10年後もキレイな歯のために

最近の私のブログは歯科に全く関係のない旅行記ばかりで、大変失礼いたしました。
ですが菊地は決して遊んでいるばかりではなく、昨日、診療終了後に丸の内キャリア塾の「働く女性が知っておきたい美しい歯と口元ケア」というセミナーに参加して参りました。

女性限定のセミナーだったのですが、会場の大手町の日経ビルのセミナールームは満員で、女性の歯に対する意識の高さがうかがわれるものでした。

表題の10年後もキレイな歯のために何をしたらよいか、まず大切なのは天然歯、つまり虫歯治療をしていない歯をいかに保つか?だと思いました。一度虫歯治療を行ってしまうと、二次カリエスを繰り返し、やがて歯の神経を抜くこととなり、それによって歯根破折を起こしたり(経験者は語る・・・)、最悪、抜歯となってしまうからです。

そうは言われても既に治療をしている歯が多い私・・・せめて残っている歯のエナメル質を守り、これ以上虫歯を作るまいと思いました。そのエナメル質を守るためにはどうしたらよいか?講師の先生がおっしゃるには、歯へのミネラル補給が大事とのことでした。

先生の患者さんのお写真でしたが、64歳の初診時より77歳の現在の歯のほうが滑らかで光沢があり、美しく見えたことが、とても印象に残りました。シニア世代になっても、メンテナンス次第で歯は美しく保てるということです!

セミナーで教えて頂いたことは記憶が新しいうちにと本日抄録にまとめましたので、明日、早速スタッフミーティングを行い、患者さんの歯を守るため、当院でさらにできることは何か?皆で考えたいと思います。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ