カタいおせんべいが、タカいおせんべいに・・・

本日歯根破折治療にいらした患者さん、破折治療後、1か月後に固定をはずし、予後が良好のため、仮歯をセットして、最終的な被せ物を作るまで、もうしばらくご様子を見て頂くことになりました。

この患者さんといろいろとお話ししているうちに
「私、歯が悪いのに、硬いおせんべいが好きだから、ついつい食べちゃうのよね・・・」
と患者さんがおっしゃるので、
「あら、カタいおせんべいが、タカいおせんべいになってしまいましたね・・・」
な~んて、思わずくだらないダジャレを言ってしまいました。(汗)

かく申す私も、フランスパンをかじって前歯を壊しました。お行儀が悪くてバチが当たったのかもしれません。
患者さんのなかには梅干しの種をかじってしまう方もおられます・・・

少し前の歯科衛生士便りに書いてありましたが、6番目の大臼歯は6歳から生えてくるんですね~。とすると、私の場合、正確には申せませんが、かなり長い間、毎日毎日、休むことなく食べ物をかみ砕いて働いてくれていることになります。改めて健気な歯に感謝感謝です。

好きな食べ物も、多少は加減して、歯をいたわってあげないと、可愛そうではありませんか。
破折治療の患者さんを前にするといつも思うのですが、「後悔、先に立たず」でありますヨ。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ