1年に一度のお墓参り

お盆休みも終わり、昨日から通常の診療となりました。
お休み明けで、昨日はずっと電話が鳴っていたのですが、今日は少し落ち着きました。
当院で治療中の患者さんの緊急事態は無かったことは幸いでしたが、他院で歯根破折を指摘された方からのお問い合わせが多く、それも既に他院で抜歯の予約を取っているので、その前に診てほしい方や、一時帰国中に治療ご希望の方など、アポ帳の空き時間を探すのにちょっと苦労しました。

さて私はこのお休み中、ご先祖様のお墓参りや人間ドックの受診、そして例によって家のお片付けなど、できるだけ人混みを避けて過ごしておりました。

お墓参りと言えば、祖父母のお墓なのですが、3センチ位の小さな雨蛙が一匹、時には2匹、一年に1度のお墓参りの時にいつも墓石にくっついているのです。

昆虫は大の苦手ですが、両生類は割と大丈夫なワタクシ、あまり大きなのは勘弁ですが、これくらいの小さなカエルちゃんは大丈夫です。

このカエル、お墓掃除をしても、お水をかけてもじっと動かず、逃げないのです。まわりを見渡してみても、他のお墓にカエルはいないので、きっとこのカエルちゃんたちは、おじいちゃんとおばあちゃんだと私は勝手に思っています。

お墓参りに行くと、なぜだか心がすっきり落ち着いて、幸せな気分で帰途につきます。
本当はもっと頻繁にお参りできたらいいのですが、カエルちゃんたち、きっとまた来年会いましょうね。

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ