幸福なルノワール展

昨日は今週の土曜診療の振替で臨時休診とさせて頂きまして、皆さまにはご迷惑をおかけ致しました。
私達スタッフにとっては貴重な平日の休日となりまして、私はこの好機を逃すまいと、六本木の新美術館で開催中のオルセー美術館・オランジェリー美術館所蔵のルノワール展に出かけて参りました。

例によって閉館間近の時間に行ったので、館内は空いていて(そして涼しく!)ゆっくりと鑑賞することができました。今回の目玉出品である「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」や「田舎のダンス」・「都会のダンス」の展示場所では、壁も濃いブルーで、オルセーにいるような雰囲気でした。(オルセーが改装されてから、まだ訪れてはいないんですが・・・)

ルノアールが描く風景・子供・家族からは幸福感が溢れていて、誰が見ても心地良い絵だと思いました。それに新美術館は館内・外の緑もゆったりしていていいですね。
最近、激並び・激混みの若冲展を体験した身としては、ゆったりと鑑賞できることがとてもとても幸せでありました。絵も幸せ・館内も空いていて幸せで、ダブルな幸福感に包まれました。

若冲展は今日で終了ですが、サイトを見ると、最後まで入場の待ち時間が消えることはありませんでした。もしこのスぺーシャスな新美術館で若冲展が開催されたなら、炎天下に屋外に並ぶことも無く、展示室内の混雑もあれほどではなかったのでは、と少し残念に思いました。

今年行きたかった美術展はこれにて全て終了と思っていたら、秋には新美術館でダリ展が開催されるようです。行かなくっちゃ。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地
2016052318000000

ページトップへ