「あ、ごめん、割れていなかった・・・・」

院長先生が以前のコラムに書いていらっしゃいましたが、私達スタッフも、歯根破折保存治療を希望され、来院される方が多いことに驚かされます。

歯根破折の治療に関してはインターネットで検索していらっしゃる方が殆どなのですが、歯科医院を何軒が回る方が多いように思います。

先日いらした患者さんもそのような方で、歯科医によって説明がそれぞれ違うので、混乱してしまったが、当院で院長先生の説明を受け、初めてご自身の歯の状況がわかり、非常に勉強になりましたと、お帰り際におっしゃっておられました。

そういえば他の患者さんからも、「こんなにきちんと説明してもらったのは初めてです!」というようなポジティブコメントをよく頂戴します。
院長先生や歯科衛生士が患者さんにきちんと説明をするということは当院では当たり前なので、患者さんにそう言われても、「あ~そうですか?」としかお答えができないのですが、これはきっと実際に体験した患者さんのほうが良くご存じなのかもしれませんね。

さて、この患者さんに話を戻しますと、その方は、以前、他の歯も割れていると歯科医から指摘を受けて抜歯と言われたそうなのですが、実際に抜いてみたら、
「あ、ごめん、やっぱり割れてなかった。」と歯科医師から言われたそうです!
歯が割れていないのに、結果として抜歯になってしまったことをその方は非常に悔やんでおられ、今回は歯科医院選びに慎重になっているとのことでした。

確かに「あ、ごめん」と言われてもですよね・・・その歯はもう戻らないですものね・・・
もしこの方がもっと早くに当院にいらしていたら、抜いて割れていなければ、すぐ歯を戻すことができるので、抜歯せずに済んだかもしれません。

実は私も10か月くらい前にこの治療を受けた患者の一人であります。
おかげさまで治療は成功しましたが、この治療法が当院に導入されていなければ、私も抜歯になっていたかもしれないので、この患者さんのケースは他人事とは思えません。

歯を1本失うという代償を払わなくて済むように、ご自身の身体を大切に考えるなら、歯科に限らず医療機関選びは大切だなぁとつくづく感じた菊地でありました。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

t-1

ページトップへ