「健康に投資するのが結局は一番だと思いますよ。」

このところ、清々しい五月晴れの日が続いています。
世の中には沢山の歯医者さんがあり、その診療スタイルも様々と思いますが、当院の場合、近隣からの患者さんより圧倒的に遠方からの方が多いため、緊急を要さない定期検診の方は、やはり気候の良い時期を選んでお越しになる方が多いです。
なので、このような良いお天気だと定期検診でご来院の方が多く、久しぶりに懐かしい皆さまにお会いできるので、受付の私も楽しいです。

「健康に投資するのが結局は一番だと思いますよ。」

これは先日いらした70代の患者さんのお言葉です。
定期検診で虫歯が見つかってしまい、次回は治療となってしまったのですが、特急電車に乗ってのご来院なので、なるべくやり直しが無いほうが良いとおっしゃって、自費治療のセラミックのかぶせものを選択なさいました。

この方は、ご自身のお母様が106歳の長寿を全うされたそうで、もしご自身もその年まで寿命があったのなら、これからは体力もだんだん衰えてくるし、通院も大変になるからと、できるだけやり直しの少ない治療を選択されたのでした。

ちなみにこの方のお母様、長らく義歯を入れていたそうなのですが、なかなかうまく噛めなくて、食事の際には、食品を四角く刻むように言われていたそうです。
それも、長方形ではなく、何センチ角か覚えていないのですが、正方形に刻まなければいけなかったそうです!患者さんは「なかなか大変でした。」と苦笑されていました。

昨今のマイナス金利では何に投資しても大したリターンはきっとありませんよね。確かにおっしゃる通り、長期的な視点に立つと、金銭には換算できなくとも、自分の身体に投資するのが一番、リターンを得られるのかもしれませんね。

受付で患者さんとお話していて、日々、パワーを頂き、と同時にいろいろと勉強させていただいております。
この患者さん以外の方からでも頂いたお言葉で、なるほど、と思うことも(時には爆笑してしまうことも)多々あるので、徒然に書かせて頂こうと思っております。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

dreamstime_xs_39086966

ページトップへ