明日からゴールデンウイークなのに・・・

明日からゴールデンウイークですね。
もっとウキウキしても良さそうなものですが、今日の雨模様のせいもあり、何となく心が晴れない菊地であります。
原因は(お出かけの計画が無いことではなく)、おそらく熊本地震のためだと思われます。

最初の地震が起こってから今日で2週間ですね。
その日は私が瀬戸内旅行に出かける前夜だったのですが、旅先でも熊本城の崩落の様子が流れていたりで、ずっと気になっていました。
私が能天気に旅行を楽しんでいる間、そしてそれからすっと2週間、避難されている方々のご苦労はいかばかりかと思います。折角、地震では助かったのに、避難されてからお亡くなりになる方が多いこと・そしてまだ大学生が1名行方不明ですよね?ご両親の気持ちを考えると本当に心が痛みます。

東日本大震災の際は、居ても立ってもいられず、歯科医師会経由で歯ブラシや歯磨き粉などの支援物資を送りましたが、今回の熊本地震ではまだ何も動いておらず、それがすっきりしないのかもしれません。残念ながらボランティアに行く気力・体力に自信はなく、やはり心ばかりの寄付金をお送りするしかないかもしれません。

折しも一昨日の4月26日は、あのチェルノブイリ原発事故から30年という日でした。30年経っても放射能の残量は凄まじく、老朽化した石棺からの放射能漏れを防ぐべく、更に巨大なシェルターが建造中だそうです。
熊本地震でも大きな地震が発生すると必ず、「九州地方の○○原発・〇〇原発には異常ありません」というような報道があるのですが、もし異常があったらどうするのよ?といつも思います。
院長先生が以前、コラムで書いていらっしゃいましたが、万一、福島と同様のことが(九州(に限らず)他の場所で起こってしまったら、もう日本は立ち直れないのでは?日本で原発動かしていいの?と改めて思う菊地であります。

・・・と、ゴールデンウイーク前にはちょっとふさわしくないような重たいブログになってしまったので、ひとつ軽いものを・・・

皆さん、昔、情報誌で「ぴあ」というものがあったのを御存じですか?
その各ページの余白部分に「はみだしぴあ」という読者からの投稿のような短い文章が載っていたのですが、そのなかに、
「私はチェルノブイリ原発と聞いて、チェルノブイリが地名とは知らず、チェルノブ入り(チェルノブというものが入った)原発だと思っていました。」
というものがございました。

私はその記事を読んで大爆笑し、友人に「こんなオマヌケな人がいるんだね~」と言ったら、友人が「私もそう思ってた・・・」と言われたことを覚えています。
まさか、30年経ってそう思っている人はいないですよねっ?

というわけで、どうぞ皆様、良いゴールデンウイークをお過ごしください。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

チェルノブイリ

ページトップへ