雪かきで歯のくいしばりにご用心!

今週、週明の東京では四年ぶりの大雪でした。
月曜日、土曜診療の振替で休診日でしたので、私は自宅で夕方より深夜まで、何度も雪かきをしていました。火曜日朝は歩道確保の為、ご近所さんと力を合わせて分担です。
(多摩地区はまるで雪国です。)

ご近所さんで、福島出身の方がいらっしゃいまして、雪かきの腕前は流石です!足元もしっかり、軽々と雪は片付きます。
「久しぶりで、腕が鈍りました!」と言ってらっしゃいましたが、お見事でした。
私は慣れない為、体力消耗。いろいろな所に力が入り、あちこち筋肉痛。歯も食いしばったようです。顎の関節辺りに違和感が残りました。反省です。

本来歯は、何もしていない時は上下触れ合っておらず、唇を閉じていても上下の歯は軽く離れているのか通常なので、たとえ強くかんでいないとしても、上下の歯の接触は通常以上の負担をかける為、お口の健康にさまざまな影響が出てくることがあると言われております。
噛みしめ癖のある私は、雪かきでは、接触どころか、だいぶギュっと食いしばってしまったようです。つい夢中で、無意識でした。
これは歯に悪影響です。常に意識して日頃の注意が必要ですね。
雪かきは、力仕事ですので尚更のことでした。

雪は降らなくとも、まだしばらく寒波でとても寒い日が続くそうです。
冷えて、凍結等もあるかと思います、皆さんお足元お体に気をつけてご来院下さいませ。

京橋、中央通りのパンジーにも雪が積もり寒そうでした。
「寒いけど春まで頑張ってね。」と、願い、心の中で声をかけました。

吉田デンタルクリニック
受付 木部

ページトップへ