デンタルクリニック
受付 菊地
2016013020380000

ページトップへ