ダグ・ハイドの絵に癒される

昨日から急に寒さが増して参りました。
私は半袖の診療着の下に、長袖のヒートテックを着こんでしまったのですが、他のスタッフに「真冬になったらどうするんですか?」と聞かれ、確かに今からこんなに着込んでしまったことを後悔したのですが、一旦着てしまうと、今日は昨日より多少暖かいのですが、もう脱げなくなってしまいました・・・

昨日から空調を暖房に切り替え、暖房を入れるということは、必然的に加湿器も必要なので、昨日、バタバタと足元のストーブや加湿器をあちこちに設置し、秋を通り越して、いきなり冬支度となりました。

先週末に院内の絵とお花も晩秋バージョンに入れ替えました。
待合室はペイネの落ち葉にくるまった恋人たちの可愛い画なのですが、診療室はすべてダグ・ハイドの絵となりました。

2番チェアから見える通路にかかっているものが、新しく加わった「愛に包まれて」という題の絵です。
熊のぬいぐるみが、ムギュッと暖かそうですよね。心まで温かくなりそうです。
ちなみに1番には「秘密の花園」3番には「いつまでも友達」がかかっています。

楽しくはない歯の治療にいらっしゃる患者さん方が、ダグ・ハイドさんの絵で、少しでも癒されたらいいなと思って、一生懸命、あちこちの絵を入れ替えているのですが、診療が終わり、ほっと一息ついて診療室の真ん中に立ち、3枚の絵を同時に眺め、一番癒されているのは、実はこのワタクシなのかもしれません・・・

吉田デンタルクリニック
受付 菊地

ページトップへ