ジカ熱以外にもリオが危ないようです。

このところ暑い日が続いていますが、昨夜は風があって涼しかったので、窓を開けて寝てみたところ、明け方、”プゥ~ン“と蚊がやって参りました。今年お初の蚊の襲来です。
1回目は眠くて手で払ってみたのですが、2回目の襲来で、たまらずにむっくと起き出し、ごそごそと戸棚の奥の方から蚊取り線香を取り出しました。
無臭の蚊取りマットもありますが、私は昔ながらの蚊取り線香の臭いが嫌いではく、かえってこの香に守られているようで、安心して眠りにつきました。

しか~し、朝起きてみたら蚊取り線香の甲斐もなく腕と脚、2か所を刺されて赤くなっています。
で、ふと思ったのですが、東京の蚊に刺されても痒いくらいで命に別状はないけれど、オリンピックまで1か月を切ったブラジルのリオでは、ジカ熱に加え、デング熱もあるそうで、両方とも命にかかわり、真剣に刺されたくないですよね。

おりしも今朝の羽鳥さんのモーニングショーで、リオという場所がいかに危ないかと特集していました。
全てを見たわけではありませんが。ジカ熱・デング熱、ブタインフルエンザまでも流行しているのに加え、更に恐ろしいのは、警察官・消防隊員が給与不払いのためスト決行中で、リオに来たら命の保証は出来ないと公言していることです。インタビューを受けた住民も、リオはオリンピックができるような状況ではないと言っていました。

ゴルフの松山選手をはじめ、いろいろな種目のトップ選手が相次いで出場辞退しているようですが、お気持ち、良くわかります。オリンピックで最高の選手が集まらないのは残念ですが、スポーツ選手にとっては自分の身体が何より大事ですからね。

明日の土曜日、当院は診療日でございますが、皆さまはどうぞ良い週末をお過ごしください。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地
院長コラム購入噛みしめ

ページトップへ