もうすぐ桜の季節ですね。

今日は土曜診療日であります。
花粉症のため、昨日からずっとティッシュボックスを抱えている菊地でありますが、服用し始めた抗アレルギー剤のおかげか、昨日よりは多少楽になりました。ですが、受付のゴミ箱はすでに使用済みのティシュペーパーが山のようになっております・・・

私も花粉症とおっしゃる患者さんともお話したのですが、昨年まで効いていた処方薬が今年は効かなくなったそうで、今年の花粉は強力!とおっしゃっておられました。
また、今年、発症する人も多いそうです。かく申すワタクシもその一人であります。

本日、インプラントの定期検診にいらしたご高齢のご夫妻なのですが、昨年も3月下旬にお越しになり、その際、皇居にお花見にいかれたそうです。
定期検診をご予約されたのは今月上旬だったのですが、今年もお花時もかねて、ご来院のご希望だったようですが、残念ながら、今年はまだお花見には少し早かったようです。せっかく遠くから東京までいらしてお気の毒でしたので、東京駅までの帰り道ですし、新しくできた当院お向かいのエドグランでも覗いでみたらいかがですか?とおすすめしてみました。

日経新聞の週末の連載で、外国人が日本文化ついて質問し、それを日本人が英語で説明するというような小さなコラムがあります。日本文化を英語でどのように説明するのか興味があり、いつも読んでいるのですが、先日は桜についての質問でした。

日本にはこの時期、天気予報のほかに、各地の桜の開花予想もありますよね。
日本人は皆、桜を楽しみにしているので、桜の開花宣言や桜前線予想は当たり前の風物詩ですが、外国人には珍しく写るようです。言われてみれば、そうですよね。桜という一種類の花の開花を国全体で心待ちにしているというのは、他国にはあまりない習慣かもしれません。

今朝、自宅から見える桜並木を眺めてみたら、あら?桜の枝が全体的にピンク色っぽいような。
桜も咲きたくてうずうずしているのかもしれません。

来週末が見ごろでしょうか?
明日はどうやら冷たい雨になりそうですが、どうぞ皆様、良い週末をお過ごし下さい。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ