菊地 今度はカブトムシを助ける!

今週の月曜日は臨時休診で、皆様にはご迷惑をお掛け致しました。
土曜診療のある週は、これ以降も基本的に月曜日が振替休診日となりますので、どうぞご了承くださいませ。

その先週末、夏休みにどこにも行かなかった私は、お気に入りの伊豆の温泉宿に一泊で出かけました。
夕食後、温泉に行ってみると誰もおらず、露天風呂独り占め~♪と喜んで入ろうとすると、湯船に先客がおりました。なんと(おそらく)カブトムシさんです。

もともと昆虫が大の苦手の私・・・
この時期、セミが大敵ですが、今年はベランダに2度ほど敵機来襲があったくらいで、大きな災難も無く過ごせたよかったな~と思っていた矢先のことでした。

暗くて良くわかりませんが、セミさんよりずっと大きく、黒っぽい昆虫が仰向けになって湯船に浮かび、手足をバタバタさせてとても苦しそうです。
私もカブトムシと一緒にお風呂に入っているのは苦しいのですが、誰も周りにいないので自力でなんとかせねばなりません。数年前のセミ事件を思い出しました。

つかんで外に出してあげられればそれが一番良いのですが、それは絶対に無理。
考えた私は、遠くから湯船に大波を起こし、湯船に浮かんでいるカブトムシさんをお風呂のふちから下に落としてあげました。そしてカブトムシさんは上手く起き上がって草むらのほうにゆっくりと歩いて行きました。

カブトムシがいなくなってほっとした私ですが、今度は何が飛んでくるかわかりません。
残念ですが、露天風呂を諦め、内風呂に入りなおしたのでした。

後から思えばカブトムシかクワガタなのかよくわからないのですが、いずれにしても伊豆の大自然のなかには、まだまだあのような野生の昆虫が沢山いるんですね。
昆虫採集をしたことのないワタシにとって、ペットショップに売っているカブトムシ以外を見たのはおそらく初めてだったと思います。
自然があって嬉しいような、怖いような、やっぱり恐ろしいような、複雑な心境の菊地でありました。

ちなみにセミ事件のブログの日付をみたら、8年前の2008年の8月14日だったのでした!
ですので、文中のオリンピックとはロンドンではなく、北京だったようです。
随分と長いこと、つらつらと拙いブログを書かせて頂いて、申し訳無いような心持であります・・・

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

yjimage

ページトップへ