5月はなんとなく歌舞伎の気分

清々しい毎日ですね。
日もだんだんと延びてきて、診療が終わって外に出ても、まだ少し明るく、心地よい風に吹かれ、まっすぐお家に帰るのがもったいなくなり、ついつい足が銀座方面に向いてしまいます。

お目当ては東銀座の歌舞伎の一幕見であります。
歌舞伎座のサイトを見ると、5月の団菊祭の最終の舞台は市川海老蔵と尾上菊之助の「男女道成寺」で華やかな踊りで時間も短いし、これなら一幕見にぴったりと、昨日、いそいそと出かけました。

京橋から歌舞伎座までは徒歩10分くらいですが、京橋から中央通沿いに歩いて銀座の4丁目の交差点に近づくにつれ、どんどんと人が増え、外国人の姿が目立ちました。
それは歌舞伎座の一幕見の席も同じで、半分くらいが外国人だったでしょうか。ブログの履歴を見ると私は5月に歌舞伎座に行きたくなるようで、2013年2014年と同じ5月に行っているのですが、一幕見の観客数の外国人が占める割合が急増したことにびっくりしました。

道成寺はストーリーがわかりやすいし、着物も綺麗だし、引き抜きの演出も素敵だし、ちょっと日本文化に触れてみたい観光客にはぴったりですよね。私も1000円で1時間、十分に楽しませて頂きました。

東京地方は週末もお天気が良さそうです。
どうぞ皆様、良い週末をお過ごし下さい。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

kabuki

ページトップへ