患者さんから定期検診葉書の催促を受けました。

今日は土曜の診療日です。
梅雨入りしたというのに、東京地方の空は高く晴れ渡り、まるで真夏のような暑さです。
このまま雨が降らずに夏に突入してしまったら、水不足で大変なことになるのでは?とちょっと心配しています。

さてさて、長く定期検診にお越し頂いているインプラント患者さんから、先ほど「もうそろそろじゃありません?」と定期検診の連絡葉書の催促を受けました。

6月の定期検診の患者さんには全て連絡を差し上げたはずだったので、モレがあったかしら?と一瞬ドキッとしましたが、実は7月に定期検診予定の患者さんでしたので、「あ、勘違いね。じゃあまた来月、葉書を送って下さいね。」ということになりました。

私の連絡モレでなくてほっとしたと同時に、何となく嬉しくなりました。もうそろそろかな?と歯の検診の時期を気にかけて下さるということは、それだけ歯に対する意識を持っていただいているということなので、歯科医院の受付としては、とても嬉しく思います。

先日も定期検診にご夫婦お揃いでいらしたご主人様のほうが、歯周病検査の数値があまり良くないと、帰り際に待合室でちょっとへこんでいらしたのですが、奥様が、「いいんですよ。いつも良いと、いい気になって歯磨きの手抜きをするから、たまにはカツをいれてもらったほうがいいんですよ。」と、ニコニコしながら前向きなコメントを下さって、なるほど、と思いました。

定期的に歯の検診を受けること自体が、歯を大切にしようという意識を持っていらっしゃる証なので、数値に一喜一憂せずとも、将来、ご自身の歯で長く噛むことができるという、いいことがきっと待っていますヨ。

明日も暑いんでしょうか。皆様、紫外線対策をしっかりなさって、どうぞ良い週末をお過ごしくださいませ。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ