熱帯夜を乗り切るには・・・?

7月に入ってから、日中の気温も30度を超えるようになり、寝苦しい夜が続く季節がやって参りました。
これまでは就寝時の冷房はなるべく使わないようにしていたのですが、さすがに今年は早々に使用することになりました。
初めは就寝入りの時に冷房を入れて、タイマーで切れるように設定していたのですが、今週に入り、あまりの暑さに朝4時頃に目が覚めてしまい、気づけば軽い睡眠障害になっていました。

先日の朝の情報番組によれば、熱帯夜の冷房について「寝初めの1時間前に25度位に冷やし、その後、28度位に設定して就寝すると身体が冷え過ぎず、快適に睡眠できる。」とのことでした。

早速それを実践してみると、早朝に目が覚めることなく、目覚ましの鳴る時間まで安眠することができ、ようやく睡眠障害から解放されそうです。ちなみに電気代も切ったりつけたりを繰り返すより、つけっぱなしの方がかからないそうです。

これからが夏本番、さらに暑い日が続きますね。
皆さんも睡眠時のエアコンを上手に活用し、熱帯夜を乗り切りましょう。
体調管理にはくれぐれも気をつけてくださいね。

吉田デンタルクリニック
歯科衛生士 小野

ページトップへ