エスカレーター「右立ち」「左立ち」 のトリビア

こんにちは歯科衛生士の渡辺です。
この週末、友人の結婚式があり、大阪に行ってきました。

新幹線で新大阪に到着し、エスカレーターで駅のホームを下る際、あ、そうだ!とある事を思い出しました。
関西ではエスカレーターを利用する際のマナーは立ち止まる人が右に並び、歩く人が左側を使う「右立ち」ですよね。関東とは逆です。
ふと考えると、海外も「右立ち」の国が多いような気がします。
気になって調べてみると、やはりここには関連がありました!

諸説あるようですが、どうやら70年に開かれた大阪万博がきっかけのようです。
多くの外国人が大阪を訪れるのに備え、交通ルールを基準に国際的に標準の右立ちを徹底したそうです。
東京も4年後にオリンピックを控えていますが、こういったことも徹底されていくのでしょうか。
しかしエスカレーターは本来立ち止まって使用するものですよね。私も急いでいる時は歩いてしまうことがありますが、良くないことですから気をつけないといけませんね。

かなり弾丸の大阪滞在でしたが、友人の花嫁姿はとても綺麗で、幸せのお裾分けをしてもらった気分の週末でした。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 渡辺
image1

ページトップへ