インプラント学会での高須克弥先生の講演

院長の吉田です。
先週末、日本口腔インプラント学会が開催され、評議委員の会議もあり、参加して参りました。
特別講演は、歯科から離れて、医科の美容形成外科で有名な、あの高須クリニックの高須克弥先生のお話でした。

高須先生はご自身の体をモデルにして、いろいろな若返りの手術を受けられているそうで、ご自身の上半身の写真を比較しながら、手術やその結果を示され、非常に説得力のある講演でした。

私もセラミックの詰め物はもちろん、咬合治療歯根破折の再植治療は自身で受けておりますので、これらの治療に関しては患者さんに私自身の体験からきちんとご説明することができます。

ただ、美容外科の高須先生のように若返りならともかく、健康な歯を抜いてまで、インプラントを体験することは、やはり、ためらわれます。
歯科医師の立場から若返りや若さを保つためにどうすべきか考えると、出来るだけご自身の歯を残し、ご自身の歯で噛んでいただくことが重要と思います。将来的に私がインプラントを入れることになったら、その時はもちろん、患者さんにインプラントの使用感をご報告させて頂きます。

吉田デンタルクリニック
院長 吉田 浩一

ページトップへ