世の中はやはり右利き優先なのですね。

こんにちは 歯科衛生士の高橋です。
先日のテレビの雑学の番組で、学校の教室では黒板のある正面に向かい、必ず左側に窓がある構造になっているということを初めて知りました。
その理由はと言いますと、左側の窓から差し込む陽光の影響で、右利きの生徒がノートに文字を書くとき、手の影ができないようにという配慮からだそうです。なるほど・・・

駅の改札なども確かに右利きの方が便利なように作られていますし、歯科の治療用椅子でも患者さんのうがいをする為のコップは右手で取りやすい位置にあります。
やはり世の中は右利き優先なのですね。

ちなみに当院では初診の患者さんのブラッシング指導を行う際、右利き・左利きを必ず確認させて頂きます。
利き手によって磨き残しができやすい箇所や、逆に良く手が届いて磨き過ぎたりして、歯の表面のエナメル質が削れて知覚過敏になってしまう場合もあります。
右利きでも左利きでも、どちらの方でもきちんとブラッシング指導をさせて頂きますので、ご安心下さい。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 高橋

toothbrush

ページトップへ