田植えみたい・・・

今日は土曜診療日です。
昨日は東京にも春一番が吹き、今日は少し寒さが戻ってしまったけれど、確実に春が訪れを感じる今日この頃です。

年末から続いていた菊地の事務仕事の忙しさもどうやらヤマを越えたようで、やっとブログを書く心の余裕が出て参りました。

さて、本日、歯根破折の治療でいらした患者さんなのですが、この方は以前、当院でインプラントをなさった方で、それ以来、他の歯の治療も含め、土曜日ごとに遠方からお越し頂いている方です。

今日は久しぶりに御嬢さんとご一緒に来院され、「あら~ 珍しいですね。これからどこかにご一緒にお出かけですか?」と伺うと、患者さんであるお母様がインプラントの手術前みたいにすごく緊張しているので、娘についてきてもらった、ということでした。

そんなに緊張しなくても大丈夫ですヨ、と経験者の私は思うのですが、初めてこの治療をお受けになる患者さんにしてみたら、それはご不安ですよね。よ~くわかります。

で、その患者さんの御嬢さんが、歯根破折保存治療を「田植えみたい」とおっしゃったのです。
そのココロとは、ブヨブヨしているところに田植えをして、それがしっかりと根付くというような意味合いなのでしょうか、な~るほど、と思いました。

歯根破折の治療は、まだまだ、なじみのない治療法なので、治療前・治療後に患者さんがいろいろなコメントを下さるのですが、“田植えみたい”という表現は初めてで、言い得て妙だなと、深く深くうなずいた菊地でありました。

明日も良いお天気のようです。
どうぞ皆様、良い週末をお過ごしください。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ